「 』(かっことじる)の家」と名付けられたコートハウス。外部への開口を最小限にして外からの視線をコントロールしながら、家中のどの場所からも庭が楽しめるようにつくられています。中庭に面した窓は段差なく外とつながり、室内は閉じても圧迫感なく過ごせるように、居室ごとの間仕切りに光を通す障子を採用するなど、広がりを感じるための工夫が凝らされています。


◎家族構成:夫婦、子ども2人
◎構造規模:木造2階建て
◎設計:高橋岳志建築設計事務所