札幌市南区の住宅街に建つシンプルな3層の建物。ここは、エープラス建築設計の建築家・名古屋英紀さんが夫婦で暮らす自邸でもあります。

自邸の新築にあたり、3階建ての建物を自分たちの年代や時期によって自由に変化させて使っていきたいと考えていた名古屋さん。フランス留学の経験もあり、フランスのアンティークやブロカントが好きだという奥さんと一緒に2018年6月「Particulier(パティキュリエ)」をオープンさせました。

「Particulier」とは、フランス語で「唯一の、個人的な」という意味。その名の通り、店を切り盛りする奥さんの好きなもので構成された店内は、古くから生活の中で使われているものながら、なかなか日本の日常では出会うことのない物たちで充たされています。

当初は雑貨の販売のみでスタートすることも考えていましたが、「せっかく来てくれるお客さんにもうすこし楽しんでもらえれば」という思いもあり、フランスのフレーバーティーやイギリスのハーブティーやコーヒー、焼き菓子なども楽しめるカフェとしても営業しています。

室内壁にケイ素カルシウム板、床にコンクリート素地など、ラフな工業系素材を多用した店内空間はシックな雰囲気。現しの構造材を使った商品棚など、つくりこみ過ぎず素材感を際立たせた空間に、アンティークの食器や小物がしっくりと馴染んでいます。

店舗の周辺は古くからの住宅街ということもあり、近所の住人が散歩がてらに寄ってくれることも多いそう。「家にお客さんが来ても『家でお茶を飲むより、このお店に来てお茶とお菓子を飲むほうがいいでしょ?』なんて言って来てくれる人もいるので嬉しいですよね」と名古屋さん。こだわりを持ってサービスを提供することで感性を同じくする人が集ってくれれば、という想いと同時に、地域に開いた場所をつくることで地域に良い変化をもたらしたい、という建築家ならではの考えもあるそうです。

Idea.1 選びぬかれた家具

店内に置かれているテーブルは海外のオークションサイトで探したユーズドのもの。何度もトライしてようやく手に入れたものだそう。オランダの公共施設で使われていたというヴィンテージの椅子が、誂えたようにテーブルとマッチしています。

Idea.2 空間をシックにまとめるモールテックス仕上げ

最近は住宅でも採用されることが多くなったモールテックスで仕上げたキッチンカウンター。実際にこのお店のキッチンカウンターを見て、同じようなキッチンにしたいと名古屋さんに相談が来ることもあるそう。ワゴンタイプの木製商品台もモールテックスで仕上げることで、空間に統一感が生まれています。

Idea.3 繊細かつ実用的なフランスの古道具

フランス各地で買い付けられたシルバーカトラリーや食器、小物が並びます。お茶を飲みながら美しい道具たちを眺められる贅沢。じっくりと選んでお気に入りを見つけ、自宅の空間や食卓を彩る楽しみがあります。

  おすすめMENU  
 

フランスのフレーバーティーやイギリスのハーブティー

フランスのフレーバーティーやイギリスのハーブティーが10種類以上揃う。香りを確かめながら選ぶのも楽しみのひとつです。

レモンドリズルケーキ

焼き上がったケーキにレモン果汁でつくったシロップをたっぷりかけたイギリス発祥のお菓子。

 

 

Particulier(パティキュリエ)

URL:https://particulier-sapporo.com
Instagram:https://www.instagram.com/particulier_shop_cafe/