室内に入ると空間を2つに分割する広い土間(エントランスルーム)と大きく景色を切り取る窓に迎えられる。正面に緑だけが見える贅沢なロケーション

「家の中が仕事場になるので、いつも自然が視界に入るような空間にしたい」という希望を叶えた家。南面に傾斜した敷地の先に小川が流れる緑豊かな土地で、環境と衝突しないよう平屋が提案されました。小川に面して流れに逆らわず高い位置から開口を設けることで、風の流れもそのまま空間に取り込んでいます。

◎家族構成:夫婦30代
◎構造規模:木造平屋建て・約41坪
◎設計:tsumac design factory建築設計事務所
◎施工:クワザワ工業

リビングから仕事の場である多目的スペースを見る。床レベルを他のスペースより下げた土間が、仕事とプライベートを分ける境界になっている

プライベートな空間を集めた東側。オープンなキッチンを中心に配し生活の中心に
外部には土間とLDKに隣接した小さなテラスが。小川に面したこの場は、これからさまざまな場面で活躍してくれるセカンド・リビングになるだろう

個々の場を扉で完全に分けてしまうのではなく、緩やかにゾーニングを行っているのが「平屋土間の家」の特徴。将来的にも可変可能な設計

寝室とLDKの間仕切りは柔らかく光を透すレースのカーテンで
キッチン横にあるパントリーの奥が寝室。もちろんここからも恵まれた眺めを存分に楽しむことができる
土間を境界に、ゆるやかに室内を区分
プライベートな空間を集めた東側。オープンなキッチンを中心に配し生活の中心に
窓から見える緑が美しいダイニング
土間を境界に、ゆるやかに室内を区分
どんな時も外を眺められる環境を望んだオーナーのために、デスク前にも大きな開口部を設けた。季節の移り変わり、鳥のさえずり、雨の音、常に自然を感じながら過ごせる空間
住まいの後ろには豊かな木々が
シンプルな矩形の一部を切りとったような小さなポーチ入口。南側の開放的な印象とは対照的なデザイン
木々に面して多く開口を設けた南側の外観。恵まれた環境を存分に生かすため、設計はシンプルかつ緻密に行われた