「できない」という言葉は持たず、
「できる方法」を見つけ出すのが
私たちが目指す家づくりです

20代半ばからフリーの大工(一人親方)として十勝の家づくりにかかわってきた清水英貴さん。働いていた現場で、契約にはないからと施工会社に要望を断られるお客様の姿を、何度も目の当たりにしてきました。「一生に一度の大切な家づくりなのに、どうしてお客様にとって良いことを優先できないんだろう。“できない”という言葉を聞くたびに思っていました」。

そして、清水さんは「さまざまな経験を生かし、より満足感のある家づくりをしたい」と、一念発起して2級建築士の資格を取得。2016年1月に理想の家づくりを実現するため、自らプラスワイドを設立。現在、7名のスタッフ、自社大工と共に家づくりを行っています。

「最初にお客様がしたいことをすべてうかがって、一緒に実現できる方法を考えます。お客様とイメージを一緒に膨らませて形にしていくのが家づくりの楽しさだと、現場を離れて学びました」。そうした思いから、1棟ごとに白紙の状態から庭や外構、物置なども含めてデザイン。既製でないものは造作でプランを考え、既に希望する照明や家具がある場合は、それらが引き立つ内装プランを提案しています。

「一貫して変えないのは、住宅性能の追求。十勝は年間の寒暖差が大きく、性能の優劣がダイレクトに住み心地に反映しますから」。プラスワイドの住まいは、断熱性と耐久性に優れた2×6(ツーバイシックス)工法が基本です。付加断熱を採用した高断熱・高気密の住まいは、国の省エネ基準を上回る断熱性能を実現しました。

清水さんの過去の経験の中から一番優れていると実感しているのが枠組壁工法。十勝ならではの気候や風土にマッチしていると考え、それを経験豊富な自社大工が施工している
清水さんの過去の経験の中から一番優れていると実感しているのが枠組壁工法。十勝ならではの気候や風土にマッチしていると考え、それを経験豊富な自社大工が施工している

また、十勝の日照率の高さを生かし、室内に陽射しを多くとり込む開口レイアウトを心がけ、高性能サッシを積極的に採用することで、経済性をさらにアップさせました。「2019年11月、最高スペックの住宅性能を実現したモデルハウスをオープンする予定です。十勝の厳しい冬にこそ、その真価を体感していただけると思います」。

プラスワイドの家は、高断熱・高気密を徹底している。しっかりと隙間なく充填されてこそ、性能を発揮できるものですので一切妥協することなく施工している
プラスワイドの家は、高断熱・高気密を徹底している。しっかりと隙間なく充填されてこそ性能を発揮できるものなので一切妥協することなく施工している
窓ガラスはトリプルサッシを積極的に採用
窓ガラスはトリプルサッシを積極的に採用。立地に合わせて窓の配置や大きさを検討し、「日射」を上手にとり入れることで省エネ効果を最大限活用、暖房費の削減にもつながるようにしている

誇らしげに語る清水さんは、家にも仕事を持ち帰って墨付けに励む大工の父の姿を見、木の香りの中で育ちました。その背中を追うように、清水さんは在来軸組工法を手掛けていた父の勤め先へ弟子入り。在来工法のイロハを学び、独り立ち。「十勝は2×4(ツーバイフォー)工法が主流なので、在来とツーバイフォー両方を手掛ける大工は珍しいんです。この両方の良いところを活かしながら、お客様により満足していただける家をつくっていきたいですね」と話します。

