「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2019」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、宮城県仙台市で注文住宅の設計を手がける株式会社松本純一郎設計事務所の松本純一郎さんです。


宮城県仙台市・Sさん宅/夫婦30代、子ども1人
設計/(株)松本純一郎設計事務所 松本 純一郎 小原 麻未 
施工/(株)センケンホーム

住宅は、大切な日常生活を
豊かにする生活の器である

住宅の設計は、クライアントの生活を豊かにするものです。そのためには生活のすべてを包み込むと同時に、周辺環境への配慮、さらには省エネや環境について配慮することが求められます。我々の事務所では、これらの住宅に関わるさまざまな要素の一つ一つについてクライアントと十分に協議し、住まい手であるクライアントが十分に納得できるまで徹底的に検討し、日々の生活を豊かにする、質の高い空間を提案します。

外観は程良いスケールの街路樹や、地区計画によって整備された周辺住宅の生垣と相まって美しい景観に貢献(写真提供/松本純一郎設計事務所)

美しいフォルムの外観と
自然素材を多用した一体的な内部空間

街路樹の緑が豊かな古い住宅地に建つ、30代の3人家族のための住宅です。敷地は、冬に街路樹の葉が落ちると仙台市街が見える高台にあり、東側の前面道路はバス道路で車や人通りが比較的多く、敷地は歩道を介して約1m高くなっています。

ガレージの大きな屋根は家族や訪問者を大らかに迎え入れる
シンプルなフォルムの外観。ガレージの大きな屋根は家族や訪問者を大らかに迎え入れる(撮影/菅野 哲也)

ガレージは機能的でなおかつデザイン的にも大きな要素となっている(撮影/菅野 哲也)

クライアントの要望は、エントランスなどのパブリック空間からファミリースペース、廊下、階段などのセミパブリックな空間、そして寝室や子ども室などのプライベート空間に至るまで、一つ屋根の下にいるような一体的な居住空間の実現。そして、余計な装飾のないシンプルな家にしたいということでした。それに対して我々は、敷地の高低差を積極的に取り込んだスキップフロアによる一体的な空間構成と、一つの空間にやさしく屋根をかけるようなイメージの美しいフォルムの家を提案しました。

プランは、エントランスから約1m上がったメインフロアのキッチンから、子どもの遊び場ともなる和室と、吹き抜けを介した2階のファミリースペースを東西に一直線にした計画に。東側の道路は明るく緑が豊かな反面、視線や車の騒音が気になるため、屋根を設けたテラスとバルコニーの半外部空間を居間との間に配し、緩衝材のような効果を狙っています。

ダイニングから吹き抜け空間のリビング、和室、ワークスペースを望む(撮影/菅野 哲也)

中2階から2階に至る階段。幅を広く設計したため、子どもが本を読んだり遊んだりする場所にもできる(撮影/菅野 哲也)

スキップフロアの利点を生かして1・2階の間に床下収納を設けたことが、一体的な空間の実現に繋がった(撮影/菅野 哲也)

また2階の子ども室は家族の成長変化に合わせた使い方ができるよう、ファミリースペースとバルコニーも含め、一体的に利用できるように工夫し、素材には極力自然素材を取り入れました。この新しい住まいで、仲良く健やかにご家族の時間を過ごしていっていただければと願っています。

2階寝室。内壁仕上げはほぼ全てに、エッグウォールという自然素材を用いた(撮影/菅野 哲也)

2階の寝室側から、ファミリースペースとそこに続く眺望の良い屋根付きバルコニーを望む(撮影/菅野 哲也)

ファミリースペースから見た一体的空間。「一つ屋根の下の空間」をイメージした(撮影/菅野 哲也)

■建築DATA
構造規模/木造・2階建て
延床面積/167.83㎡(約50坪)(ガレージ含む)

株式会社松本純一郎設計事務所
デザイン住宅実例集

〜スリーコートハウス〜

「光」がテーマのこの住宅は、シャープな外観が現代的な美しさを演出する(撮影/菅野 哲也)
間接的に照明の光を届けることで、温かみのある印象を与える(撮影/菅野 哲也)
計算されたスリット状の窓からは、光の広がりを感じることができる(撮影/菅野 哲也)

〜スキップフロアの家〜

複数の箱を組み合わせたような外観。特に駐車場の張り出しが印象的。ディテールにこだわり、シンプルながら複雑な空間構成を外部にも表現している(撮影/菅野 哲也)
複数の箱を組み合わせたような外観。特に駐車場の張り出しが印象的。ディテールにこだわり、シンプルながら複雑な空間構成を外部にも表現している(撮影/菅野 哲也)

敷地の床レベル差を、変化に富んだ内部空間として生かしている(撮影/菅野 哲也)

〜八幡の家〜

交差する2つの片流れ屋根の広がりが美しい、夫婦2人の住まい
交差する2つの片流れ屋根の広がりが美しい、夫婦2人の住まい(撮影/菅野 哲也)

〜旭ヶ丘の家〜

大きなスリットと曲線が特徴的な独立分離型二世帯住宅(撮影/菅野 哲也)

〜M cube〜

閑静な住宅地内に建つ当社の事務所「M cube」。コンクリート打ち放しのキュービックなデザインが特徴的なこの建物は、事務所と集合住宅の複合建築