札幌市のKさんご家族のダイニングチェアとして活躍している椅子たち。自宅の設計をお願いした建築家・ヨシダ オサムさんから家の雰囲気と合うとのことで、デザイナー・小泉 誠さんの家具をすすめられました。東京のこいずみ道具店や旭川デザインセンターまで足を運んで実物を見て選んだのが、この3点。

Kさんが座る「R+R counter chair」は、脚をカットして高さを調節しているのでぴったりはまっています。木の種類と張地が選べて、ダイニングテーブルと合うアッシュ材にしました。段差のあるKさん宅の構造に合わせて、床が高いキッチン奥側には脚が低めの「amembo stool」を選びました。座面が広く座り心地もいいといいます。お子さんには、成長に合わせて高さを調整できる「大切プロジェクト Chair」を用意。高さへのこだわりが垣間見えるKさん宅の椅子たちです。

R+R counter chair 他(こいずみ道具店)
http://www.koizumi-studio.jp