プラスワイドとの楽しい家づくり
音更町・Iさん宅

玄関ポーチで家づくりの思い出を語り合うプラスワイドの清水さん(左端)とIさんご夫妻、インテリア担当スタッフの牧野伸子さん
玄関ポーチで家づくりの思い出を語り合うプラスワイドの清水さん(左端)とIさんご夫妻、インテリア担当スタッフの牧野伸子さん
ご家族の住まい(右)と奥さんが経営する美容室(左)。ご夫妻好みのナチュラルでモダンなデザインで外観に統一感をもたせた
ご家族の住まい(右)と奥さんが経営する美容室(左)。ご夫妻好みのナチュラルでモダンなデザインで外観に統一感をもたせた
この春、16年勤務した美容室から独立開業した奥さんのサロンには、長年温めてきた夢と希望が反映されている
この春、16年勤務した美容室から独立開業した奥さんのサロンには、長年温めてきた夢と希望が反映されている
ポーチ側に設けた窓から外光が入り込む明るい玄関ホール。玄関まわりをいつでもすっきりと保てるよう、容量たっぷりのシューズクロークを土間続きに設けた
ポーチ側に設けた窓から外光が入り込む明るい玄関ホール。玄関まわりをいつでもすっきりと保てるよう、容量たっぷりのシューズクロークを土間続きに設けた
大きな吹き抜けと採光窓を設けた明るく広々としたリビングは、Iさんの希望どおり。「2階とのつながりも感じられ、陽射しの暖かさが伝わるリビングはお気に入りの居場所になりました」とIさん
大きな吹き抜けと採光窓を設けた明るく広々としたリビングは、Iさんの希望どおり。「2階とのつながりも感じられ、陽射しの暖かさが伝わるリビングはお気に入りの居場所になりました」とIさん
高断熱・高気密の住まいは、南側に採光に優れた大開口を設けることで、冬は最小限の暖房で暖かく過ごせる。夏の陽射しを遮るカーテンも備え、朝の涼しいうちに遮光することで快適な室温がそのまま保たれる
高断熱・高気密の住まいは、南側に採光に優れた大開口を設けることで、冬は最小限の暖房で暖かく過ごせる。夏の陽射しを遮るカーテンも備え、朝の涼しいうちに遮光することで快適な室温がそのまま保たれる
高い吹き抜けが心地よいリビング。新居の暖房は、テレビ台横のFF式灯油ストーブ1台のみ。「最初に提案されたときは半信半疑でした。でも、3月に引っ越してから天気のいい日は暑いくらいで、改めてプラスワイドの家の性能の良さを実感しました」とIさん
高い吹き抜けが心地よいリビング。新居の暖房は、テレビ台横のFF式灯油ストーブ1台のみ。「最初に提案されたときは半信半疑でした。でも、3月に引っ越してから天気のいい日は暑いくらいで、改めてプラスワイドの家の性能の良さを実感しました」とIさん
リビングの吹き抜けに沿ってブリッジ状に伸びる階段ホール。突き当たりは、ウォークインクローゼットを備えた主寝室
リビングの吹き抜けに沿ってブリッジ状に伸びる階段ホール。突き当たりは、ウォークインクローゼットを備えた主寝室
ご夫妻の希望どおり、ヨーロピアンアッシュの無垢フローリングと天然石塗り壁を採用したLDKは、アイアンの黒をアクセントに。リビングの一角に設けた和室も琉球畳と板畳を採用し、モダンに仕上げた
ご夫妻の希望どおり、ヨーロピアンアッシュの無垢フローリングと天然石塗り壁を採用したLDKは、アイアンの黒をアクセントに。リビングの一角に設けた和室も琉球畳と板畳を採用し、モダンに仕上げた
キッチンとつながるダイニングには、奥さん念願のフタガミの真ちゅう製ペンダントライトを採用。造作のキッチンと収納も、このペンダントライトの雰囲気に合わせてデザインした
キッチンとつながるダイニングには、奥さん念願のフタガミの真ちゅう製ペンダントライトを採用。造作のキッチンと収納も、このペンダントライトの雰囲気に合わせてデザインした
容量たっぷりの背面収納を備えた造作キッチン。カバの集成材や突き板を用い、すっきりシンプルに仕上げた。床はメンテナンスがしやすいクッションフロアを採用。リビング・ダイニング側は、奥さんの要望でモルテックス仕上げとした
容量たっぷりの背面収納を備えた造作キッチン。カバの集成材や突き板を用い、すっきりシンプルに仕上げた。床はメンテナンスがしやすいクッションフロアを採用。リビング・ダイニング側は、奥さんの要望でモルテックス仕上げとした
実験用シンクを採用した洗面台も造作。左手奥には、忙しい奥さんのために、洗濯物をたっぷり干せる洗濯室も設けた。「家事効率のいい住まいを希望していましたが、提案された洗濯室はとても便利で重宝しています」と奥さん
実験用シンクを採用した洗面台も造作。左手奥には、忙しい奥さんのために、洗濯物をたっぷり干せる洗濯室も設けた。「家事効率のいい住まいを希望していましたが、提案された洗濯室はとても便利で重宝しています」と奥さん

今後、清水さんはその豊富な経験と知識を生かして近年、宅地の入手が困難といわれている帯広エリアでリノベーションにも積極的に取り組んでいく予定です。「在来、2×4の中古住宅をより快適に、使いやすく、美しい住まいによみがえらせます。楽しみにしていてください」と、清水さんは力強く語ってくれました。

株式会社プラスワイド
https://plus-wide.com