憧れの土地として移住する家族が多いことで知られる北海道の東川町での家づくり。田んぼに囲まれ十勝岳連峰を望める素晴らしい土地を手に入れたのをきっかけに、エネルギー消費を抑えた高性能な「独立型の2世帯住宅」の家づくりはスタートしました。2階建ての子世帯と平屋の親世帯がL字型に配置され、高断熱・高気密はもちろん、窓もペアガラス×2の4枚ガラスを使用したハイスペックな仕様となっています。

◎家族構成:夫婦30代、子ども1人、母
◎構造規模:木造(新在来工法)・2階建て
◎設計:桜岡設計事務所
◎施工:創樹