優れた住宅性能と洗練されたデザイン性が融合したジョイホームの住まい。寒冷地の冬もエアコン1台で快適に暮らせる高断熱・高気密と首都圏で活躍する建築家集団「USPアーキテクトネットワーク」とコラボレートする「デザイナーズハウス」は、理想の住まいと快適な暮らしをデザインします。

モノトーン2色でまとめてシンプルモダンに演出した、L字形のKさん宅
モノトーン2色でまとめてシンプルモダンに演出した、L字形のKさん宅
玄関を入ると、左手のガラス越しに庭が広がる。廊下を進んでLDKへ
玄関を入ると、左手のガラス越しに庭が広がる。廊下を進んでLDKへ

盛岡市で暮らすKさんご夫妻。子どもが誕生し、それまでの賃貸アパートが手狭になってきたことから家づくりを考え始めました。住宅に詳しい同僚から「こんな会社があるよ」と教えられた工務店が、ジョイホーム。

「ウェブサイトを見たらどれもオシャレで、内外W断熱や樹脂サッシ・トリプルガラスの採用など、寒さ対策もしっかりしていると思いました。モデルハウスに行ってさらに感動して迷わず決めました」とKさんは話します。条件に合う土地を探している間には、10軒近くの見学会に参加し、少しずつ家づくりのイメージを膨らませました。

キッチンからリビングを望む。3方面からの光が空間に表情を与える
キッチンからリビングを望む。3方面からの光が空間に表情を与える
階段踊り場にカウンターとFIX窓を設置してフリースペースに
階段踊り場にカウンターとFIX窓を設置してフリースペースに

ジョイホームの「デザイナーズハウス」は施主と建築家とのフィーリングを大切に、建築家とのマッチングを行っています。設計は複数の建築家との面談を経て、自分たちがいいなと思う家が一番多いと思った建築家に依頼しました。ご夫妻が伝えた要望はスタイリッシュであること、共有スペースを大事にしたいといった大まかなイメージでしたが、提案されたプランは、外観デザインから間取り、インテリアまで、どれもがお二人の思い描く暮らしを叶えるものでした。

奥さんが選んだブルーのタイルが爽やかな印象を与える洗面スペース
奥さんが選んだブルーのタイルが爽やかな印象を与える洗面スペース
空間を引き締めるブラックのタイルでトイレ空間もかっこよく
空間を引き締めるブラックのタイルでトイレ空間もかっこよく

L字形の外観は外部に閉じていますが、中に入ると広がりや開放感に満ちています。勾配天井を活かした吹き抜けのリビングは、3方面にぐるりと配したハイサイドライトから光が降り注ぎ、リビング空間を優しく照らします。

外部に閉じながらも、リビングは開放的な空間を実現している
外部に閉じながらも、リビングは開放的な空間を実現している
リビングから2階を望む。階段下に設けたアールの畳スペースはシャープなリビング空間の和みポイント
リビングから2階を望む。階段下に設けたアールの畳スペースはシャープなリビング空間の和みポイント

収納力にこだわったキッチンは、洗面室へまっすぐ移動できる快適な動線を確保しています。食器棚と冷蔵庫を持ち込むことが決まっていたため、前面のツラを合わせるように設置スペースをつくりました。キッチンや洗面所など、奥さんの好きなブルーでコーディネートしました。

持ち込みの家具に合わせてピッタリ設計したキッチンは収納も十分
持ち込みの家具に合わせてピッタリ設計したキッチンは収納も十分

「階段に座って子どもと窓から岩手山を眺めたり、窓に伝う雨を眺めたりするのが好きです。暮らし始めて気づくことがたくさんあるので、毎日楽しいです」と奥さん。Kさんも、「まだ一番寒い時期を過ごしていませんが、どこにいても暖かいのがいいですね。フローリングも冷たくないのが気に入ってます」と満足のご様子。

住む人と建築家、施工のプロが一緒に創り上げた家は、快適な住み心地と日々の暮らしが楽しくなる空間となりました。

施工:(株)ジョイホーム
盛岡市本宮5丁目16-35「杜の住宅公園みらいえ」ジョイホーム展示場
http://www.my-joyhome.co.jp