中庭を囲うように設けられたウッドデッキ

「 』(かっことじる)の家」と名付けられたコートハウス。外部への開口を最小限にして外からの視線をコントロールしながら、家中のどの場所からも庭が楽しめるようにつくられています。中庭に面した窓は段差なく外とつながり、室内は閉じても圧迫感なく過ごせるように、居室ごとの間仕切りに光を通す障子を採用するなど、広がりを感じるための工夫が凝らされています。


◎家族構成:夫婦、子ども2人
◎構造規模:木造2階建て
◎設計:高橋岳志建築設計事務所

デッキ側から室内。中庭に面した窓はすべて大型の掃き出し窓を使用。室内の床と段差なくつながることで、より外部を楽しむ暮らしが可能となっている
成長した木々が小さな中庭を彩り、より豊かな外部空間をつくりだしている

東側の子ども室から中庭を見下ろす。中庭に面した道路は近隣5世帯の共用部分であるため、周辺の環境まで考えてこの庭を設けたという閉じても圧迫感なく過ごせるよう、居室ごとの間仕切りには光を通す障子を採用。開け放すとLDKと和室そしてデッキテラスまで視線が抜け、広がりを感じる造りだ

キッチンからダイニング、中庭まで見通す。庭の植栽は緑を楽しむだけでなく、周辺環境と内部に適度な距離感を与える役割も担っている
ダイニングからリビング方向。和室とダイニング・キッチンに囲まれたリビングは床を1段下げ、よりくつろげる場に仕上げた

どの場所からも庭を楽しめるのが、』の家の特徴。限られた敷地を有効に生かし、可能な限り外部を取り込んでいる。ダイニングは光と風、庭の緑が一番楽しめる場所

寝室や個室などプライベートな居室を配置した2階。廊下からも階下のデッキが見え、外部の様子がそれとなく伝わってくる
コンパクトにまとめられた玄関は、リビング・和室・水まわりそれぞれにつながり、使い勝手の良い生活動線を確保

作品名のとおり、』(かっことじる)の形状になっている北側外観。開口部を最小限にし、外部からの視線をコントロールしている