南幌ならではの暮らし方を提案

北海道と南幌町、北海道住宅供給公社、日本建築家協会北海道支部、北海道ビルダーズ協会、北海道が推奨する住宅事業者「きた住まいるメンバー」が手を組み、それぞれの専門知識と経験を持ち寄って、南幌らしい暮らしとまちづくりを提案するプロジェクト「南幌町みどり野きた住まいるヴィレッジ」の第2期が、今年8月にスタートします。都市と田園のバランスがほどよい南幌町だからこそ実現できる「クオリティ・ファーストの暮らし」をテーマに掲げ、住宅購入者の募集を行います。

第1期では、6組の建築家&工務店のコラボレーションによるモデルハウスが建設・販売され、既に新しい住まい手の方たちの暮らしが始まっています。南幌町の気候風土やヴィレッジ内の景観、住民同士のコミュニティ創出を目指した配置などを考慮しプランニングされた住宅は、見た目はもちろん「北方型住宅ECO基準以上のハイスペックな住宅性能を確保」「BISやBIS-Eなどの専門技術者による設計と施工」「きた住まいるサポートシステムによる住宅履歴の保管」といった性能・安全面でも高い品質で提供されています。

第1期に建設されたモデルハウス

第1期に建設されたモデルハウスの詳細はこちらのページをご覧ください。「時と共に育つコートハウス」についてはこちらのページをご覧ください。

※「販売中」のモデルハウスの見学、購入については、各事業者へお問い合わせください。


第2期のオーナー募集スタート!

第2期では、建築家と地域工務店のコラボレーション、「クオリティ・ファーストの暮らし」という第1期のコンセプトはそのままに、注文住宅のオーナーを募集します。「クオリティ・ファーストの暮らし」という考え方のもと、ヴィレッジの住宅はゆとりのある配置とし、住宅の周りは庭や菜園として活用することで、周辺の住宅地とは異なる、広い視野と秩序ある街並みを提供しています。また、これらの街並みを維持するためのルールづくりも検討されています。

ヴィレッジの住宅配置

住宅(1棟)の敷地は、上記の点線の範囲を基本とします。ヴィレッジに限り、宅地価格が通常より大幅に減額される優遇措置があります。宅地の販売は、北海道住宅供給公社が行っています。宅地の面積・価格などに関する詳細情報は、公社のサイトをご覧ください。

ヴィレッジの住民になるには、「第1期に建設されたモデルハウスを購入」するか、「第2期のエリアで注文住宅を建設」する2つの方法があります。ヴィレッジに建つ住宅は、北海道が推薦する住宅事業者「きた住まいるメンバー」である建築家と地域工務店がタッグを組んで建設します。

ヴィレッジの「参加メンバー」となる建築家と地域工務店は、日本建築家協会北海道支部と北海道ビルダーズ協会がそれぞれ選定しています。第2期のエリアで注文住宅の建設を希望する場合は、この「参加メンバー」である建築家や地域工務店に相談するところからのスタートとなります。

住宅建設までの基本的な流れ

まずは、「参加メンバー」の中から、ヴィレッジでの家づくりについて相談したい建築家や地域工務店を選びます。

(注1)ヴィレッジで住宅を建てたいけど、家づくりの基本的な流れがわからない、何から始めていいかわからない方は、日本建築家協会北海道支部へご相談ください。

(注2)
1.以下の相談・資料請求フォームに相談内容や必要事項を入力して送信します。
2.相談・資料請求先は、建築家、地域工務店のどちらか一方でも構いません。複数の参加メンバーでもOK。 ※建築家・工務店各々3組まで選択可能
3.後日、参加メンバーから連絡があります。

(注3)必要に応じ、参加メンバーに相談のうえ、第2期のエリアの中から、希望する区画を選びます。現地での確認も重要です。土地の販売は、北海道住宅供給公社が行っています。


きた住まいるメンバーによる安心で高性能なデザイン住宅

ヴィレッジに建つ住宅には、「クオリティ・ファーストの暮らし」というコンセプトに加え、長期優良住宅の認定基準や省エネ基準など国の基準を超える性能基準など一定のルールがあります。北海道で活躍する建築家が創る素敵な空間と、地域のことを考えて家づくりを実践する地域工務店の技術がつくる、高い性能を備えた住宅が手に入るチャンスです。

[ヴィレッジの住宅の性能・品質]
・耐震等級2
・外皮平均熱貫流率(UA値)0.34W/㎡・K以下
・一次エネルギー消費量等級5(BEI=0.8以下)
・断熱・気密の専門資格者による設計と施工
・きた住まいるサポートシステムへの住宅履歴の保管 など

参加メンバー

参加メンバー / 建築家

アトリエmomo

身近な素材を使いながら、こころや環境にできるだけ負荷の少ない設計を心がけています。できた時が完成ではなく、その先の暮らしを楽しむきっかけになるような、長く愛される住まいづくりをお手伝いします。

