本文へジャンプ

*Replanの本

目次


VOL.46 2014年10月21日発売

2014年10月21日発売・2014年秋冬号・A4版・定価500円(税込)

【特集】敷地のことも考えて 平屋VS高屋
最近人気の「平屋」と、上へ上へと面積を広げた「3階建て=高屋」。
建物の高さがまったく異なる2タイプですが、敷地の特徴を丹念に読み解き、魅力的な部分は最大限に生かす一方で、一般的に弱点とされることについては、それを感じさせない工夫や、逆手に取ったアイデアがあります。
低くすることで叶うこともあれば、高くすることで叶うこともある。
諦めていたことが実現する可能性を大いに感じさせてくれるでしょう。

○case1.地面とつながる平屋
○case2.庭を内包する平屋
○case3.スキップフロア
○case4.3階建て

Contents

●巻頭特集/ 敷地のことも考えて 平屋VS高屋
エリア特集 福島の住まい
炎を囲む暮らし
●連載 いごこちの科学〈東京大学準教授・前 真之〉
●住まいのカタチ〈新築実例集〉
●NPO 住宅 110番
●TOHOKU ARCHITECT
 宮城県「向陽台の家」 前川 尚治
 福島県「つながりの家(自邸)」 前原 尚貴


東日本大震災の影響により本ページよりご注文いただいた商品につきまして発送の遅れ、および配達できない地域がございます。
あらかじめご了承の上、ご注文いただくようお願いいたします。


¥500  

 数量 :

性能とデザイン いい家大研究「編集長ブログ
編集部のこぼれ話「編集部ログ


カート確認

■買物カゴの中身を確認 :

Replanの本menu

Replanとは

Replan編集長ブログ

住宅雑誌RepanTwitter

  • Replanメールマガジン
  • Replanお問い合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加