「DINKs」と呼ばれる、意識的に子どもをつくらない共働きの夫婦が増えています。Mさんご夫妻もその一組。自分たちの好きな間取り、好きな意匠の家で、夫婦水入らずの暮らしを楽しみたいと思い、社宅からの住み替えを考え始めました。戸建ての新築も検討しましたが、お二人の最優先事項は立地。職場に近い街なかのエリアで自分たちの好きな家に住むために、中古マンションを購入してのリノベーションというスタイルをセレクトしました。

お二人の愛すべき空間へと生まれ変わった中古マンション
お二人の愛すべき空間へと生まれ変わった中古マンション

パートナーとして選んだのは、一級建築士事務所の「STAP」。「いろいろな会社を見て回りましたが、中でも心に響いたのがSTAPさんのリノベーションプロジェクト「muwaku」でした。『新しい価値観を提案する』というコンセプトと上質なデザインが、私たちの思い描く理想にぴったりだと直感したんです」とMさんは語ります。

購入したのは、仙台の市街地からもアクセス至便な地に建つ、2階層からなるメゾネットタイプのマンション。リビングに接する和室やキッチンが壁で仕切られていた既存の間取りを大幅に変更し、約25畳の大空間LDKを実現しました。

床はカラーフロア、壁はクロス貼りだった以前のリビング。特筆すべき点が見当たらないぐらい、何の変哲もない空間だった
床はカラーフロア、壁はクロス貼りだった以前のリビング。特筆すべき点が見当たらないぐらい、何の変哲もない空間だった
キッチンは壁に向いて調理する昔ながらの間取りだった。壁をなくし、位置や向きを変えて開放的なキッチンを実現
キッチンは壁に向いて調理する昔ながらの間取りだった。壁をなくし、位置や向きを変えて開放的なキッチンを実現

Before&After図面

床にはアンティークな趣が漂うウォールナットのヘリンボーン床材を、壁にはコンクリート打ち放しのような風合いを醸す窯業系サイディングを採用。ニューヨークのブルックリンにあるカフェをイメージし、大人っぽいテイストに仕上げました。

木を張って上質感を高めた玄関。床にはLDKと同様、こだわりのウォールナット・ヘリンボーンを敷き詰めた
木を張って上質感を高めた玄関。床にはLDKと同様、こだわりのウォールナット・ヘリンボーンを敷き詰めた
広々としたLDK。普段仕事で忙しいお二人にとって、ゆったりとした時間を過ごせる癒やしの空間だ
広々としたLDK。普段仕事で忙しいお二人にとって、ゆったりとした時間を過ごせる癒やしの空間だ

この落ち着いた空間を彩るのが、ご夫妻好みのデザイナーズ家具の数々。イームズのラウンジチェアやルイス・ポールセンのペンダントライトをはじめ、お二人自慢のコレクションがレイアウトされています。「この家具にふさわしい家に住みたいという想いがやっと叶いました」というMさんの言葉に、「家具たちもこの家に置かれて喜んでいるように感じます」と奥さんもにっこり。「muwaku」の造作の美しさが、家具の持つ魅力をさらに際立たせています。

ルイスポールセンのペンダントライトやフリッツ・ハンセンのセブンチェアなどの北欧家具が置かれたダイニング
ルイスポールセンのペンダントライトやフリッツ・ハンセンのセブンチェアなどの北欧家具が置かれたダイニング

Mさん宅のリノベーションのもう一つの大きな特徴は、お金をかける点とかけない点を明確に分けたこと。普段忙しいご夫妻がゆったりと過ごす場であるリビングまわりには、妥協せずに費用をかけ、お二人ならではのこだわりをぎゅっと詰め込みました。一方、水まわりや2階の寝室は既存のものを活かしながら設備変更程度に留め、コストを抑制しています。

天井や床の木の質感が居心地の良さを引き立てる。奥のグレーの壁は窯業系サイディングでマットな質感を演出
天井や床の木の質感が居心地の良さを引き立てる。奥のグレーの壁は窯業系サイディングでマットな質感を演出

キッチンからダイニング

キッチンは二人で立っても充分な広さと幅を確保。ご夫婦ともに料理好きなので、二人で作業がしやすいセパレートタイプのキッチンを選んだ
キッチンは二人で立っても充分な広さと幅を確保。ご夫婦ともに料理好きなので、二人で作業がしやすいセパレートタイプのキッチンを選んだ
梁はあえて現しにせず、モルタル系左官材を塗装。RCのようなスタイリッシュな雰囲気に仕上げた
梁はあえて現しにせず、モルタル系左官材を塗装。RCのようなスタイリッシュな雰囲気に仕上げた

DINKs夫婦が自分たちのライフスタイルから導き出した、やりくり上手なリノベーションの形と言えるでしょう。

Mさんご夫妻

設計・施工:muwaku STAP(株)
仙台市青葉区双葉ヶ丘1丁目45-11
https://muwaku.com
https://stap.co.jp