東西に細長く高低差もある
難しい土地条件をクリア

間口はわずか5.8m。高低差も4mほどあり、家が建てられる平坦部分は土地面積の約半分という難条件の敷地。最初に土地を見たときは「こんなところに家が建てられるわけがない」と思い、一度は諦めたというYさん。しかし眺望の素晴らしさと、住宅地にありながらもプライベート感あふれる立地に、SUDOホームならなんとかしてくれるかもしれないという希望を持ち、土地を購入しました。

平地部分に住宅を建て2階をはね出させたYさん宅の外観。外壁は道南スギの板張り
平地部分に住宅を建て2階をはね出させたYさん宅の外観。外壁は道南スギの板張り
裏側から見ると高低差の激しい傾斜地であることがひと目で分かる。大きな開口部は2階リビングの窓
裏側から見ると高低差の激しい傾斜地であることがひと目で分かる。大きな開口部は2階リビングの窓

24.8坪の平坦部分に、家族4人が快適に暮らせる空間をどう確保するかが一番のポイントでした。それを解決したのが上下空間をフル活用した立体構造です。メインの生活空間を2階に置き、その2階部分を前後に張り出させることで広さを確保しました。

1階玄関からは一直線に視線が抜け、景色を望める。オープン階段にして圧迫感を軽減させた
1階玄関からは一直線に視線が抜け、景色を望める。オープン階段にして圧迫感を軽減させた
ワイドサイズの洗面台は、グリーンのタイルがアクセントになっている。大きな鏡やオープン収納は将来姉妹が並んでも使いやすそう
ワイドサイズの洗面台は、グリーンのタイルがアクセントになっている。大きな鏡やオープン収納は将来姉妹が並んでも使いやすそう
1階寝室には傾斜を利用した半地下の大型収納スペースが。右手は上がベッドスペースで下が収納の二重構造
1階寝室には傾斜を利用した半地下の大型収納スペースが。右手は上がベッドスペースで下が収納の二重構造

さらに傾斜を利用し、1階の寝室には半地下スペースをつくって収納を確保。家の中は極力仕切らず、高低差をつけてエリアを分けるなど、立体的に空間を展開しています。またピクチャーウィンドウで外の光と景色を採り込むことで、狭小地とは思えない開放感が得られました。

階段部分の採光を考え、明かり採りの窓を付け、仕切り壁にはスリットを入れた
階段部分の採光を考え、明かり採りの窓を付け、仕切り壁にはスリットを入れた
構造上必要な仕切り壁が、ちょうど階段からの目隠しにもなり一石二鳥。スリットを入れて光の通り道を確保
構造上必要な仕切り壁が、ちょうど階段からの目隠しにもなり一石二鳥。スリットを入れて光の通り道を確保

収納もしっかり確保して
使い勝手と美しさを両立

「最初は本当に無理じゃないかと思っていたので、完成して驚いています。収納も思った以上にしっかりあって、木の温もりあふれるオープンキッチンやカーペットを敷いたピットリビングなど、遊び心もありつつ、使いやすく素敵な空間になりました。数々の個性的な住宅を手がけてきたSUDOホームだからこそ実現できたプランだと思います」と、奥さんも絶賛。

2階リビングからの見晴らしの良さを最大限に活かすピクチャーウィンドウ。高台なので遠くの山並みまで一望できる
2階リビングからの見晴らしの良さを最大限に活かすピクチャーウィンドウ。高台なので遠くの山並みまで一望できる
芝生のようなグリーンが効いているカーペット敷きのピットリビング
芝生のようなグリーンが効いているカーペット敷きのピットリビング

SUDOホームが得意とする造作も住まいの随所に施されています。特にこだわり抜いたキッチンは、オルトレマテリアの左官仕上げでダイニングと一体化させたカウンターが印象的。木を多用した雰囲気はまるでカフェのようです。全体的に木の雰囲気をベースに白とグレーでまとめ、アクセントカラーには奥さんが好きなグリーンを取り入れた内装もお気に入り。「半分ある斜面の庭をどうするか、次の春に向けてじっくり考えたいですね」と、Yさんもこれからの計画を考え中です。

ダイニングと一体化したキッチンは造作。お手入れしやすい素材で使い勝手と見た目を両立させた
ダイニングと一体化したキッチンは造作。お手入れしやすい素材で使い勝手と見た目を両立させた
造作キッチンは収納たっぷり。キッチンとスタディスペースはスキップフロアになっている
造作キッチンは収納たっぷり。キッチンとスタディスペースはスキップフロアになっている
LDKの横につくられた家族共用のスタディスペース。程よく囲われているが家族の気配は感じられる
LDKの横につくられた家族共用のスタディスペース。程よく囲われているが家族の気配は感じられる

リビングのベンチに腰かけて、くつろぎながら外の開けた景色を眺める至福のひとときを満喫しているYさんご家族です。

子ども部屋は将来2つに仕切れる構造に。今は姉妹2人で仲良く共用している
子ども部屋は将来2つに仕切れる構造に。今は姉妹2人で仲良く共用している

土地探しの際、ロケーションに一目ぼれしたのですが、実際に家を建てるのは難しいと考えました。でもほかの土地を見てもここが忘れられず、SUDOホームに相談しました。土地の制約だけでなく、希望する間取りや必要な収納など、かなり難しい要望だったと思いますが、それらを立体的な構造にすることですべて叶えてくれました。注文住宅でなければ不可能だったと思います。今は憧れた景色が目の前にある幸せを噛み締めています。(Yさん談)