みなさんの家のキッチンは、どんなかたちでしょうか?「共働き夫婦が効率よく家事をこなせる」「親子が一緒に料理できる」「一人でも複数人でも快適に使える住まいの中心」など、ライフスタイルや優先したいことなどより、キッチンのかたちやこだわりはさまざまです。今回はキッチンの用語解説とともに、そんな多様なニーズを満たすさまざまなスタイルのキッチンをご紹介します。


壁付け?対面式? 配置を決める

最初に考えるべきは「どんなふうにキッチンを配置するか」です。適切なレイアウトは、LDK全体に占めるキッチンの広さや、調理スペース必要なサイズ感の設定がポイント。加えて、食器や調理道具、食品のストックなどを含めた必要な収納量、家族間の食事のタイミングなど、実際にキッチンを使うときのことをシミュレーションしてみると、どのタイプがより効果的か分かってくるはずです。壁付けと対面式キッチンは、それぞれこんなメリットがあります。

壁付けキッチンのメリット
・限られた面積を有効に使える
・料理に集中しやすく、配膳の動線が楽
・ダイニング・リビングスペースを広く確保できる

調理に集中できるよう、あえて壁付けにしたキッチン。玄関からそのままキッチンへ入れる利便性の高い配置
調理に集中できるよう、あえて壁付けにしたキッチン。玄関からそのままキッチンへ入れる利便性の高い配置
限られたLDK空間にキッチンをコンパクトに収めたいと、壁付け仕様に
限られたLDK空間にキッチンをコンパクトに収めたいと、壁付け仕様に

対面式キッチンのメリット
・開放感があり、家族とのコミュニケーションが取りやすい
・料理や洗い物の様子が反対側から見えない
・収納空間をたくさん確保できる

今クリードブロックの腰壁が特徴的なキッチンからは、リビングはもちろんお庭まで見渡せる
コンクリートブロックの腰壁が特徴的なキッチンからは、リビングはもちろんお庭まで見渡せる
間仕切り壁のない大空間で存在感を放つ対面式キッチン
間仕切り壁のない大空間で存在感を放つ対面式キッチン

壁付けキッチンも根強い人気がありますが、最近は家族のコミュニケーションを重視したり、ダイニング・キッチンを中心に家族が集うスタイルも増えてきたりするなど、対面式キッチンを選ばれるケースが多いようです。では、対面式キッチンにはどのような種類があるのでしょうか。

■ ペニンシュラ型

アイランド型と似ていますが、左右のどちらかが壁にくっついているキッチンをいいます。そのためアイランド型よりスペースを効率よく使うことができるので、採用されることが多いタイプです。コンロと換気扇を壁側に設置できるので、油ハネやニオイの拡散の軽減にもなります。

パイン材で造作したキッチンは、腰壁は引き戸仕様の収納になっている。壁面にはタイルを設えた
パイン材で造作したキッチンは、腰壁は引き戸仕様の収納になっている。壁面にはタイルを設えた
玄関からすぐつながるオープンなキッチン、背面の広いカウンターが使いやすい
玄関からすぐつながるオープンなキッチン、背面の広いカウンターが使いやすい
壁面の奥に冷蔵庫と物を収納し見える空間は常にきれいに保てるようにしたキッチン
壁面の奥に冷蔵庫と物を収納し見える空間は常にきれいに保てるようにしたキッチン

■ アイランド型

キッチンの四方が壁とつながっていない、島(アイランド)のように配置されているタイプのキッチン。対面式キッチンの中でも存在感が大きく、まるでキッチンが主役のようなLDKが実現できます。両サイドから出入りができるので開放的で、他の家族も料理に参加しやすくなります。

2階LDKの中央に位置する造作アイランドキッチン。左手の動線は1階、右手の動線は個室につながっている
2階LDKの中央に位置する造作アイランドキッチン。左手の動線は1階、右手の動線は個室につながっている
コンロ(IH)とシンクを対角に配置した正方形のアイランドキッチンは、オーダーメイドしたもの
コンロ(IH)とシンクを対角に配置した正方形のアイランドキッチンは、オーダーメイドしたもの
二世帯共用の造作のアイランドキッチンは2人で並んでも作業しやすい広さ。来客が多く、壁面はすべて隠せる収納に
二世帯共用の造作のアイランドキッチンは2人で並んでも作業しやすい広さ。来客が多く、壁面はすべて隠せる収納に

■ セパレート型

アイランドに調理台・シンク、壁側にコンロを配置したキッチンで、L型同様、対面式と壁付けのメリットを併せ持ったタイプです。コンロが離れている分、調理のためのスペースがほかのタイプよりも広く取れます。家族・友人などみんなでわいわいキッチンを囲んで調理することが多い家庭に向いているキッチンです。

