住むほどに味わいを増し、心地よさが深まっていく、とかち工房の住まい。その秘密は、住まうご家族のこれからの暮らしを想う心と、豊かな経験、実績にあります。家づくりにあたっては、綿密な打ち合わせを重ね、一棟ごとに異なるオリジナルプランを作成。これまで一般住宅のほか、店舗を併設した住まいも数多く手掛けてきました。

幕別町にあるFさん宅も、その一軒。30年以上前に帯広市内に戸建てを持ちながら、管内で長く転勤生活を続けてきたFさんご夫妻。5年ほど前、目前に迫った退職後の暮らしを考え、娘さん家族との同居を前提に住み替えを決意。「終の棲家には、家族の暮らしの楽しみを多くの方と共有できるカフェを設けたいと考えていました」。

アスファルトシングル葺きの三角屋根、小屋根をアクセントにした建物は、欧風のシックな佇まい
アスファルトシングル葺きの三角屋根、小屋根をアクセントにした建物は、欧風のシックな佇まい

新居のイメージは、かつて仕事で3年ほど暮らしたペルーの田舎家。過去にスペインの統治下にあったペルーの建物には、その影響が色濃く残され、素朴でエキゾチックな雰囲気がとても気に入っていたといいます。

自宅との境界には、靴を脱いでくつろげる店舗用多目的空間を設置。パッチワークは奥さんの作品。将来はワークショップなども開催予定
自宅との境界には、靴を脱いでくつろげる店舗用多目的空間を設置。パッチワークは奥さんの作品。将来はワークショップなども開催予定

「とかち工房の後藤薫社長は、海外の建築にも造詣が深く、私たちが長年温めてきた漠然としたイメージをすぐにカタチにしてくれました」。具体的なプランづくりでは、店舗と親世帯、子世帯が程よい距離を保てる空間レイアウトを希望。内装、デザインは、とかち工房に一任。経験豊富なコーディネーターが、Fさん一家の好みやライフスタイルに馴染むインテリアプランを提案しました。

ダークブラウンを基調とした対面キッチンは、造作仕様。親世帯の床はすべて、ウォールナットの無垢材で統一して落ち着きのある空間に
ダークブラウンを基調とした対面キッチンは、造作仕様。親世帯の床はすべて、ウォールナットの無垢材で統一して落ち着きのある空間に
使い勝手のいいキッチンには、ペルーの住宅によく用いられているスペイン風のタイルを採用し、背面の造作収納と合わせて面材をつくり変えた
使い勝手のいいキッチンには、ペルーの住宅によく用いられているスペイン風のタイルを採用し、背面の造作収納と合わせて面材をつくり変えた
1階親世帯のLDKには、Fさんの希望で雪見障子と広縁を備えた和のくつろぎスペースも設けられている
1階親世帯のLDKには、Fさんの希望で雪見障子と広縁を備えた和のくつろぎスペースも設けられている

2017年暮れに完成したL字型の新居は、店舗を併設した二世帯住宅。親世帯はこげ茶、子世帯は白を基調に内装を整えることで、親子それぞれの生活空間を視覚的に分離。

2階子世帯の造作対面式キッチンは、コンパクトな造りながら、収納力はたっぷり
2階子世帯の造作対面式キッチンは、コンパクトな造りながら、収納力はたっぷり
3連窓と屋根なり天井を採用したリビング。子世帯の生活空間は、白を基調に、カバ無垢幅広フローリング材を採用し、若々しいイメージで仕上げた
3連窓と屋根なり天井を採用したリビング。子世帯の生活空間は、白を基調に、カバ無垢幅広フローリング材を採用し、若々しいイメージで仕上げた
2階に設けられた子世帯のLDKに隣接し、3歳の息子さんの部屋を配置。アールの採光窓とドーム天井で遊び心を加えて
2階に設けられた子世帯のLDKに隣接し、3歳の息子さんの部屋を配置。アールの採光窓とドーム天井で遊び心を加えて

「境界となる場所には、多目的に利用できる部屋が設けられています。親子が互いに気兼ねなく暮らすことができるよう、さりげなく配慮された間取りに感動しました」。

Fさんの要望で設けた2階客間。埋もれ木の地袋天板や垂れ壁を欄間風にしつらえた造作に、自社大工の熟練の技が光る
Fさんの要望で設けた2階客間。埋もれ木の地袋天板や垂れ壁を欄間風にしつらえた造作に、自社大工の熟練の技が光る
2階階段ホールに隣接して設けられた客間は、親世帯寝室との緩衝エリア。カフェ空間は、この和室と寝室の下にある。階下に生活音を響かせない間取りの妙も、とかち工房ならでは
2階階段ホールに隣接して設けられた客間は、親世帯寝室との緩衝エリア。カフェ空間は、この和室と寝室の下にある。階下に生活音を響かせない間取りの妙も、とかち工房ならでは

一方、店舗部分は高い吹き抜けを設け、古材風に手刻みで加工した梁と塗り壁、薪ストーブを採用し、念願どおりのペルーの田舎家風に仕上げられました。熟練の技を持つ職人たちが選び抜いた素材を用い丁寧に施工。店舗づくりにも、その技術がいかんなく発揮されました。

6m超の吹き抜けを採用した開放的な空間を、古材風に手刻みで加工した梁が引き締める。壁には温かみのある塗り壁を採用し、ペルーの田舎家の雰囲気を再現した
6m超の吹き抜けを採用した開放的な空間を、古材風に手刻みで加工した梁が引き締める。壁には温かみのある塗り壁を採用し、ペルーの田舎家の雰囲気を再現した
奥さんと娘さんが選びに選んだ照明が、趣ある空間に美しい陰影を与えるカウンター。その奥は、奥さんが自慢の腕を振るう厨房
奥さんと娘さんが選びに選んだ照明が、趣ある空間に美しい陰影を与えるカウンター。その奥は、奥さんが自慢の腕を振るう厨房
スペイン風タイルと塗り壁が異国情緒を漂わせるカフェのトイレは、お客さんに大好評。モザイクタイルを用いた手洗いも造作仕様
スペイン風タイルと塗り壁が異国情緒を漂わせるカフェのトイレは、お客さんに大好評。モザイクタイルを用いた手洗いも造作仕様

「6月に開店したカフェは、私たち家族と多くの人との接点になり、暮らしをより楽しくしてくれるでしょう。とかち工房さんのおかげで、人生の集大成といえる居場所ができました」と、嬉しそうに語るFさん。手の温もり宿る空間は、重ねる家族の暮らしと共に豊かな表情をたたえ、さらに愛着が増していくことでしょう。

エントランス

設計・施工:(株)とかち工房
河東郡音更町宝来西町南2丁目15-22
https://www.tokachi-kobo.jp