リノベーションして住むことを前提に、築20年の中古マンションを購入したSさん。「欧米の家によくあるスタジオルームのような、部屋の区切りがなく一つの大空間になっている間取りに憧れていたので、広さのある物件を探しました」と言うとおり、手に入れたのは約25坪、4LDKの広々としたマンションです。

Before
Before
Before。各部屋が細かく間仕切られていて、採光性・通風性が悪く、キッチンや廊下は昼間でも電気をつけなければならない状態だった。また、一つひとつの部屋も6帖程度と決して余裕があるわけではなく、収納スペースも不十分。壁紙や設備機器も20年経っていて汚れがあり、使い勝手も悪い状態だった
Before。各部屋が細かく間仕切られていて、採光性・通風性が悪く、キッチンや廊下は昼間でも電気をつけなければならない状態だった。また、一つひとつの部屋も6帖程度と決して余裕があるわけではなく、収納スペースも不十分。壁紙や設備機器も20年経っていて汚れがあり、使い勝手も悪い状態だった

「中古の戸建てだと構造上取り外せない柱や壁があり、大空間の間取りを実現するのは難しい面があります。その点、マンションなら空間のすべてをスケルトンにしてから自由な間取りを創り上げることができるのが魅力でした」。中古マンションのリノベーションを選択した理由を、そう語ってくれました。Before&After図面

リノベーション後は、1LDK+ウォークインクローゼットへと大胆な間取り変更がなされています。元は仕切られていたリビング・ダイニング、キッチン、和室、洋室の壁を取り払い、27帖もの大空間LDKを実現しました。

細かく区切られていた空間を再編集しつくり上げた、約27帖もの広々としたLDK。LDKの照明はスポットライトのみ。すべての窓に内窓を設け、断熱性能も向上させている
細かく区切られていた空間を再編集しつくり上げた、約27帖もの広々としたLDK。LDKの照明はスポットライトのみ。すべての窓に内窓を設け、断熱性能も向上させている

「とにかく大きい空間がほしかったので、本当はバスルームも寝室も仕切りをなくしてワンルームにしたかったのですが、さすがに妻に反対されました」と苦笑するSさん。ですが、思い描いていたとおり、夫婦二人でゆったりと暮らせる住まいへと変貌を遂げました。

「家で過ごす時間が増えた」と語るご夫妻。スペースが広いので、気持ちもゆったり
「家で過ごす時間が増えた」と語るご夫妻。スペースが広いので、気持ちもゆったり

この家の最大の特徴といえるのが、壁や天井、建具などにさまざまな左官仕上げが施されている点。「フロアシートやクロスなどの貼り物は使いたくなかったんです。クレア工業さんの本業は左官屋さんだというのも、リノベーションを依頼した大きな理由の一つでした」とSさんは言います。

混ぜ込む砂の粒子を変えたり、ムラのつけ方で変化をつけるなどの工夫がなされた漆喰壁
混ぜ込む砂の粒子を変えたり、ムラのつけ方で変化をつけるなどの工夫がなされた漆喰壁
室内の雰囲気に溶け込むキッチンは、無垢の木を使用した既製品をセレクト。床にはベルギー製の左官材を施した
室内の雰囲気に溶け込むキッチンは、無垢の木を使用した既製品をセレクト。床にはベルギー製の左官材を施した
ワークトップに水まわりに強い左官材を塗り、前面にはブラックチークウッドパネルを施工。既製品のキッチンがオリジナル仕様に
ワークトップに水まわりに強い左官材を塗り、前面にはブラックチークウッドパネルを施工。既製品のキッチンがオリジナル仕様に

多い時には最大で6名の左官職人が現場入りし、パーツごとに材料や塗り方を変えて仕上げられたというSさん宅。3種類の漆喰を使い分けた白壁を筆頭に、左官業界で今注目されている日本、ドイツ、ベルギー製の左官材が各所に用いられています。例えばキッチンや洗面カウンターなどには、防水性があり、表面強度も強く、水まわりに最適なベルギー製のセメント系左官材を採用しました。

大工さんが造作した洗面台。カウンターは防水性の高い左官材で仕上げられている
大工さんが造作した洗面台。カウンターは防水性の高い左官材で仕上げられている
トイレの青い壁や床も防水性の高い左官材で塗り上げられたものだ
トイレの青い壁や床も防水性の高い左官材で塗り上げられたものだ
ベッドルームのグレーの壁には日本製のセメント系左官材を採用し、モルタルの風合いを生み出した
ベッドルームのグレーの壁には日本製のセメント系左官材を採用し、モルタルの風合いを生み出した

塗り壁はパターンが一緒でも全く同じ柄にならないため、世界に一つだけの風合いを楽しめるのが左官仕上げの良さ。加えて「漆喰の面が多いので、焼肉をしても匂いが残らないし、空気がきれいに感じられます。以前のビニールクロスの家と比べて格段に快適です」とSさん。

寝室に通じる特注の扉の外側には、ドイツ製の金属製左官材を塗った。経年変化で増す趣も魅力
寝室に通じる特注の扉の外側には、ドイツ製の金属製左官材を塗った。経年変化で増す趣も魅力
夫婦二人分の持ち物が余裕で収納できる約5.5帖のウォークインクローゼット
夫婦二人分の持ち物が余裕で収納できる約5.5帖のウォークインクローゼット
ソファセットをはじめとする家具は、インテリアショップ「クラッシュゲート」のもので統一
ソファセットをはじめとする家具は、インテリアショップ「クラッシュゲート」のもので統一

適材適所の左官材選びと、創業以来50余年にわたり培った左官技術を駆使し、施主の好みに合わせて塗り上げる―。まさにリクレアならではのこだわりと矜持が詰まった住まいです。

明るいリビング

設計・施工:リクレア クレア工業(株)住宅事業部
仙台市若林区かすみ町24-15
https://recrear.co.jp