「35stock」は、長年にわたり地域に根ざした家づくりを行ってきた三五工務店が運営する雑炊カフェ。住宅と同じように、空間も提供する料理やスイーツも北海道の素材にこだわり、健康的で本物・本質であることを追求しています。

内装や家具に多く使われているのは、道産カラマツや下川町のナラやタモ、カバなど、注文住宅にも使われる無垢材。インダストリアルな合成素材は使わずに「木・鉄・石」などの自然素材を活かした空間は、ついつい長居してしまいそうな寛ぎを提供してくれます。

木の空間を引き立てるインテリアは、品質の高い国内ブランドの家具や雑貨、そして珍しい多肉植物のグリーン。2階は住宅のように靴を脱いでくつろぐスペースに。片隅に置かれたテントや動物たちのコーナーは子どもに大人気で、子ども連れのお客さんでいつも賑わっています。

カフェの主力メニューは「雑炊」。創業60周年を迎えた工務店として、メニューを考えた時に浮かんだのは、ほっとひと息つけるお米の料理。日本人に馴染深い家庭料理をカフェ風にアレンジし、じっくりとった出汁で炊き上げた雑炊は、鋳物の小鍋で提供されます。

三五工務店の地産地消と地域貢献の心が、新たな形となって生まれたカフェ。35stockには、上質へのこだわりと素敵な暮らしのヒントが詰まっています。

→「35stock」へのアクセス

Idea.1 素材づかい

壁や床、造作の家具をはじめ、内部に使われているのは「木・鉄・石」でできたものたち。自社で手がける注文住宅で使用する、質の高い道産木材を使い、家と同様に安心できて心地よい手触りや風合い、本物の質感を大切にしています。そこにカフェならではの鉄や石の風合いを組み合わせて、デザイン性の高い空間に仕上げています。家もカフェも、そこにいる人に安心して過ごしてもらえる心地よい空間であることがコンセプトなのです。

Idea.2 インテリア

家具や雑貨も、信頼性と品質の高い国内ブランドのものをメインに揃えています。また食器類も雑炊を提供する鋳物鍋「ストウブ」や、デザートプレートなど、職人の手仕事を感じるものばかり。そして室内に緑を添える観葉植物には、北海道では珍しいコーデックス(塊根植物)や、サボテンやユーフォルビア系など多肉植物をメインに。ユニークな姿の植物たちは、いつものグリーンアレンジにひと味違った印象を加えてくれます。

Idea.3 子どもと共にくつろぐ

2階のスペースは、住宅のように靴を脱いで上がるフロアです。無垢の床が心地よい空間には、広いテーブルやソファが置かれています。その一角に設けられたキッズスペースには小さなテントや動物コーナー、木製おもちゃも。無垢の床なので、小さな子が安心して寝転んだり這ったりできます。家で過ごすと同様に、カフェでも子どもと一緒にくつろげる。そんな気配りは子育て世代の家づくりで培ったノウハウです。

 

おすすめMENU

雑炊

3種類の出汁にそれぞれ3種類の具材で合計9種類が揃う雑炊は、王道の和風から斬新な洋風までバラエティ豊か。

スイーツ

枡とプレートにフォトジェニックに盛り付ける和のサンデーが4種類。季節のサンデーも見逃せない。

 

35stock

所在地:北海道札幌市北区北35条西8丁目1-2
URL:http://35-design.com/cafe
営業時間:11:00 – 21:00(LAST ORDER 20:30
定休日:
不定休
アクセス:
地下鉄南北線「北34条駅」より徒歩10分