陰影の美しい親世帯のダイニング。L字型の窓からは、十勝岳連峰が一望できる

憧れの土地として移住する家族が多いことで知られる北海道の東川町での家づくり。田んぼに囲まれ十勝岳連峰を望める素晴らしい土地を手に入れたのをきっかけに、エネルギー消費を抑えた高性能な「独立型の2世帯住宅」の家づくりはスタートしました。2階建ての子世帯と平屋の親世帯がL字型に配置され、高断熱・高気密はもちろん、窓もペアガラス×2の4枚ガラスを使用したハイスペックな仕様となっています。

◎家族構成:夫婦30代、子ども1人、母
◎構造規模:木造(新在来工法)・2階建て
◎設計:桜岡設計事務所
◎施工:創樹

キッチンからは、リビングやダイニングにいる家族の様子が見渡せると同時に、窓の外に広がる景色も楽しむことができる

キッチンは、手入れのしやすいオールステンレス製のオーダーメイド。リビング側にはナラの一枚板で製作したカウンターを設置
LDKの隣には、3.5帖の客間を配した。普段は、お子さんの遊び場など多目的に活用
リビング・ダイニングの上部には構造材の梁を一部現しにした吹き抜けを設けた。ハイサイド窓からの自然光が白色の塗り壁に反射して、空間を柔らかく、明るく照らす
ハイサイド窓の下に設けたキャットウォークは、窓まわりなどのメンテナンスにも便利
寒い季節も、薪ストーブで家全体が暖か。炉壁も兼ねる階段の側面は札幌軟石で仕上げ、ソフトな印象に
子世帯とは対照的にシックなトーンの内装。外壁と同じ横目透かし張りの緩やかな勾配天井と、グレー色のレンガ壁の組み合わせが、空間に心地よい変化をもたらしている
親世帯と子世帯の住居にはそれぞれ専用の玄関を。外壁は、マツ材横目透かし張りとし、幅の狭い板材を用いることで、建物全体を上質感のある佇まいに仕上げている
爽やかな風が渡る田園風景の中に建つYさんの住まいは、平屋と2階建てをL型に組み合わせた独立型の2世帯住宅