「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、秋田県秋田市を拠点に注文住宅を手がける一級建築士事務所リリーアーキテクツ(株)の高橋理徳子さんです。

働き住まう器の多様性

「都市とは、その通りを歩いているひとりの少年が、いつの日にかなりたいと思うものを感じ取れる場所でなくてはならない」。これは有名な建築家ルイス・カーンの言葉ですが、大人たちが自信を持って働き住まうことのできる器の可能性の広がりを示すこと。建築・住宅の設計の醍醐味はそこにあると考えています。

建築はスケールが大切です。人のスケールに近い空間は個人の個性を豊かに表現し、お散歩するのが楽しい街並みは日々の生活を気持ちの良いものに導いてくれます。地域に潜在する素材や、ものづくりに携わる人々とのコラボレーションを意識して地元を大事にしていきたい。循環型社会に対応する木を使った空間づくりを特に意識しています。

リビング・ダイニングは吹き抜けの大空間。ダイナミックな現しの木が映える
リビング・ダイニングは吹き抜けの大空間。ダイナミックな現しの木が映える(撮影/オジモンカメラ)

外とつながる大屋根の家

Yさんの家は30年ほど前に大規模に造成された郊外の住宅街にあります。敷地は角地ですが南側に隣家があるため、道路に面した北西側に大胆な開口部を取る方向でスタディが始まりました。

Yさんは4人家族の子育て世代。夫婦での家事のシェアはもちろん、子どもたちもお手伝いが楽しくできるよう、キッチンはアイランド型で周りに余裕を持たせ、バックヤードに入りがちなランドリールームもリビング・ダイニングの延長上に配置しました。

建物の北面にL字に配した窓が、外観を軽やかな印象に見せる
建物の北面にL字に配した窓が、外観を軽やかな印象に見せる(撮影/オジモンカメラ)
玄関は壁面を収納として活用。LDKのドアはガラスの引き戸を採用し、開口部からの光を室内に運んでいる
玄関は壁面を収納として活用。LDKのドアはガラスの引き戸を採用し、開口部からの光を室内に運んでいる(撮影/otan-photography)
家族が集うリビング・ダイニングと水まわり、土間デッキが自然につながっている解放的な空間
家族が集うリビング・ダイニングと水まわり、土間デッキが自然につながっている開放的な空間(撮影/otan-photography)
キッチンは、家族みんなで使いやすいアイランド型。モールテックスの素材感が木の空間のアクセントに
キッチンは、家族みんなで使いやすいアイランド型。モールテックスの素材感が木の空間のアクセントに(撮影/オジモンカメラ)
キッチンの並びに配した明るい洗面脱衣室。洗面台はこの家に合わせたオーダーメイド
キッチンの並びに配した明るい洗面脱衣室。洗面台はこの家に合わせたオーダーメイド(撮影/otan-photography)
吹き抜けに面している広々としたロフトは、使い方を限定せず多目的に使えるスペース
吹き抜けに面している広々としたロフトは、使い方を限定せず多目的に使えるスペース(撮影/オジモンカメラ)

西側の開口部が大きい設計ですが、ブラインドやカーテンがなくても快適に暮らせるよう、大屋根の軒先を低く落とし込んで西陽と周辺の住宅からの視線を遮り、囲いながら開くという相反する要素の共存を目指しました。

リビング・ダイニングとつながる土間デッキは、天気の良い日には日曜大工やお絵かき、水遊びなど多目的に使える場に。軒下は柿や大根、魚を干すなど、昔からの食文化を生活に取り込む場としても重宝します。低い軒先には土間からの光がふんわりと反射して優しく穏やかな光が溜まり、この家に詩的な表情を印象深く与えてくれています。

大屋根の軒先を低く落とし込んだ設計で、西陽と周辺の住宅からの視線を遮って囲いながら外へ開いた
大屋根の軒先を低く落とし込んだ設計で、西陽と周辺の住宅からの視線を遮って囲いながら外へ開いた(撮影/オジモンカメラ)
リビング・ダイニングとつながり多目的に使える土間デッキは、家族や近所の人たちとの憩いの場にも
リビング・ダイニングとつながり多目的に使える土間デッキは、家族や近所の人たちとの憩いの場にも(撮影/オジモンカメラ)

■建築DATA
秋田県秋田市・Yさん宅 
家族構成/夫婦30代、子ども2人
構造規模/木造・2階建て
延床面積/106.26㎡(約32坪)

設計/一級建築士事務所リリーアーキテクツ(株) 高橋 理徳子
施工/(株)すずきハウスプラン

▼新刊発売情報▼

\2021/6/16発売!「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」/

東北で活躍する建築家や建築会社によるデザイン性の高い住宅実例集のほか、東北6県で活躍する建築家6組に、大きく変化しつつある「今とこれからの住まい」についてインタビューした巻頭特集や、古いれんが倉庫をリノベーションして生まれ変わった「弘前れんが倉庫美術館」の取材ルポなど、住宅や建築を多面的に捉えたコンテンツで、家づくりの参考になる住宅のデザインを提案。住宅実例も多数掲載!

東北の書店にて発売中!
〈インターネット購入〉Replan webサイト AmazonFujisanマガジン
※インターネット購入・方法についての詳細はこちらからご確認ください

————————————————

★YouTubeで座談会を視聴できます!★
今回は特別企画として、巻頭特集でインタビューした建築家たちによるオンライン座談会を開催。特集で語ったことや建築家として考えていることなど、普段聞けない話が盛りだくさんです!ぜひ併せてご視聴ください。