 

(株)ATELIER O2

光と影の織り成す、ゆったりとした時間を感じるもの。時を刻む時間軸をもった空間。自然と人の接点を意識した場所。このようなことを考え日々設計をしています。
また、出会いは多くを学ばせていただき、それらを空間に盛り込む場ともなります。
建築を通して多くの物事をお話することを大事に考えています。

 

(株)エスエーデザインオフィス

時を経ても輝きを失わない建築をつくりたいと考えています。
暮らしの様式に馴染み、気候風土を理解し、敷地や地域の特徴を活かすことが大切です。
ゆっくりと希望をお聞きし、敷地をよく観察し、納得のゆくまで検討を続けています。

山之内建築研究所

地元の素材を使い、人を感動させる住宅をつくります。

(有)TAC一級建築士事務所

住宅はもっと自由でいい、環境にやさしい住宅を提案いたします。

(株)グリーンライトアソシエイツ

コンセプトづくりやヒアリングにはとことん時間をかけています。
住まい手の想いに寄り添い、プラスαで答えることを常に目指している設計事務所です。

(同)石塚和彦アトリエ

高い品質の住宅を提供するのはもちろんのこと、人が過ごし時を重ねることでいつも新鮮に感じられる空間を、一緒に考え、創りたいのです。
そこに動的な美しさがあるように。

(株)コウド一級建築士事務所

地域の特性や敷地形状、周辺環境を注意深く読み取り、唯一無二の建築を実現します。

米花建築製作所

夫婦で設計事務所を営んでおります。
住む方それぞれのイメージを模型やスケッチを元に数案提案させていただき、一緒にイメージを固めていきます。
是非、世界に一つだけの贅沢な住宅をつくりましょう!!

白田建築事務所

「質」「素」に暮らす。
材料の「質」を見極め「素」材を生かした持続可能な暮らしのデザインを目指します。

 

参加メンバー / 工務店

武部建設(株)

大工の技を生かし、より質の高い家づくりに努めています。

(株)松浦建設

パッシブ換気と次世代レンガ、1メートル断熱のエコットハウス

 

(株)奥野工務店

パッシブ換気+床下暖房の省エネ住宅

(株)キクザワ

高断熱・高気密×デザイン力。進化を続ける工務店です。

晃和住宅(株)

質の良い家とお客様の要望との融合

道内外からの移住にオススメ!南幌町ってどんなところ?

◎札幌からも通勤圏内!
石狩平野のほぼ中央に位置する南幌町は、札幌まで車で35分と、通勤も十分可能な田園都市。都市機能がしっかりしていながら、のどかな風景を同時に楽しむことができる魅力にあふれています。

◎地元の野菜が美味しい!田園都市
夕張山地を望む雄大な平野は、四季折々に多彩な表情を見せながら、味わい深い農産物を生み出しています。名産のキャベツをはじめ、さまざまな農産品や関連加工品が地元で手に入ります。

◎充実の補助制度!土地代半額も
南幌町では、子育て世代のマイホームづくりを応援するため、2020年度までの期間限定で中学生以下の子どもがいる世帯などを対象に、最大200万円の住宅建築費を助成しています。詳しくは、南幌町のホームページで確認してみてくださいね。

◎移住体験住宅で南幌での生活を体験
南幌町では、移住体験事業も行っており、豊かな自然に恵まれた南幌町での生活を体験することができます。原則20歳以上の夫婦とその家族、将来的に南幌町に移住を検討している方を対象としています。まちの実感・体験に併せて住まいづくりに向けての打ち合わせの拠点としても使用できますので、興味のある方は南幌町のホームページで確認してみましょう。


◎南幌町みどり野きた住まいるヴィレッジ
所在地:北海道空知郡南幌町美園4丁目(地図参照)
見学:第1期で販売中の住宅の見学を希望される方は、各住宅事業者へ直接ご連絡をお願いします。

<お問い合わせ>
ヴィレッジでの家づくり全般に関する相談窓口
(公社)日本建築家協会北海道支部
http://www.jia-hok.org/

◎子育て補助金・移住体験に関するお問い合わせ
南幌町まちづくり課 地域振興グループ
Tel.011-378-2121
http://www.town.nanporo.hokkaido.jp/inakakurashi/kentikujyosei/

◎土地の販売・割引制度に関するお問い合わせ
北海道住宅供給公社
Tel.011-281-3712
http://www.lilac.co.jp/hokkaido-jkk/takunavigation/midori/takuchip2.htm

地域工務店に関する相談窓口
(一社)北海道ビルダーズ協会
http://www.do-ba.net/

◎事業全般に関するお問い合わせ
北海道建設部 住宅局 建築指導課 建築企画グループ
Tel.011-204-5577
公式サイト:https://www.kita-smile.jp/kitasmilevillage