船の舳先をイメージした曲線が南東にあるルーバー壁

青森産のスギ材で仕上げた家の外側を、さらにレッドシダーのルーバーで囲んだ木のぬくもりあふれる個性的な住まい。夏の高い位置からの太陽光は太陽高度から計算された木製ルーバーによって遮られます。さらに外からの視線もルーバーがカット。窓を開けていてもプライバシーを確保したままで爽やかな木の香りがする風が家中を通り抜けます。冬は低い陽射しがルーバー越しにたっぷりと射し込んで室内を温め、省エネルギーで心地よい暖かさに満たされます。


◎家族構成:夫婦30代、子ども1人 
◎構造規模:木造・2階建て
◎設計:松浦一級建築設計事務所
◎施工:(有)松浦建設

中庭に面した吹き抜けの窓から光が射し込む明るいLDK

床から2階天井までの大開口に囲まれるリビング。そのまま中庭にも出られる内外のつながりが特長的
2階の子ども部屋は、間仕切り壁なく吹き抜けとつながり、階下のリビングを見下ろせる
オープンな子ども部屋。必要に応じて、仕切って使用することも可能
家族の暮らしとともに年輪を刻む中庭のシャラの木がこの家のシンボルツリー
プライベート感の高い中庭。ルーバーによって視線は遮り、光と風は採り入れている
個性的な外観。木製ルーバーがブラインドのように住まいを包み、さりげなくプライバシーを確保する