新十津川町に立つこの家は、2022年12月に完成したゴエン建築社の新たなモデルハウスです。「木材やエネルギー価格の高騰で、空知エリアも広い土地に合わせた大きな家の建築が難しくなってきました」と社長の久保田修司さんは話します。そこで新モデルは、今後を見据え32坪と比較的コンパクトに設計。「家は広ければいいというわけではなく、工夫次第で可能性は広がります」と、その意図を説明します。

白いガルバリウム鋼鈑のシンプルな仕上げの外観。夏は陽射しを、冬は雪を避けてエアコンの運転効率を安定させるため、屋根付きのウッドデッキに室外機を設置し、省エネ性と経済性に配慮。ウッドデッキは内と外を緩やかにつなぐとともに、節電にもひと役買っている
白いガルバリウム鋼板仕上げの外観は、一部をグレーの塗り壁に。春になってシンボルツリーが芽吹けば、外壁との美しいコントラストが生まれる
白いガルバリウム鋼板仕上げの外観は、一部を塗り壁に。春になってシンボルツリーが芽吹けば、外壁との美しいコントラストが生まれる
高窓からの光で明るい玄関は、壁面にたっぷりの収納棚を造作
高窓からの光で明るい玄関は、壁面にたっぷりの収納棚を造作

例えば、天井高の低いダイニング・キッチンとリビングの吹き抜けとの視覚的なコントラストや、大きなコーナー窓とウッドデッキを介して外とのつながりを感じられるつくりは、空間に広がりが感じられる設計的な工夫のひとつ。射し込む光が室内に美しい陰影を描き、色味と風合いが心地よい塗り壁や木の素材感と相まって、一層の上質さと心地よさをもたらします。

LDKのほか、水まわりや寝室も1階に配して、平屋的な暮らしができる間取りに。床も極力段差のないバリアフリーで、住まい手が年を重ねても安心・安全に暮らせるように考えて設計されている
造作のキッチンは壁付けでレイアウト。木を基調とした空間の見た目の気持ちよさを保つため、冷蔵庫が見えないように置き場所を工夫した
造作のキッチンは壁付けでレイアウト。木を基調とした空間の見た目の気持ちよさを保つため、冷蔵庫が見えないように置き場所を工夫した
キッチンの隅の空間を生かした小さなカウンターは、家事コーナーなど多目的に使える便利スペース
キッチンの隅の空間を生かした小さなカウンターは、家事コーナーなど多目的に使える便利スペース

キッチンの裏手にユーティリティを配置。洗面台は造作で、白いタイルがアクセントに
キッチンの裏手にユーティリティを配置。洗面台は造作で、白いタイルがアクセントに
晴れた日には、吹き抜けに面した大きな窓からの陽光で空間が満たされる。木と色のトーンを合わせた塗り壁が和室のような落ち着きを演出
天井高の大きなギャップにより、トンネル効果的に開放感が増す。高窓の向こうに見える空模様の変化も、日々の楽しみになりそう
天井高の大きなギャップにより、トンネル効果的に開放感が増す。高窓の向こうに見える空模様の変化も、日々の楽しみになりそう

また、寝室や水まわりなど生活に欠かせないパーツを1階に集約し、平屋的な生活ができる間取りを実現。ルームエアコン一台で暖冷房できる全館空調システム「YUCACO」と高断熱・高気密仕様の躯体の効果で、上下階とも季節を問わずにむらなく適温です。

性能・機能・意匠を内包した新モデルに「自分たちでも居心地の良さを改めて実感しています」と笑顔の久保田社長。限られた領域を最大限に生かすゴエン建築社の創意工夫が、細部まで息づいたモデルハウスです。

1階に配した寝室。収納部分は開放感を優先して建具を設けずオープンな仕様とした
1階に配した寝室。収納部分は開放感を優先して建具を設けずオープンな仕様とした
ルームエアコン1台で家全体を暖冷房でき、施主からも大好評の全館空調システム「YUCACO」は、高性能住宅だからこそ実装可能。エアコンは2階の空調室に置くため、室内の美観を損ねない
2階の吹き抜けに面して家族で共有できるワークスペースを設置。上下階で温度のムラがなく、快適に過ごせる居場所のひとつ
2階の吹き抜けに面して家族で共有できるワーク&スタディスペースを設置。上下階で温度のムラがなく、快適に過ごせる居場所のひとつ

南面の吹き抜けのFIX窓に向かって傾斜する屋根が視覚に変化をもたらす
南面の吹き抜けのFIX窓に向かって傾斜する天井が視覚に変化をもたらす
2階には3.7帖のファミリークローゼット。最近のライフスタイルに合わせた収納計画で、住まい手の暮らしやすさを叶える
2階には3.7帖のファミリークローゼット。最近のライフスタイルに合わせた収納計画で、住まい手の暮らしやすさを叶える

空知エリアを中心に家づくりを手がけるゴエン建築社は、心地よい距離感と暮らしやすさを追求した空間設計と、ルームエアコン1台で家全体を暖冷房できる全館空調システム「YUCACO」の導入で、快適な住まいを提案しています。

札幌都心部とは異なり、土地が広く比較的大きな家が多い地域ですが、資材のコスト高や暮らしへの価値観の変化などを理由に、30坪台前半の家を求めるお客様も増えています。

新モデルハウスは、コンパクトで機能的な家がテーマ。ウッドデッキを介した視界の抜けや、吹き抜けを生かした面積以上の開放感、小回りのきくシンプルな生活動線など、限られた広さでより快適に、より豊かに暮らせるプランニングをかたちにしました。全館空調で、室内は季節を問わずいつも快適。変化する時代に寄り添い、未来を見据えた私たちの提案を体感いただける住宅です。

ゴエン建築社(株)
新十津川町 YUCACOモデルハウス
TEL/0125-76-3989
営業時間/完全予約制
◎見学希望の方はこちらからご予約ください
https://goen.info/event/modelhouse_2022.html