Magnifico建築スタジオ / 伊達市・橋本さんご夫妻、子ども2人


8割は施主がやりたいこと、残りの2割にプロのアドバイスを。Magnifico建築スタジオの家づくりに決まりはありません。ナチュラルも、無機質も、古民家再生も。手がける住宅のテイストをひとくくりにできないのは、「施主のつくりたい家をつくってあげたい」という信念を貫いているからです。

木やコンクリートブロック、アイアンといった異素材を組み合わせてデザインされた広いキッチンには、大きなカウンターテーブルを造作。階段は、ご夫妻の寝室へとつながる
木やコンクリートブロック、アイアンといった異素材を組み合わせてデザインされた広いキッチン。階段は、ご夫妻の寝室へと続く

そんなコンセプトで家づくりを手がける同社の代表・橋本 剛さんが自邸として選んだのは、築120年の古民家再生です。2年前、設計を担った福島市の古民家再生が「第35回福島県建築文化賞特別部門賞」を受賞。蕎麦店としてよみがえった築130年の古民家は風土に調和し、地域の空き家利活用の可能性を広げると評価されました。

かつて養蚕農家だった築120年の古民家は、住まい手が増築や改修を施しながら大切に暮らしてきたことが伝わってきて、状態は良好だったという
かつて養蚕農家だった築120年の古民家は、住まい手が増築や改修を施しながら大切に暮らしてきたことが伝わってきて、状態は良好だったという
「大きな銅板屋根の外観を一目で気に入った」と橋本さん。リノベーション後も外観はかつての面影を今に伝える
「大きな銅板屋根の外観を一目で気に入った」と橋本さん。リノベーション後も外観はかつての面影を今に伝える
蚕を温めるための囲炉裏で燻された建具は120年の時を経て深い飴色に。ペンダントライトは古民家に合わせて裸電球を取り付けた
蚕を温めるための囲炉裏で燻された建具は120年の時を経て深い飴色に。ペンダントライトは古民家に合わせて裸電球を取り付けた

第2子が誕生し、広い家で子育てをしたいと考えていた橋本さんご夫妻。この古家付き土地が売りに出されていることを知り、見学に訪れました。「大きな銅板屋根の外観を一目で気に入りました。古民家は、使いこなせれば地域の財産になります。これほどの古民家を取り壊してしまうのはもったいないと思いました」と橋本さんは当時の思いを語ります。

改修前の古民家の様子
改修前の古民家の様子
改修前の古民家の様子

600坪の敷地に建つ、かつて養蚕農家だった古民家は増築や改修を施しながら大切に暮らしてきたことが伝わってくる良い状態でした。「築130年の古民家再生を見ていたので、古くてもきれいになることは分かっていました。これまで賃貸のアパートや一戸建てに住んできましたが音を気にしたり、視線を気にしたり、人との距離感をストレスに感じていました。ここは隣家との距離が適度にあり、でも付き合いもある。自分たちの空間にも暮らしにもゆとりが持てると思いました」と奥さんは振り返ります。

リノベーションにあたって心がけたのは、古民家の風合いを残すこと。銅板屋根、構造体、外壁はそのまま利用することを決定し、改修工事をスタート。床下の基礎断熱にスタイロフォームを施し、リビングとキッチンダイニングに床暖房を設置しました。窓は既存の窓を残し、外側に新しい窓を取り付けて二重窓に改修しています。

玄関に入るとゆったりとした土間が広がる。元々は、障子のサイズほどしか天井高のない和室だった。薪ストーブから放出される暖かい空気がキッチンやリビングへと流れる
玄関に入るとゆったりとした土間が広がる。元々は、障子のサイズほどしか天井高のない和室だった。薪ストーブから放出される暖かい空気がキッチンやリビングへと流れる
キッチン作業台は既存の状態と同じく窓に向けて設置。中央には造作のカウンターがあって、明るく気持ちのいい家族の団らんの場所になった
キッチン作業台は既存の状態と同じく窓に向けて設置。中央には造作したカウンターがあり、明るく気持ちの良い家族の団らんの場所になった
キッチンから玄関土間を望む。果樹農家が多いというご近所さんが立ち寄ると、薪ストーブで暖を取りながらコーヒータイムを過ごすそう
キッチンから玄関土間を望む。果樹農家が多いというご近所さんが立ち寄ると、薪ストーブで暖を取りながらコーヒータイムを過ごすそう

「収納を造り付けることができないので1室を収納部屋にしましたが、暮らしてみるとやっぱり部屋ごとに収納があった方が便利だなと気づきました。そういったことも今後手を加えながら改善していきたいですね」。古民家のリノベーションは、一部現在進行形のところも。ゆくゆくは3階に子ども室を設けるなど、住みながら直していく予定だといいます。

古材や古い建具を生かしてデザインされたリビング空間。部屋を仕切っていた板戸を壁につくり直した。古材の色とコントラストを成す白色の漆喰壁はすべて左官職人による手仕事
和室二間をつなげ、古材や古い建具を生かしてデザインされたリビング空間。光と風をとり込む北面の障子戸や2階子ども室に上がる階段はそのまま利用した。古材の色とコントラストを成す白色の漆喰壁は、すべて左官職人による手仕事
リビングの窓際を畳スペースに。全面窓からたっぷりと光を採り込み、ごろんと横になっても気持ちが良い
リビングの窓際を畳スペースに。全面窓からたっぷりと光をとり込み、ごろんと横になっても気持ち良い
2階に配した子ども室。天井板が開くようになっており、ゆくゆくは3階に子ども室を設ける予定
2階に配した子ども室。天井板が開くようになっており、ゆくゆくは3階に子ども室を設けることも考えているとか
子ども室からはリビングが見下ろせる。庭も広いが、家の中もお子さんとワンちゃんが十分走り回れる広さ。リビングのフローリングは、畳をはがして現れた床板と同じ色を選んだという
子ども室からはリビングが見下ろせる。庭も広いが、家の中もお子さんとワンちゃんが十分走りまわれる広さ。リビングのフローリングは、畳をはがして現れた床板と同じ色を選んだという

側面に墨文字で取り付け位置が記されている障子戸も。このようなふとしたところに、連綿と続いてきた暮らしの気配が感じられるのも、古民家再生の魅力
側面に墨文字で取り付け位置が記されている障子戸も。このようなふとしたところに、連綿と続いてきた暮らしの気配が感じられるのも、古民家再生の魅力
テレビ台は、優れた機能性と高い意匠性で人気の左官塗材「モールテックス」で仕上げた。古い素材と新しい素材の組み合わせが、新鮮さを感じさせる
テレビ台は、優れた機能性と高い意匠性で人気の左官塗材「モールテックス」で仕上げた。古い素材と新しい素材の組み合わせが、新鮮さを感じさせる

「新築は家族のライフスタイルに家を合わせる。古民家の場合は、住みやすく手は入れるけれど、私たちがこの家の暮らしに合わせていく感じです。不便もありますが、それも含めてどう直すか、どう暮らしていくかを楽しんでいきたいです」。