幅2.4mと広く取ったリビングの開口部からは明るい光が射し込む。天井にもアクセントとして無垢板を使用

「とにかく暖かい家を」と機能重視のご主人と、北欧インテリア好きでデザイン重視の奥さんが希望を叶えた住まい。リビングの大開口にはトリプルガラスを採用し、家中が同じ温度で快適に過ごせます。シンプルな家事動線も特徴で、冷蔵庫と食料品、日用雑貨の収納庫を近くに配置し、家族みんなの服は1階の約3帖の大クローゼットに集約。快適に過ごすためのさまざま工夫が、家族の暮らしを支えています。

◎家族構成/夫婦●●代、子ども1人
◎構造規模/木造・●階建て
◎設計・施工/(有)赤田工務店 

キッチンの白壁の一部はタイルにしてアクセント。生活感がなるべく出ないよう、リビングからの景色にも配慮した

家族みんなの服は1階の約3帖の大クローゼットに集約。ハンガーにかけて収納し洗濯物を畳む手間も省いた

間仕切りのある玄関は、とっさの来客にも慌てずに済む。シューズクローゼットにはベビーカーも収納
脱衣所から続くランドリールーム。その左がキッチンにつながり家事動線がコンパクトにまとまっている

蹴込み板のない階段奥の空間をワークスペースに。床を一段低くできたのは基礎断熱の家だからこそ

将来2部屋に分割する予定の子ども部屋。ロフトに転用できる梁を利用してブランコをつけたいとSさん
2階の畳コーナーは第2のリビング兼客室であり、将来は子どもの勉強スペースに。床下は大容量収納