「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2019」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、山形県山形市を拠点に注文住宅を手がける株式会社アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所の渋谷達郎さんです。


山形県南陽市・Tさん宅/夫婦30代
設計/(株)アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所 渋谷 達郎
施工/(株)祥建設

風景が生きる建築をつくる

豊かで厳しい東北の自然環境のなか、「建築」の役割は、単に建物を建てることではなく、その土地や、そこに住む人々の背景をさぐり、その土地らしく、その人らしい暮らしの礎を見いだすことだと考えています。

アーキテクチュアランドスケープは、「風景が生きる建築」「地域のリ・デザイン」に取り組み、暮らしの風景をより豊かにする環境を提案いたします。

緩やかな傾斜のある小高い土地で、敷地の突端側に建物を配置。傾斜側は用水路のある畑が広がっていることから、外からの視線を気にすることなく景観を楽しめるため、リビング・ダイニングの開口部を最大限に確保したプランに
緩やかな傾斜のある小高い土地で、敷地の突端側に建物を配置。傾斜側は用水路のある畑が広がっていることから、外からの視線を気にすることなく景観を楽しめるため、リビング・ダイニングの開口部を最大限に確保したプランに

3棟分が建つほどの広さと盛土によって高低差のある敷地を生かし、山を望める方向に大きく開く配置計画とした
3棟分が建つほどの広さと盛土によって高低差のある敷地を生かし、山を望める方向に大きく開く配置計画とした

風景と均衡する建築

かつて果樹畑として開墾された耕地と山林との境に計画された平屋の住宅です。施主は当初から眺めの良さを強く要望し、いくつかの候補地にも同行。最終的に取得した土地は想定よりも広く高低差は約4m、法面の占める面積も多く、何よりも眺望を優先した結果、土地の突端形状のまま変則六角形の輪郭を落とし込むことで建物の外形は決定されました。

この住宅の間取りは建物の六辺の壁の角度を考え、物理的に覗かれることのないよう眺望の優先度と生活動線を最適化するようプランニングしました。1.5mもの深い庇を持った建屋は、アプローチから見ると内部に高さ4mの吹き抜けがあることを感じさせないほど、低く落ち着きのある佇まいです。これは、積雪荷重2mという多雪地域ならではの厳しい自然環境から、住まい手を守り開放するおおらかな屋根によるもの。

リビング・ダイニングの大開口には地元米沢産の高性能木製サッシを採用し、外皮は壁210㎜、基礎100㎜、屋根300㎜の分厚い断熱材に覆われ、どこにいても暑さ寒さといった熱的ストレスを感じない内部環境を実現しています。

玄関から一直線に伸びるリビング・ダイニングへの動 線は、劇的な眺望を演出する仕掛けにもなっている
玄関から一直線に伸びるリビング・ダイニングへの動線は、劇的な眺望を演出する仕掛けにもなっている

眺望を最大限に確保するため、前面道路から一番奥まった箇所に建物を配置することで、同時にプライバシーも確保した
眺望を最大限に確保するため、前面道路から一番奥まった箇所に建物を配置することで、同時にプライバシーも確保した

洗面とバスルームの先には室内干しができる空間を設け、キッチンを含めた家事動線はコンパクトに
洗面とバスルームの先には室内干しができる空間を設け、キッチンを含めた家事動線はコンパクトに

玄関からの動線上に無駄なく配置された空間構成。左手はプライベートゾーン、手前と右手はオープンな空間としてプランニング
玄関からの動線上に無駄なく配置された空間構成。左手はプライベートゾーン、手前と右手はオープンな空間としてプランニング

外壁は海外製の分厚い透湿防水シートの上に屋久島地スギのすのこ張りで、経年変化も楽しめる仕上げとしている
外壁は海外製の分厚い透湿防水シートの上に屋久島地スギのすのこ張りで、経年変化も楽しめる仕上げとしている

 

 

■建築DATA
構造規模/木造・平屋建て 
延床面積/142.47㎡(約43坪)(ガレージ含む)

株式会社アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所
デザイン住宅実例

〜 桜田の家 〜

高性能木製サッシによる大開口と、経年により美しさが増すウエスタンレッドシダーの外壁が特徴的

高断熱・高気密仕様により実現した高さ5mの吹き抜け。大開口からは、窓の外の風景を存分に楽しめる

〜 gura 〜

石蔵2棟と土蔵1棟を生かしてリノベーションした、まちなかの複合商業施設

石の表情を生かしたレストランは、広場と一体的な利用が可能

〜 西根の家 〜

高性能木製サッシにより実現した、間口5間の大開口と1.2mの深い庇

建築の高性能化により、雪国でも明るく開放的な室内空間に

〜 白鷹の家 〜

美しい風景を切り取るリビングの大開口は、間口3間を無柱空間とした

周辺環境に配慮し、できるだけ高さを抑えた建物外観