すぐ近くに緑地帯があり、駅からも車で5分の利便性のよいエリアに、奥さんの実家の土地があることから、持ち家を考えたGさんご夫妻。夫婦ふたりが末長く暮らせる大人な雰囲気の平屋建てを思い描き、モデルハウスなどを見て歩きました。

道南スギと玄関まわりの石を組み合わせ洗練されたフォルムの平屋建て
道南スギと玄関まわりの石を組み合わせ洗練されたフォルムの平屋建て
玄関のエントランスには目隠し用の壁も。石を張った壁とダークグレーの扉がスタイリッシュ
玄関のエントランスには目隠し用の壁も。石を張った壁とダークグレーの扉がスタイリッシュ

断熱や換気などのスペックやランニングコストなど性能を重視し、家のイメージも固まっていたことから、早速要望を伝えるものの、予算面や施工面で難色を示されることが多かったそう。特にGさんの要望を予算内で平屋に収める難しさがネックとなりました。そんな中、知人から紹介されたのがアクト建築工房です。「もう平屋は諦めようかと思っていたところだったんですが、澤田さんが大丈夫と言ってくれたので道が開けました」と奥さん。

玄関からまっすぐ伸びる廊下は肌触りのよいナラの無垢フローリング
玄関からまっすぐ伸びる廊下は肌触りのよいナラの無垢フローリング
玄関と廊下の裏側には広い土間とシューズクローゼット。洗濯機と収納棚をひとまとめに
玄関と廊下の裏側には広い土間とシューズクローゼット。洗濯機と収納棚をひとまとめに

土地は三方を家に囲まれた住宅密集地。平屋で十分なスペースを確保するため、母屋と物置で中庭を囲むコの字型のプランとなりました。隣家が迫っているので、リビングへの採光は物置の壁を白く塗って反射光で明るさを確保。リビングを吹き抜けにすることで天井を高くして窓を設け、そちらからも光が入るようにして、結果的に柔らかな光で満たされました。

中庭を囲むようにコの字に物置と和室とリビングを配置。高い天井と窓が開放的だ
中庭を囲むようにコの字に物置と和室とリビングを配置。高い天井と窓が開放的だ
造作したダイニングテーブルとデザインが異なる椅子、フロアライトが存在感抜群
造作したダイニングテーブルとデザインが異なる椅子、フロアライトが存在感抜群

性能面や平屋建てを重視する代わりに、デザイン性は妥協しようと思ったGさんですが、それも澤田さんの手腕により、スタイリッシュで大人ラグジュアリーな空間を実現しました。メインで使う素材は、木と石とステンレス。壁の色などは品のよいグレイッシュカラー。目に見えるところは妥協せず、上質の素材でデザイン性の高い仕上がりにしています。

隣家が接するリビングはあえて窓を高めに設け、光を取り入れながらも目線はカバー
隣家が接するリビングはあえて窓を高めに設け、光を取り入れながらも目線はカバー

またAVボードやダイニング、ベッドや収納棚も造作。素材に統一感を持たせ、隙のないバランスです。グレードの高い落ち着いた大人の空間をつくり上げました。「澤田さんになんとなくこんなイメージでと伝えると、私たちが思いつかないような想像以上の提案をしてくれるんです」と奥さんも大喜び。特に石とステンレスで存在感抜群のキッチンはお気に入りです。

重厚な石とステンレス天板、木を組み合わせたキッチンはグレード感のある雰囲気
重厚な石とステンレス天板、木を組み合わせたキッチンはグレード感のある雰囲気

現在奥さんは里帰り出産中、ご主人は単身赴任中なので、家具や荷物を運び入れ、新居を少しずつ整えている最中です。家を建てることになってから、インテリアにこだわるようになったというご主人は「いいものを長く使う」をモットーに、目利きぶりにも拍車がかかります。

左手がお子さんの部屋になるスペースで、奥にご夫妻の寝室が配置されている
左手がお子さんの部屋になるスペースで、奥にご夫妻の寝室が配置されている

夜は間接照明でバーのような雰囲気になるリビングでゆっくりお酒を飲んだり、中庭ではバーベキューをしたりと、この家でやりたいことが増える一方です。完成した家での3人家族の暮らしはもう少し先ですが、さぞ待ち遠しいことでしょう。

撮影風景

設計・施工:アクト建築工房(株)
http://www.actkk.co.jp