農業を営むTさんご一家。結婚当初から、ご実家を二世帯住宅にリノベーションして、1LDKの広さで住まわれていましたが、子どもたちの成長とともに不便さを感じるようになりました。しだいに、「子どもたちには窮屈な思いをさせず、仕事とプライベート空間がしっかりと分けられる家づくりがしたい」と意識するようになりました。

高い吹き抜けから光が降り注ぐリビング。和室は小上がりになっていて段差部分には収納が仕込まれている
高い吹き抜けから光が降り注ぐリビング。和室は小上がりになっていて段差部分には収納が仕込まれている
ウォールナットの造作テーブルにYチェアとアントチェアを合わせた上質なダイニング。ペンダントライトはA110とCIRQUEを採用
ウォールナットの造作テーブルにYチェアとアントチェアを合わせた上質なダイニング。ペンダントライトはA110とCIRQUEを採用

アッシュ系で仕上げた造作キッチンからは、ピアノルームの様子をそっとうかがうこともできる
アッシュ系で仕上げた造作キッチンからは、ピアノルームの様子をそっとうかがうこともできる
ダイニングテーブルの天井部分は折り上げ天井にし、素材も変えて、ペンダントライトをより一層美しく吊るすためのデザインに
ダイニングテーブルの天井部分は折り上げ天井にし、素材も変えて、ペンダントライトをより一層美しく吊るすためのデザインに

しかし、なかなか自分たちが思い描くような設計プランには出会えずにいました。偶然にも、子どもの同級生のご家族が新築をされ、見学に訪れると理想に近い間取りにご夫妻は一目ぼれ。その住まいを建てたのがアクト建築工房でした。アクト建築工房の手がける農家住宅は、仕事圏から生活圏をつなぐバックヤードのつくりが秀逸で、これまでの不便さが払拭されると感じ、ご夫妻の心は決まりました。

リビングとユーティリティをつなぐ廊下は壁一面が収納になっている
リビングとユーティリティをつなぐ廊下は壁一面が収納になっている
縦長に9.3帖の広さがあるバックヤードは、農作業関連のものから家族全員のアウターやシューズ、アウトドア用品など外出に関するすべてのものがひとまとまりになっている
縦長に9.3帖の広さがあるバックヤードは、農作業関連のものから家族全員のアウターやシューズ、アウトドア用品など外出に関するすべてのものがひとまとまりになっている
広々とした造作の洗面台。カウンターと引き出し部分にダストボックスを収納し使い勝手よく工夫した
広々とした造作の洗面台。カウンターと引き出し部分にダストボックスを収納し使い勝手よく工夫した
1階のトイレは石材のカウンターにベッセルタイプの洗面ボウル、サブウェイタイルで質感の良い空間に
1階のトイレは石材のカウンターにベッセルタイプの洗面ボウル、サブウェイタイルで質感の良い空間に
ご夫妻の寝室は1階に。落ち着いたバイオレットのアクセントウォールと針葉樹合板の床材で雰囲気よく仕上げ、大容量のウォークインクローゼットも備えた
ご夫妻の寝室は1階に。落ち着いたバイオレットのアクセントウォールと針葉樹合板の床材で雰囲気よく仕上げ、大容量のウォークインクローゼットも備えた

家づくりにあたり、ご夫妻がこだわったのは「空間」です。家族それぞれが十分なスペースを確保できること、役割の異なる空間たちがしっかりとゾーニングできることを特に重視していました。また、快適な生活動線と大容量の収納スペースを取り入れることも外せませんでした。

2階ホールは約8帖あり、子どもたちが自由な使い方をするキッズリビングになっている
2階ホールは約8帖あり、子どもたちが自由な使い方をするキッズリビングになっている
多趣味なTさん専用の「パパルーム」は、濃紺の壁にHALO COUNT HENRYのソファを置いて落ち着く空間に
多趣味なTさん専用の「パパルーム」は、濃紺の壁にHALO COUNT HENRYのソファを置いて落ち着く空間に
斜め天井がアクセントになっている子ども部屋。ほかの子ども部屋も内装は落ち着きのあるアースカラーで統一した
斜め天井がアクセントになっている子ども部屋。ほかの子ども部屋も内装は落ち着きのあるアースカラーで統一した

妥協せず完成したのは、3人の子どもたちの個室のほか、キッズリビング、ピアノルームにパパルーム、オフィス機能も備えた住まい。乾燥機の上の作業棚や洗面台のダストボックスなど、奥さんの家事行動を観察して、Tさんが提案したアイデアが随所に取り入れられています。オフィスルームの内壁に、外壁と同じ素材のカラフルなスギ板を採用したこともお気に入りのポイントです。

2階ホールから見下ろしたリビングの様子。ぐるりとリビングを囲うように設置された間接照明もアクセントのひとつ
2階ホールから見下ろしたリビングの様子。ぐるりとリビングを囲うように設置された間接照明もアクセントのひとつ
オフィスルーム部分の室内壁には外壁で使用したスギ板を施工し、インパクトのある空間にデザインした
オフィスルーム部分の室内壁には外壁で使用したスギ板を施工し、インパクトのある空間にデザインした

新築に取り入れたのは、新しいものばかりではありません。キッチンの壁や、玄関前やアプローチ部分には、この場所に立っていた建物に使用されていた軟石やレンガなどの古材を一手間かけて再利用しました。この土地になじんでいた建物の記憶を残す工夫です。「経年の変化を楽しみにする」という考えは、ご夫妻が家づくりの過程で、アクト建築工房の澤田さんの影響を受けたところです。これから3人の子どもたちが成長し、歳を重ねることで家族の在り方やライフスタイルは変化します。将来どのように在りたいかを想像し、月日の経過とともに味わいを増す自然素材や、耐久性が良く普遍的なデザインの家具を積極的に採用。Tさんご家族ならではの家づくりを実現しました。

ドアもアクセントカラーのバイオレットに。玄関ポーチには旧家から引き継いだ古材を使用
ドアもアクセントカラーのバイオレットに。玄関ポーチには旧家から引き継いだ古材を使用
鋭角な片流れの屋根とビビットな配色がひときわ目を引く外観
鋭角な片流れの屋根とビビットな配色がひときわ目を引く外観
東側から見る外観。エントランスとバックエントランスが並んで配置され機能的なつくり
東側から見る外観。エントランスとバックエントランスが並んで配置され機能的なつくり

農作業の繁忙期に引っ越しを完了したご家族は、これからゆっくりと新しい暮らしを味わっていきます。