「家の中が仕事場になるので、いつも自然が視界に入るような空間にしたい」という希望を叶えた家。南面に傾斜した敷地の先に小川が流れる緑豊かな土地で、環境と衝突しないよう平屋が提案されました。小川に面して流れに逆らわず高い位置から開口を設けることで、風の流れもそのまま空間に取り込んでいます。

◎家族構成:夫婦30代
◎構造規模:木造平屋建て・約41坪
◎設計:tsumac design factory建築設計事務所