性能重視でパッシブハウスを選択した二世帯住宅。パッシブハウスの基準をクリアするため、高性能な断熱材や複層窓、熱ロスの少ない換気システムなどを駆使しつつ、自然の力も最大限に利用した、設備に頼らない省エネな家を目指しました。性能だけでなく、南面の大開口が居心地の良さを高める2階LDK、ダイニングテーブルやリビングのソファ、一段床を下げたピットリビングなど、多彩なくつろぎの場を提示する住まいです。

◎家族構成/夫婦、子ども2人、母
◎構造規模/木造(在来工法)・2階建て
◎設計・施工/(株)後田工務所

南面の大開口が居心地の良さを高める2階LDK。ダイニングテーブルやリビングのソファ、一段床を下げたピットリビングなど、多彩なくつろぎのスペースを提示

2階リビング。ソファ背面の壁にあしらわれた表情豊かな板材が、上質感の中にインダストリアルな趣を添える

ホールにレイアウトされたお子さんの勉強スペース。奥には主寝室とつながる大空間のウォークインクローゼットが

後田さんご夫妻とお子さん2人が暮らす2階は、造作家具で目隠ししつつも、パッシブハウスの利点を生かして間仕切りのないワンフロアに

金属とレッドシダーのサイディングを組み合わせたスタイリッシュな外観。後田さんはデザイン畑の出身だけあり、内外の意匠センスも申し分ない