札幌グランドホテル内のグランビスタギャラリーで開催中の「夏のはじまり/夏のおわり」へ。

札幌グランドホテルから依頼を受けたP∞ARTNER (GREEN RLIGHT ASSOC. / Zoo factory)のコーディネートで行われているこの展示会は、「夏のはじまり」(6月2日〜30日)と「夏のおわり」(8月2日〜8月31日)という2つの会期が対になったもの。

北海道の短い夏を、北海道在住の7人のアーティストがそれぞれ異なる手法で表現する。短いからこそ感じる凝縮された自然の美しさ、時間としての儚さ、時と場所によって変化する表情の豊かさ。そういったものが、それぞれの解釈で展開され、空間を静かに彩っている。

芽吹きの時期でもある夏のはじまりに生と死を重ね合わせた金属作品、暑い夏に感じる一服の涼やかな風のような版画作品など、ひとつのテーマでもアーティスト本人と扱う素材、表現方法によって、まったく異なる世界がつくり出される。

当展示会は、札幌中心部のホテルという道外からのゲストも多い場所での開催であることから、来訪者に北海道のアーティストを紹介する意味で、北海道在住のアーティストに限定。アートを通じて北海道の魅力を道外へ発信することも意図されている。

ギャラリーでありながら、展示会がロビー空間の一部としてホテル内の動線に自然に馴染んで見えるのは、建築家と木工家のユニットである「P∞ARTNER」が手がけた展示だからということもありそう。

この「夏のはじまり」で表現された世界が、後期8月の「夏のおわり」でどのような深まり方を見せるのか。そのあたりも楽しみな展示会だ。

◎概要
・開催日
「夏のはじまり」2018年6月2日(土)~6月30日(土) 11:00~19:00※最終日は17:00まで
「夏のおわり」2018年8月2日(木)~8月31日(金) 11:00~19:00※最終日は17:00まで
・会場:札幌グランドホテル 1Fロビー内 グランビスタ ギャラリー サッポロ
・企画:P∞ARTNER (GREEN RLIGHT ASSOC. / Zoo factory)

・アーティスト
 金属 藤沢レオ
 木  上ノ大作
 写真 徳丸 晋
 版画 鳴海伸一
 絵画 齋藤 周
 ガラス  上杉高雅
 モビール jobin.