白樺の林の中に佇む姿がしっくりとくる外観デザイン

「自然豊かな場所に暮らしたい」という希望を叶えた白樺の林の中に佇む住まい。半屋外の「ウチ庭」から、玄関、そして階段を中心にリビング、浴室、寝室、ロフトと半階ずつ上がるスキップの各場所にはさまざまな大きさの窓が設えられており、木登りをしながら風景を楽しむような、自然に近い感覚を得られる構成となっています。

◎構造規模/RC造+木造・2階建て
◎家族構成/夫婦40代
◎設計/堀尾浩建築設計事務所 堀尾 浩
◎施工/(株)夏見建設

キッチン脇からリビング方向を見る。森に開けた大窓が心地よい

リビングからダイニング方向を見る。右手のデッキからの眺めもすばらしい

リビングに置かれたソファとボールト天井が絵になる空間

2階フリースペースは瞑想にぴったりの静謐な場となっている

主寝室に伸びる薪ストーブの煙突。1Fリビングから緩やかな天井のカーブを伝い、暖気が上がってくるため、残り火でも十分に暖かいそうだ

ユーティリティからバスルームを見る。借景が贅沢な時間を刻む

1階の踊り場から階段を見る。踏み板越しの抜けや外からの光が空間の透明感や陰影を生む
B1階のウチ庭は、アウトドア帰りの汚れ落としなどがしやすいようRC打ち放しとモルタル造作の洗面が設けられている
玄関へのアプローチ。外玄関扉の表面は和紙に柿渋を塗った仕上げ
階段の踊り場にさりげなく置かれた椅子や壁に掛けられたテキスタイルが、室内空間や周囲の環境によく似合う