道路に面した一面はほぼ窓を設けず、外壁は黒いガルバリウム鋼板でスタイリッシュに

ロケーションを引き立たせる黒一色のデザイン

常に新しい発想で、斬新でありながら「暮らしやすさ」も意識した家づくりを続ける国木ハウスの最新モデルハウスが完成しました。

坂道を上った高台に現れたのは、黒い箱のような邸宅です。中に入ると、壁もつや消しの黒一色。1階には寝室や浴室などプライベートエリアをまとめ、リビングは2階に。デザイン性の高い箱階段を上がって目の前に広がるLDKからの景色には、思わず息を飲みます。「この土地を見たら、誰もがこの景色を主役にするでしょう?」と設計の澤田さん。

LDKはロケーションを楽しむことをテーマにした設計。どこからでも外の景色を楽しめるよう全面を窓にし、日射の角度も緻密に計算した光と影のバランスが絶妙です。オープンキッチンのIHクッキングヒーターは壁一面の収納とともにビルトイン。シンクも黒一色で、視線を妨げないよう一体化させました。食事をしながらくつろいで、外の景色を眺めることに特化した空間構成です。

バルコニーの手すりの一部は視線を妨げないよう細いワイヤーに。軒天は木張りにしている
この景色が主役の2階LDK。ダイニングやソファも造作して、景色と一体感の向上を目指した
キッチンからリビングを見る。つや消しの黒壁に天井の木目と窓の外の緑が映える。左の仕切り壁は上部を開けて開放感を出し、圧迫感がないよう工夫されている
キッチンからリビングを見る。つや消しの黒壁に天井の木目と窓の外の緑が映える。左の仕切り壁は上部を開けて開放感を出し、圧迫感がないよう工夫されている
キッチン横には、冷蔵庫や食品のストックができる広いバックヤードを設けて家事効率も考慮

階段を上がった先の窓の景色。外と内をつなぐ抜け感と黒い壁とのコントラストが見事
階段を上がった先の窓の景色。外と内をつなぐ抜け感と黒い壁とのコントラストが見事
トイレと洗面スペースも黒をベースにシックな佇まい。仕切り壁の上を開けているので光が入る
トイレと洗面スペースも黒をベースにシックな佇まい。仕切り壁の上を開けているので光が入る

高級旅館の動線を取り入れ、伝統建築の粋と高級感をプラス

1階は、食事以外はここで完結するプライベート空間。こちらも黒い壁ですが、木を効果的に多用し、温もりのある印象。家具を置かなくても済むように、収納や造作で物の置き場所をしっかりつくり、朝・晩のルーティンを効率的に行える実用的な間取りを採用しています。

今回追求したのは、高級旅館の動線と佇まい。そしてモダンでシックな上質感です。そこには澤田さんが設計のベースとしている日本の伝統建築が息づいています。「今回初めて黒一色の壁にしてみましたが、このつや消しの黒と光のバランスを取るのが、一番難しかったです」と語る澤田さん。その甲斐あって、キリッと引き締まった黒の空間と、開放感のあるロケーションが見事に調和しています。

陰影を計算し尽くした伝統建築の情緒や、落ち着いた品のある高級感。それを現代のセンスにアレンジした最新モデルハウスは必見です。

階段スペースは、壁全面に大開口を設けて外の緑も取り入れることで陰影をつけた
玄関脇に設けた洗面スペースは、間接照明と黒の壁、黒の洗面台でシックにまとめている
玄関脇に設けた洗面スペースは、間接照明と黒の壁、黒の洗面台でシックにまとめている
玄関には庭木の代わりに大型プランターを設置し、シンボルツリーを植え込んでいる
玄関には庭木の代わりに大型プランターを設置し、シンボルツリーを植え込んでいる
浴室もオールブラックでコーディネート。大きめの窓からはプライベートな庭を望むことができる
浴室もオールブラックでコーディネート。大きめの窓からはプライベートな庭を望むことができる
脱衣室は黒の洗面ボウルと木の風合い、鏡でスタイリッシュなデザインに
脱衣室は黒の洗面ボウルと木の風合い、鏡でスタイリッシュなデザインに
寝室の隣に設けた書斎。広いカウンターとたっぷりの書棚でこもり感があり集中できる
寝室は木を多めに使ったくつろぎ空間。ベッド部分は台座をつくりマットレスでも布団でもOKな仕様
寝室は木を多めに使ったくつろぎ空間。ベッド部分は台座をつくりマットレスでも布団でもOKな仕様
2方向から通り抜けできる回遊式のウォークインクローゼットは2.5帖。棚はすべて造作
2方向から通り抜けできる回遊式のウォークインクローゼットは2.5帖。棚はすべて造作

株式会社ジェイウッド KUNIMOKU HOUSE事業部
モデルハウス「FUTAGOYAMA-MODEL HOUSE」
札幌市中央区双子山2丁目6-3
TEL/011-812-5051
営業時間/完全予約制
https://kunimoku-house.co.jp