いごこちの科学 NEXT ハウス

さらなる省エネ・省CO2が住宅の重要なテーマとなる寒冷地。 本企画は、独自の視点から住宅性能研究の最前線を開いている、東京大学の気鋭の研究者・前真之准教授に、「いごこちの科学」をテーマに、住まいの快適性能について解き明かしていただきます。 シーズン1に続く第2弾として2015年からは、それまでの連載の発展形「いごこちの科学 NEXT ハウス」としてリニューアル。
「北海道・寒冷地の住宅実例から考える室内環境について」をテーマに、断熱、開口部、蓄熱など、さまざまな視点から 寒冷地における室内環境の改善ポイントを解説しています。東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻・准教授 前 真之 (まえ・まさゆき)

東京大学大学院工学系研究科
建築学専攻・准教授
前 真之 (まえ・まさゆき)

この連載では、ゼロエネルギー住宅(ZEH)など最近の話題を通して、エネルギー消費について何度か触れてきました。健康・快適な暮らしを末永く実現していくためには、地域の生活全体の省エネルギー化・ゼロエネルギー化が欠かせません。最近公開された最新の調査結果をもとに、住宅のエネルギー消費とコストについて、今一度考えてみましょう。

日本ではじめてのエネルギー調査?

効果的な省エネを行っていくためには、住宅におけるエネルギー消費の実態を正確に把握することが大事です。アメリカやヨーロッパでは、国や州でエネルギー消費実態の調査が継続的に行われています。

一方で日本においては、エネルギー消費の調査そのものがあまり行われてきませんでした。従来のエネルギー統計のほとんどは、電力会社やガス会社が供給しているエネルギーの総量をもとに、家計調査による光熱費の情報をかけあわせて、おおよその値を推定してきたというのが実情です。

今回環境省により、「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査」が実施されました(図1)。インターネットモニターと調査員による調査から、2014年10月〜2015年9月の期間のエネルギー消費や光熱費を詳細に把握しました。太陽光発電や自動車のエネルギーを扱っていることも大きな特徴です。暖冷房や給湯の使い方・省エネ行動の実施についても調査されています。実質的に、日本ではじめての大規模エネルギー調査といえるでしょう。

いごこちの科学WEB14_img01
図1 今回の内容は、環境省が行った「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査」のデータを基にしています。詳細に興味のある人は、http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg/kateitokei.htmlに調査の概要が掲載されています。e-Statのリンクからは、より詳細なデータを見ることも可能です。

調査結果はインターネットで公開されているので、詳細に興味のある人はぜひ見てみてください。調査のタイトルのとおり、温暖化防止のためにCO2排出量の分析がメインになっています。

今回はこの調査結果の中から、どの用途にどれだけエネルギーが使われているか、そして生活に直結する光熱費がいくらになっているのか。この「エネルギー」と「お金」の数字を主に見ていくことにしましょう。

1次エネルギーと2次エネルギーの違いをもう一度おさらい

はじめにエネルギーの表し方について、1次と2次の違いを整理しておきましょう。簡単にいうと、素の燃料の状態を「1次エネルギー」、下ごしらえされて住宅に供給されたエネルギーを「2次エネルギー」と呼びます。ガスや石油では、1次エネルギーと2次エネルギーは同じとされています。

電気については、1次エネルギーよりも2次エネルギーは小さくなります。発電所で燃やされた燃料の1次エネルギーのうち、電気として2次エネルギーに変わるのは一部だからです。日本では燃料1次エネルギーの37%が電気2次エネルギーになるといわれています。

省エネ基準やゼロエネルギー住宅で計算する際は、すべて1次エネルギー換算で扱うのが一般的になっています。一方で今回の環境省調査も含め、調査の多くは2次エネルギーになっています。そのため今回のエネルギー値は、電力部分のエネルギー消費が小さめに評価されていることに注意が必要です。

この2次エネルギー消費量について、住宅種別・地域別の用途内訳を図2に示しました。値は全て、1住戸が1年間に消費する2次エネルギー(GJ:ギガジュール)です。この図から、どのようなことが分かるのでしょうか?

図2 熱バランスPMVから不満者率PPDを推定する
図2 用途別の2次エネルギー消費量
用途別では、給湯と照明・家電がトップ2であること、暖房は寒冷地の戸建では大きいものの、温暖地や集合住宅ではあまり大きくありません。効果的な省エネをするには、まずは給湯と照明・家電の対策が肝心です。また集合に比べて戸建のエネルギー消費の大きさが気になります。集合から戸建に移る際には、省エネの徹底を心掛けたいものです。

どの用途がエネルギーを使っている?

まずは、暖冷房や給湯、照明・家電といった用途別に見てみましょう。戸建住宅の全国平均でみると、暖房12.3GJ、冷房0.7GJ、給湯13.3GJ、コンロ2.2GJ、照明・家電13.0GJとなっており、給湯と照明・家電が「2トップ」であることが分かります。この2用途は、集合でも、給湯9.1GJ、照明・家電7.8GJと大きな割合を占めています。

3番手の暖房は、北海道や東北・北陸などの寒冷地の戸建ではさすがに断トツでトップなのですが、その他の地域ではあまり大きくありません。特に集合では全国平均で4.4GJと、戸建の3分の1程度とかなり小さくなっています。

節電において重視されることが多い冷房については、全国平均で戸建0.7GJ、集合0.5GJとなっており、非常に小さい値にとどまっています。従来から言われてきたとおり効果的な省エネのためには、まず「給湯」と「照明・家電」の対策をしっかりすることが肝心なのです。

次のページ 戸建のエネルギー消費は集合の2倍