昼夜何台もの車が行き交う幹線道路沿いにある、平屋の住まい。「外壁に木を用いること」と「プライバシーを重視した空間」という要望をもとに、敷地をぐるりと黒い木の外壁で囲み、互い違いに配置した3つの中庭が設けられたコートハウスです。外から見ると窓のない家に見えますが、道路からの視線や喧騒をシャットアウトし内部への光をやさしく拡散させる工夫で、のびのびと暮らせる住まいとなっています。

◎家族構成:夫婦、子ども2人
◎構造規模:木造・平屋建て
◎設計:(株)ATELIER O2 大杉 崇
◎施工:(株)藤井工務店