7年前、仕事の拠点として仁木町にある中古住宅を入手したAさんは、セルフビルドで家を直し、念願だった薪ストーブを設置。Aさんは薪割りに精を出し、奥さんは畑づくりに夢中になりました。「一昨年、仁木での生活をより充実させたいと新築を思い立ち、古くからの友人だった大平洋建業の佐藤社長に相談しました」と、Aさんは語ります。

黒いガルバリウム鋼板の外壁に切妻屋根、薪ストーブの煙突がモダンな雰囲気の外観。玄関下の扉は、薪小屋への出入り口
黒いガルバリウム鋼板の外壁に切妻屋根、薪ストーブの煙突がモダンな雰囲気の外観。玄関下の扉は、薪小屋への出入り口
フロート施工の造作収納を備えた玄関。ホールにも収納スペースを設けた
フロート施工の造作収納を備えた玄関。ホールにも収納スペースを設けた

果樹園に囲まれた400坪の土地を手に入れたAさんは自ら理想の住まいを図面化し、大平洋建業に託しました。描かれていたのは、1階に間仕切りのないLDK、2階に寝室と水まわりを配したシンプルな間取りでした。「暖房は薪ストーブ1台のみ。旧居で炎のある暮らしがとても気に入っていたので、これは譲れない」と、Aさんは気に入った薪ストーブを取り寄せ、施主支給しました。大平洋建業は、Aさんの希望が最大限に叶うよう、構造や性能などハード面からさまざまな提案、サポートを行いました。

ご夫妻の暮らしの中心となるLDKは開放的なワンルーム仕様。のびやかな空間は、友人の多いご夫妻のもてなしの場にもなる
ご夫妻の暮らしの中心となるLDKは開放的なワンルーム仕様。のびやかな空間は、友人の多いご夫妻のもてなしの場にもなる
旧居から運んだ食器棚もつくり付けのように収まったダイニング。奥の引き戸は壁面収納。大平洋建業の提案で、扉の中に収めた食品庫には、気密を保つドアが採用された
旧居から運んだ食器棚もつくり付けのように収まったダイニング。奥の引き戸は壁面収納。大平洋建業の提案で、扉の中に収めた食品庫には、気密を保つドアが採用された

2019年春、ご夫妻のこれからの田園暮らしの舞台となる新居が完成。1階には、Aさんお気に入りの薪ストーブが据えられ、その暖かさが2階へもまんべんなく行き渡るようにリビング中央に熱の通り道となる階段が設けられました。

210㎏というストーブの荷重に耐えられるように、土間はコンクリートスラブ構造とし、建て方前に設置。薪ストーブには、高気密でも薪がよく燃えるよう外気導入キットを採用した
210㎏というストーブの荷重に耐えられるように、土間はコンクリートスラブ構造とし、建て方前に設置。薪ストーブには、高気密でも薪がよく燃えるよう外気導入キットを採用した
リビングには階段のほか、天井にストーブの熱を2階へ運ぶ穴も設けた。こうした細かい配慮によって、ストーブの熱は家全体にまんべんなく行き渡る
リビングには階段のほか、天井にストーブの熱を2階へ運ぶ穴も設けた。こうした細かい配慮によって、ストーブの熱は家全体にまんべんなく行き渡る

「性能の良し悪しは結露で分かると聞いていましたが、次世代基準の新居は結露することなく、家中が暖かです。大平洋建業は性能へのこだわりがすごいと思っていましたが、住んでみるとなるほど納得です」と、Aさんは大満足のご様子でした。

2階も壁面収納を用いて、空間は可能な限りすっきりとまとめた
2階も壁面収納を用いて、空間は可能な限りすっきりとまとめた
採光窓のある扉の奥には、ボイラーと給湯器も収められている
採光窓のある扉の奥には、ボイラーと給湯器も収められている
天窓を設けた寝室も、大型クローゼットを設置。生活感がにじまぬよう「隠す収納」にこだわった奥さんは、1年がかりで置き家具不要のインテリアプランを練った
天窓を設けた寝室も、大型クローゼットを設置。生活感がにじまぬよう「隠す収納」にこだわった奥さんは、1年がかりで置き家具不要のインテリアプランを練った
回遊式動線を採用した2階の一角には、洗濯物の片付けやアイロンがけに便利なカウンターを備えたフリースペースがある
回遊式動線を採用した2階の一角には、洗濯物の片付けやアイロンがけに便利なカウンターを備えたフリースペースがある