Magnifico建築スタジオ / 福島県・Tさん宅 本人30代


TさんがMagnifico(マニフィコ)建築スタジオを知ったのは、偶然でした。「帰省した時にたまたまオープンハウスのチラシを目にして…。そこに載っていた家が平屋で格好良かったんです」。仕事の都合で県外に住んでいたTさんですが、地元の福島県に戻ることが決まって、ちょうど家を建てたいと考えていたタイミングでした。平屋で育ち、「住むなら平屋」と思っていたTさんはすぐに問い合わせをして、迷うことなく依頼を決めたといいます。

家づくりは、土地探しからスタートしました。数ヵ所見てまわった中から、希望条件に挙げていた「平屋を建てられる広さ」「両親の家からあまり離れていない場所」を満たす土地を見つけて購入。当時はまだ他県に住んでいたため、プランニングや設計の打ち合わせはメールやLINEのやりとりが中心で「施工中に見に来れたのは1回くらいでした」とTさんは振り返ります。

Magnifico建築スタジオ代表の橋本剛さんは「その都度、サンプルやカタログを送付して決めていただいたので、Tさんにはお手間をかけてしまいました」と話しますが、好みや目指すイメージがはっきりしていたこともあって、家づくりはスムーズに進みました。

完成した新居は、すっきりとした片流れ屋根の平屋。外壁はブラウンと黒の2トーンでシンプルに仕上げました。ガレージ前に設けたパーゴラのような構造材が外観にインパクトを与えます。

屋根はガルバリウム鋼の板立ハゼ葺き、外壁はブラックとブラウンの窯業系サイディング。玄関ドアやサッシもブラックで統一し、全体が引き締まった印象に。
屋根はガルバリウム鋼の板立ハゼ葺き、外壁はブラックとブラウンの窯業系サイディング。玄関ドアやサッシはブラックで統一し、全体を引き締まった印象に
Tさんお気に入りのビルトインガレージ。パーゴラのような構造材を現しにしたデザインが特徴的
Tさんお気に入りのビルトインガレージ。パーゴラのような構造材を現しにしたデザインが特徴的
ビルトインガレージとキッチンの勝手口がつながる設計で、荷物の運び入れがスムーズにできる
ビルトインガレージとキッチンの勝手口がつながる設計で、荷物の運び入れがスムーズにできる

玄関ドアを開けると、外観のブラックから一転して床も壁もホワイトを用いた明るい空間が広がります。LDKでまず目に飛び込んでくるのが、格子状に組まれた現しの梁。構造体の強度を高めるとともに、シンプルなリビング空間に個性をもたらし、外のガレージ部分との意匠的なつながりも感じさせます。

キッチンは対面式。腰壁にはモールテックスを用いて、存在感を持たせました。背面収納は、冷蔵庫まで隠せる3枚引戸付きで、来客時は目隠しができます。また、角型ダウンライトを採用するなど、徹底して「曲線」を排除し、Tさん好みのスタイリッシュさが際立つ住空間を生み出しました。

構造材をダイナミックに現しにしたLDK。格子状の天井が、外観デザインとのつながりを感じさせる。リビングとキッチンの中央部には、明かりとりの天窓を設けた
テレビの背面のアクセントウォールには、エコカラットを採用。造作したテレビボードとキッチンの腰壁はモールテックスで仕上げた。 ブラウン、グレー、白の3色に、構造材や壁、キッチンのテクスチャーが心地よく調和している
LDKは徹底して曲線を排し、ダウンライトも四角形のものを採用するなど直線的でスタイリッシュなインテリアデザインにこだわった
LDKは徹底して曲線を排し、ダウンライトも角型を採用するなど直線的でスタイリッシュなインテリアデザインにこだわった
通路にゆとりがあって、使いやすいキッチン。勝手口の外はビルトインガレージで、アクセスもスムーズ
通路にゆとりがあって、使いやすいキッチン。勝手口の外はビルトインガレージで、アクセスもスムーズだ

「両親や友人が遊びに来たときに泊まれるように」と設けた和室やTさんの寝室は、床と壁の色を部屋ごとに替えて単調にならないように工夫。趣味の多いTさんのために、収納スペースも多めに設けたといいます。

玄関を挟んでLDKの向かい側に配した和室は、畳が心地よく香る。壁と天井は、やさしい色合いで仕上げた
玄関を挟んでLDKの向かい側に配した和室は、畳が心地よく香る。壁と天井は、ベージュ系のやさしい色合いで仕上げた
寝室は、グレートーンの色調に。採光や通風のための窓に加え、ガレージ側の壁に横長のFIX窓を設けた
寝室は、グレートーンの色調に。採光や通風のための窓に加え、ガレージ側の壁に横長のFIX窓を設けた

「遠距離でのやりとりでしたが、橋本さんは対応が丁寧でいつも的確なアドバイスをくださいました。家づくりは分からないことも選ぶこともたくさんありますが、すべて教えてもらえたので、安心して進められました。実はこたつを買ったのですが、家が暖かいので出番がありません(笑)。それくらい快適です」とTさん。故郷での新生活を、心地よく過ごしています。


ブラウン、グレー、白の3色に、構造材や壁、キッチンのテクスチャーが心地よく調和している