「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2019」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、福島県二本松市で注文住宅を手がける株式会社ADXの安齋好太郎さんです。


福島県郡山市・Fさん宅/夫婦40代、子ども1人
設計・施工/(株)ADX(旧 Life style工房) 安齋 好太郎

クライアントの希望を叶えるプラスαの提案力を大切に

家づくりにおいて大切にしているのは、クライアントの生活目線。派手なデザインや演出ではなく、パーソナルスペースへの配慮や自由度の高いプランニングで、その人のライフスタイルに合った住環境をつくることです。住まい手が描く新たな家での暮らしのストーリーを考え、敷地の地形や光の射し方や、風の流れを考慮。さらに、地域の環境や文化、建築に用いる素材も見極めます。先々までを見据えた住宅デザインで、クライアントが望む以上の提案を実践しています。

建物の南面。内部の木質感とは異なる印象。街中の住宅地にあっても、周囲とほどよい距離感を保つ
建物の南面。内部の木質感とは異なる印象。街中の住宅地にあっても、周囲とほどよい距離感を保つ

斬新さと温もりが共存する暮らし

「ワクワクするような家に住みたかった」というご夫妻の思いを形にした住まいです。24坪ほどの狭い敷地のため、3階建てのプランに。1階には玄関ホールと和室など、そして玄関前には車2台分の駐車スペースと駐輪スペースも確保しています。2階にLDKと浴室などの水まわり、3階に家族3人の個室と、大きな1枚ガラスの窓に仕切られたフリースペースを設けました。

それぞれのフロアで、各部屋がまるでパズルを組み合わせるようにつながっているので、その分敷地との隙間にさまざまな大きさや形の自由な空間が生まれました。この空間こそ、植物好きのFさんがプランターや鉢で植物を楽しめる「庭」となりました。

内外壁などさまざまな場所に、日本の森を活性化しようと誕生した、これまでにない独特の木の質感を醸し出す木製ブロック「WOOD.ALC」を用いました。その木の質感と光をたっぷり採り入れる窓、そして全体を覆うアルミ製エキスパンドメタル。この組み合わせが限られた敷地の家に個性を生み、広さと楽しさ、可能性をもたらしています。

玄関前には車2台分の駐車場と駐輪用のスペースも確保している
玄関前には車2台分の駐車場と駐輪用のスペースも確保している
玄関横にも手洗いとトイレを設けた。家族の暮らしに寄り添う工夫の1つ
玄関横にも手洗いとトイレを設けた。家族の暮らしに寄り添う工夫の1つ
落ち着きのある1階の和室。客間として使っているが、いずれは器などを飾ってみたいと奥さん
落ち着きのある1階の和室。客間として使っているが、いずれは器などを飾ってみたいと奥さん
らせん状の階段には、天窓から陽射しがたっぷり注ぐ
らせん状の階段には、天窓から陽射しがたっぷり注ぐ
建物の外側には随所にバルコニーや空間が。光や風をとり込み、家をやわらかく包む
建物の外側には随所にバルコニーや空間が。光や風をとり込み、家をやわらかく包む。内外表しの単純なつくりで、外壁メンテンナスや将来的なプラン変更にも容易に対応できる
リビングからキッチン方向を見る。角度に変化をつけたプランニングが楽しい
リビングからキッチン方向を見る。角度に変化をつけたプランニングが楽しい
2階リビングから洗面・バスルーム方向を見る。ソファは土台を造作し、好みの生地で仕上げた。テレビ台も造り付け
2階リビングから洗面・バスルーム方向を見る。ソファは土台を造作し、好みの生地で仕上げた。テレビ台も造り付け
「WOOD.ALC」が独特の質感をもたらす。このWOOD.ALCによる戸建て住宅は全国でも例がない
「WOOD.ALC」が独特の質感をもたらす。このWOOD.ALCによる戸建て住宅は全国でも例がない
Fさんの寝室。趣味の道具も置き場所を決め、インテリアの一部のように
Fさんの寝室。趣味の道具も置き場所を決め、インテリアの一部のように
3階のフリースペース。寝袋を持ち出し、ここでキャンプ気分を味わうこともあるという
3階のフリースペース。寝袋を持ち出し、ここでキャンプ気分を味わうこともあるという

■建築DATA
構造規模/鉄骨造・3階建て
延床面積/97.57㎡(約29坪)

株式会社ADX
デザイン住宅実例

〜kamome house(リノベーション)〜

リビングからダイニング・キッチンを見る。天井は屋根なりの仕上げとして高さを確保し、色数を抑えた内装によってシンプルで開放感のある空間となっている
リビングからダイニング・キッチンを見る。天井は屋根なりの仕上げとして高さを確保し、色数を抑えた内装によってシンプルで開放感のある空間となっている
Fさんの要望のひとつだった和室。奥さんが好む北欧テイストにも調和するよう、大ぶりの琉球畳や一部にタイルが使われている
Fさんの要望のひとつだった和室。奥さんが好む北欧テイストにも調和するよう、大ぶりの琉球畳や一部にタイルが使われている
和室からダイニング方向を見る。サッシは既製で最大のサイズを選ぶなどコストコントロールも行い、その分をこだわりの内装に充てた
和室からダイニング方向を見る。サッシは既製で最大のサイズを選ぶなどコストコントロールも行い、その分をこだわりの内装に充てた
寝室は仕上げもシンプルで、陽の光が射し込む明るく落ち着いた雰囲気に
寝室は仕上げもシンプルで、陽の光が射し込む明るく落ち着いた雰囲気に
洗面スペースは奥さんたっての希望で横一面の大型鏡面に2つの洗面ボウルを設けた。木とタイルにセンスを感じる爽やかな空間
洗面スペースは奥さんたっての希望で横一面の大型鏡面に2つの洗面ボウルを設けた。木とタイルにセンスを感じる爽やかな空間
玄関まわりは北欧テイストに。造作の収納は下部を空けて、高さのある傘やベビーカーも収納できるよう配慮されている
玄関まわりは北欧テイストに。造作の収納は下部を空けて、高さのある傘やベビーカーも収納できるよう配慮されている
空き家だったが躯体は生かせたため、外観にはほとんど手を入れず、断熱と間取り、内装に重点を置くことでコストバランスをとっている
空き家だったが躯体は生かせたため、外観にはほとんど手を入れず、断熱と間取り、内装に重点を置くことでコストバランスをとっている
ガラスのドアで断熱性の低かった既存の玄関
ガラスのドアで断熱性の低かった既存の玄関
個室とほぼ同じサイズで開放感が足りなかった既存の居間
個室とほぼ同じサイズで開放感が足りなかった既存の居間