天然木を使った高性能な家づくりで知られる武部建設。ダイナミックに梁や天井を現しにした空間がいつも印象的ですが、今回手がけたのは、ひと味違った魅力の家です。なるべく仕切りを設けずに、高低差や回遊動線などで、小さな隠れ家のような空間をたくさん持つKさん宅。多種類の木を使い、それぞれの木肌の風合いを活かした造作や、変化に富んだ遊び心のある空間が、丁寧な自社大工の手仕事で生み出されました。

外壁は全面道産カラマツの板張り。赤みのある独特の地色をそのまま活かした仕上げ
外壁は全面道産カラマツの板張り。赤みのある独特の地色をそのまま活かした仕上げ

岩見沢市内の街なかで集合住宅暮らしだったKさん一家。周囲を住宅に囲まれた環境を脱して、いつか山や緑がある自然豊かな土地に家を建てたいと望んでいました。そのチャンスは意外にも早く巡ってきて、好条件の土地が見つかり新築することに。設計と施工は以前から道産材をはじめ、自然素材を使った家づくりが地元でも評判の高い武部建設にお願いして、素敵な木の家が完成しました。

玄関土間、LDK、小上がり、中2階、2階とさまざまな高さを繋げてリズミカルな空間づくり
玄関土間、LDK、小上がり、中2階、2階とさまざまな高さを繋げてリズミカルな空間づくり

中に入ると、ちょっと不思議な空間が広がっていました。仕切りを設けず、玄関土間からそのまま段差をつけただけの開放的な吹き抜けのLDK。奥には畳敷きの小上がり。部屋のそこかしこに丁寧な大工仕事の造作が見られ、中2階への階段もオール木製。どこを見渡しても自然な木の風合いが目に飛び込んできます。

広々とした玄関土間には薪ストーブを設置。ストーブ背後の壁には札幌軟石を貼っている
広々とした玄関土間には薪ストーブを設置。ストーブ背後の壁には札幌軟石を張っている
LDKは吹き抜けに。ところどころ天井高を変えて、仕切りをつけずにエリア分け
LDKは吹き抜けに。ところどころ天井高を変えて、仕切りをつけずにエリア分け

「せっかく無垢材を使った家づくりが得意な武部さんにお願いするなら、いろんな木を使ってみたいと考えたんです」というKさんの言葉どおり、使われている木の種類も多く、お馴染みのナラやタモ、カラマツのほか、アサダやスギも。場所別に木の硬さや風合いなどの特性を振り分け、いずれも余計な塗装はせず、それぞれの素地の木肌を活かしたクリア仕上げです。

中2階と1階を繋ぐ木組みの透かし階段と木製サッシもインテリアのひとつに
中2階と1階を繋ぐ木組みの透かし階段と木製サッシもインテリアのひとつに

またなるべく仕切りを設けずに、高さを変えたり、小さな場所をたくさんつくって空間を区切り、なんとなく全体が繋がっている構造となっています。
「キッチンにいても2階にいても、ひと声かければ家族に聞こえるんですよ」と奥さん。こだわったという生活動線も、8の字に回遊できる水まわりがとても使いやすいとか。奥の家事スペースも、子どもの学校の書類や趣味の道具などごちゃつきがちなものをまとめて置いて、作業もできるので重宝しています。
「家づくりは、一番最初のイメージを大切にしたほうがいいよと言われたのが印象的でした。そのイメージをベースに、細かなことも遠慮なく相談できたので、使い勝手も含めて思い描いたとおりの理想的な家になりました」とご夫婦ともに大満足です。 

キッチン側と洗面所側の2つのラインで8の字の回遊式になっており、家事動線は抜群
キッチン側と洗面所側の2つのラインで8の字の回遊式になっており、家事動線は抜群
洗面所側からも回遊できる構造。奥には奥さんの作業スペースの小部屋も確保
洗面所側からも回遊できる構造。奥には奥さんの作業スペースの小部屋も確保
中2階の一角には設備機器スペースを利用したベンチを設置し、ちょっとした休憩も
中2階の一角には設備機器スペースを利用したベンチを設置し、ちょっとした休憩も
3畳の小部屋はにじり口にして隠れ家感満載。畳敷きでゴロゴロするのにぴったり
3畳の小部屋はにじり口にして隠れ家感満載。畳敷きでゴロゴロするのにぴったり

武部建設といえば、古材を使ったり、梁や天井を現しにしたダイナミックな家が多い印象ですが、今回は同じく木を多用しながらも、ひと味違ったナチュラルな雰囲気です。その中にも、自社大工ならではの技術力と丁寧な手仕事ぶりが見て取れるのはさすがです。
小さな隠れ家のようなスペースがたくさんあるKさん宅。おのおのがお気に入りの場所を陣取ってくつろいでいますが、一番人気はリビングの小上がりだそうです。

中2階から見下ろす吹き抜け空間。あえて段差をつけたLDKの小上がりは用途も幅広い
中2階から見下ろす吹き抜け空間。あえて段差をつけたLDKの小上がりは用途も幅広い

大きく張り出した庇部分。リビングも道路側から見えにくくプライバシーを確保できる
大きく張り出した庇部分。リビングも道路側から見えにくくプライバシーを確保できる

家の中に灯りがともれば、温かな光が漏れて暮らしの営みが感じられる
家の中に灯りがともれば、温かな光が漏れて暮らしの営みが感じられる