「ちょっと、見学会行ってみようかな」。家を建てたいと考えて3年ほど。いろんな住宅会社の見学会に参加し、家を吟味してきたFさんご夫妻。「住宅工房そらの見学会も軽い気持ちで参加してみたのですが、とってもしっくりきました」とFさんは話します。小学校に上がる長女のために「長く住む家を建てたい」と決心したタイミングも重なって、住宅工房そらとともに、新たな住まいを構えることになりました。

子供室

Fさん宅は、つながりのある家。1階のリビングとダイニング、キッチンはゆるやかなつながりに。当初の計画では、横長LDKのプランでしたが、「リビングとダイニングを分けたい」というご夫妻の要望で、木製のパーティションを立て、ゆるやかにつながる空間に変更しました。「あまり細かく言わなくても、言えばすぐいい感じに反映してくれました」とFさん。

リビングとダイニングの間に木製パーティションを立てて、つながりの感じられる空間に
リビングとダイニングの間に木製パーティションを立てて、つながりの感じられる空間に
奥のリビングとダイニング・キッチンがゆるやかにつながった間取り
奥のリビングとダイニング・キッチンがゆるやかにつながった間取り
Fさん念願の木製ダイニングテーブル。白い照明は、北欧デンマークのルイスポールセンのもの
Fさん念願の木製ダイニングテーブル。白い照明は、北欧デンマークのルイスポールセンのもの

「お風呂場と洗面所、洗濯が一連の流れでできるのも嬉しいです」と、使い勝手の面でも奥さんは大満足。

浴室の壁面や脱衣所にも木をふんだんに。ふとした時に、木のぬくもりや落ち着きを感じられる
浴室の壁面や脱衣所にも木をふんだんに。ふとした時に、木のぬくもりや落ち着きを感じられる
キッチン裏の食品庫。家族4人分の食べ物を十分にストックできる
キッチン裏の食品庫。家族4人分の食べ物を十分にストックできる
室内干しができるランドリースペースからは、勝手口、食品庫、キッチンへとつながる
室内干しができるランドリースペースからは、勝手口、食品庫、キッチンへとつながる

2階の子ども部屋も、扉を設けず、コミュニケーションしやすい間取りになっています。「夜、怖くて眠れない娘も、同じ空間にお兄ちゃんがいると安心」と話します。

階段側の壁にも目線に合わせた窓を設けて開放感を演出
階段側の壁にも目線に合わせた窓を設けて開放感を演出
子ども部屋は、成長に応じて区切ることも可能
子ども部屋は、成長に応じて区切ることも可能
子ども部屋からハシゴで上がる屋根裏部屋。陽射しと木に包まれた広くて気持ちいい空間
子ども部屋からハシゴで上がる屋根裏部屋。陽射しと木に包まれた広くて気持ちいい空間

玄関を出るとそのままガレージにつながり、雨の日も晴れの日も、気持ちよくでかけることができます。リビングと縁側は、窓を開けると内と外がひとつながりに。木々が風に揺れる縁側は、Fさんの喫煙スペースであり、奥さんの金魚たちの住処。子どもたちには「ポロポロこぼれるお菓子は、ここで食べてもらっています」。

家族が自由に過ごせる縁側。窓を開けると、リビングと縁側がひとつながりに。庭にはモミジや落葉樹を取り入れて、木々が風になびくような自然な雰囲気を演出した
家族が自由に過ごせる縁側。窓を開けると、リビングと縁側がひとつながりに。庭にはモミジや落葉樹を取り入れて、木々が風になびくような自然な雰囲気を演出した
ウッドデッキ
金魚鉢

一番のお気に入りは、住宅工房そらのおすすめで採用したナラフローリング。裸足で歩くと気持ちいいと家族みんなに好評です。ほかにも、新築を進めるにあたり、さまざまな提案があったといいます。

リビングを中心にそれぞれの空間がつながり、家族がコミュニケーションしやすい間取りに
リビングを中心にそれぞれの空間がつながり、家族がコミュニケーションしやすい間取りに
小上がりの和室は障子から光が入り、窓を開けると縁側へつながる
小上がりの和室は障子から光が入り、窓を開けると縁側へつながる
左側にシューズクロークを設け、スッキリとした印象の玄関
左側にシューズクロークを設け、スッキリとした印象の玄関

「設計の方が直接、最初から最後まで関わってくれて、私たちの考えや趣味をダイレクトに伝えられたのがよかったです。予算内で要望をくみつつ工夫してくれたのも助かりました」と奥さん。その言葉から、住宅工房そらとのいい関係性が窺えました。

リビング間仕切り

設計・施工:住宅工房そら(田中建設工業(株))
郡山市喜久田町字前北原53-127
http://www.sora-kobo.jp