「仕事三昧の私の暮らしから、建築をとったら何が残るだろう。誰かのために料理をし、好きなお酒を選んで、にぎやかに食卓を囲む。そんな空間と時間が、次の仕事に向かう元気の源だと改めて気づきました」と言う、建築家の日野桂子さんの仕事場を兼ねた自邸。延床28坪の空間の中心は、神社山の四季を身近に感じ、友人とゆるやかな時間を共にするかけがえのない場所としてつくりあげたDK。ダイナミックな開口を設けた造作キッチンには、食いしん坊の日野さんらしい細やかな仕掛けも随所に施されています。

◎家族構成:本人40代、スタッフ1人
◎構造規模:RC造(RCラーメン構造+木造)2階建て・約28坪
◎設計:ヒノデザインアソシエイツ