コンロは4つ口で、レンジフードもこだわって選んだセパレート型のオーダーキッチンに、ダイニングテーブルも造作。複数の友人とも食事を囲めるような大きさとした
コンロは4つ口で、レンジフードもこだわって選んだセパレート型のオーダーキッチンに、ダイニングテーブルも造作。複数の友人とも食事を囲めるような大きさとした
壁面のコンロ部は奥さんこだわりのレンガ壁とし、ダイニングを兼ねるアイランド部はステンレス仕様に
壁面のコンロ部は奥さんこだわりのレンガ壁とし、ダイニングを兼ねるアイランド部はステンレス仕様に
壁付けのI型キッチンに、2つ目のシンクを備え便利に使えるアイランドを組み合わせたキッチン。隣接して、収納量たっぷりのパントリーを設置した
壁付けのI型キッチンに、2つ目のシンクを備え便利に使えるアイランドを組み合わせたキッチン。隣接して、収納量たっぷりのパントリーを設置した

 

キッチンの使い方を見直し、マッチする形状を決める

キッチンの使いやすさというのも人それぞれ。たとえば、パン・ケーキづくりをよくする場合や大勢で集まることが多い家は、広い調理台が必要でしょう。また道具を収納するスペース、動線計画なども、キッチンを使う人のスタイルによって変わってきます。そのスタイルに合わせて調理台とシンク、コンロを上手に配置することが、使いやすいキッチンづくりのコツとなります。これから紹介する3つの形を参考に、自分の合うのはどれか考えてみてください。

■ I 型

一列にコンロ・調理台・シンクが並べられている最もオーソドックスなタイプのキッチンです。対面式であれば、いつでもリビング・ダイニングの方を向いて調理ができるので、小さい子どもがいても安心です。調理の際には、横に移動することになるので、複数人で料理をするときは動線がかぶりやすいというデメリットがあります。

I型のキッチンにテーブルも横付けしたストレートダイニングで、家事効率を上げている
I型のキッチンにテーブルも横付けしたストレートダイニングで、家事効率を上げている
コンパクトなI型の壁付けキッチンとは別に、背面に設えたカウンターがあり使い勝手がいい
コンパクトなI型の壁付けキッチンとは別に、背面に設えたカウンターがあり使い勝手がいい
空間に合わせてつくったフルオーダーキッチン。腰壁にはナラの天然木を使った
空間に合わせてつくったフルオーダーキッチン。腰壁にはナラの天然木を使った

■ L型

例えば、正面には調理台・シンク、側面の壁にはコンロといった形で、L字で分けて配置するキッチンで、対面式と壁付けのメリットを併せ持ったタイプです。2つのキャビネットがあるのでI型より収納量が増えますが、コーナー部分があるので、使いにくいデッドスペースが出てしまうデメリットもあります。

パイン材を用いて造作したL字型のキッチン。冷蔵庫はリビングからは見えないように壁に収納している
パイン材を用いて造作したL型のキッチン。冷蔵庫はリビングからは見えないように壁に収納している
家電や食品の収納などは、奥(写真右)の空間にまとめ、L字型のキッチンはいつでもスッキリ
家電や食品の収納などは奥(写真右)の空間にまとめ、キッチンはいつでもスッキリ
ダイニングを広く使えるよう、キッチンをL型の壁付けに。家電は黒で統一し、造作収納の取っ手は真鍮製を採用
ダイニングを広く使えるよう、キッチンをL型の壁付けに。家電は黒で統一し、造作収納の取っ手は真鍮製を採用

■ U(コの字)型

調理台・シンク・コンロをコの字に合わせてそれぞれに配置したキッチンです。その場で方向を変えるだけで違う作業ができるので、調理効率が高くなります。L型よりも作業スペースや収納が増えますが、もちろんそれに合った広さが必要です。また、3辺が塞がれるので、どうしても圧迫感が出てしまいます。

4人の子どもがいるこのお宅は、大きなコの字カウンターを設えた造作キッチンが住まいの中心
4人の子どもがいるこのお宅は、大きなコの字カウンターを設えた造作キッチンが住まいの中心
コンパクトながらも使いやすいよう、収納やコンロの位置などをこだわったオーダーメイドのコの字型キッチン
コンパクトながらも使いやすいよう、収納やコンロの位置などをこだわったオーダーメイドのコの字型キッチン


9月28日(火)発売の最新号「Replan北海道vol.134」では、それぞれの家族の暮らしに寄り添ったオリジナリティあふれる「いまどき」のキッチンや、使いやすいキッチン収納のポイントについてご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください!

(文/Replan編集部)

Replan北海道 vol.134
2021年9月28日(火)発売

北海道内の主な書店やコンビニのほか、
Replanの販売ページamazonfujisan
オンラインでもご購入いただけます。