子どもの幼稚園入園前に家を建てたいと考えていたMさんご夫妻。選んだのは、自然素材を使った家づくりに以前から好感を抱いていたという増子建築工業、中でも同社初の規格住宅となる「築プレーン」でした。外側は決められた規格で高性能な「箱」をつくってコストを抑え、内側はスケルトン・インフィル構造により自由自在かつ可変性のある間取りが実現可能と、住む側のメリットも大きいこの規格住宅。間取りへのこだわりが強かったMさんにとってまさに最適だったと言います。Mさんがパソコンを使ってレイアウトを考えたという室内には、機能性と心地よさが同居しています。

リビングからキッチン方向を望む。パントリー含め、ダイニング・キッチンまわりにも収納が豊富だ
リビングからキッチン方向を望む。パントリー含め、ダイニング・キッチンまわりにも収納が豊富だ
3方向から出入りできるLDK。回遊動線を採用することで、暮らしやすい空間を創出している
3方向から出入りできるLDK。回遊動線を採用することで、暮らしやすい空間を創出している

広々としたLDKを中心に、無駄な動きを省ける回遊動線を導入。リビングには憧れの吹き抜けを設け、明るさと開放感を演出しました。シューズクローク、パントリー、各個室のクローゼットなど収納も豊富です。特筆すべきは3帖超の家族用ウォークインクローゼット。帰宅後、ここで着替えを済ませてからLDKへ、という動線を思い描き、配置場所や使い勝手まで考慮されています。

右手は家族用のウォークインクローゼット。左手が洗面脱衣室。クローゼットで脱いだ衣類はすぐに洗濯機の中へ
右手は家族用のウォークインクローゼット。左手が洗面脱衣室。クローゼットで脱いだ衣類はすぐに洗濯機の中へ
玄関からの眺め。キッチンへ続く一直線の動線が日々の買い物帰りの負担を軽減してくれる
玄関からの眺め。キッチンへ続く一直線の動線が日々の買い物帰りの負担を軽減してくれる
十分な広さを備えた洗面脱衣室。リビングと行き来できるようにしたので使い勝手がよく、大正解だったそう
十分な広さを備えた洗面脱衣室。リビングと行き来できるようにしたので使い勝手がよく、大正解だったそう

増子建築工業ならではの素材感も魅力です。浮造り加工を施したスギ無垢の床、珪藻土の塗り壁、スギの大黒柱と、自然素材を惜しげもなく使い、構造躯体には墨付け・手刻みという大工職人の技を注ぎ込みました。断熱材には同社標準仕様の天然健康素材・セルロースファイバーを採用。見えない部分にも手を抜かない同社の信念がうかがえます。

リビングの窓はそこまで大きくはないが、吹き抜けと高窓から十二分に陽射しが降り注ぐ
リビングの窓はそこまで大きくはないが、吹き抜けと高窓から十二分に陽射しが降り注ぐ
陽当たりのいい2階ホールに物干しを設置。アイアン素材がおしゃれな印象を引き立てる
陽当たりのいい2階ホールに物干しを設置。アイアン素材がおしゃれな印象を引き立てる

明るい陽射しが射し込む2階ホール。中央をこの家の顔ともいえる大黒柱が貫く
明るい陽射しが射し込む2階ホール。中央をこの家の顔ともいえる大黒柱が貫く
無垢の床と珪藻土の壁に囲まれた寝室。右手にはたっぷり収納できるクローゼットがある
無垢の床と珪藻土の壁に囲まれた寝室。右手にはたっぷり収納できるクローゼットがある

「エアコン1台で一年中快適。光熱費も前の社宅時代の半分になりました」とMさん。奥さんも「動線や収納のおかげで家事がしやすいです」と笑顔を見せます。性能、間取り、デザイン、価格、すべての面で大満足のご様子でした。

「築プレーン」の特徴であるシンプルな箱型の外観。黒いガルバリウムの壁がスタイリッシュ
「築プレーン」の特徴であるシンプルな箱型の外観。黒いガルバリウムの壁がスタイリッシュ