「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、岩手県盛岡市を拠点に注文住宅を手がけるオオツカヨウ建築設計の大塚陽さんです。

「場」と「想い」をつなげる

住宅の建つ場所、また周辺環境の持つ記憶や風土、光や風や匂いなど、人の身体に呼応するものを丁寧に拾い上げ、それに施主のイメージや想い、具体的な暮らしの要望を重ね合わせた住宅にしたいと考えています。住む人が機能的で快適な暮らしができるようにと意識し、時間が経過しても古びることのない住宅。また静かな佇まいで、周辺地域に溶け込んだ住宅になるようなデザインを心がけています。

敷地形状を生かし、快適に住まう

「K-Residence」の敷地は盛岡市内の閑静な住宅街にあり、周辺の整然とした敷地区分に対して、土地形状の一部が斜めになっている入隅の角地です。四方がほぼ2階建ての住宅に囲われているため、プライバシーや採光・通風等を考慮し、2階に主な居室を設けました。また計画では、敷地なりに平面を曲げることによって変化のある外観を生み出すとともに、室内での視線の抜けも奥行き感が増して、より広がりを感じられます。

敷地は比較的広いものの接道部分が少ないため、ガレージ内に玄関アプローチを設けた
敷地なりに平面を曲げることで変化のある外観に。敷地は接道部分が少ないため、ガレージ内に玄関アプローチを設けた
玄関ホールからの視線は、階段を境に緩やかに折れる
トイレ・洗面などは玄関から直接見えないが、玄関倉庫から動線上機能的に繋がっている
トイレ・洗面などは玄関から直接見えないが、玄関倉庫から動線上機能的につながっている
階段踊り場の一角には、椅子やアートを置き、暮らしに彩りを
階段踊り場の一角には、椅子やアートを置き、暮らしに彩りを
階段を上がると、もてなしのダイニング。奥にはプライベートのダイニング・キッチンがある
階段を上がると、もてなしのダイニング。奥にはプライベートのダイニング・キッチンがある

ガレージの上部は、デッキ材を敷き詰めた広いガーデンテラスとなっています。奥行が2.7mある深い庇や壁に囲われたこの場所は、2階のリビングや和室に面しており、部屋の一部として利用できます。また、ここには外用の家具や暖炉を設け、家族が食事を楽しんだり子どもが遊んだりと、屋外での楽しみを満喫できるような場所となるよう計画しました。

ガレージの上に設けたガーデンテラスは2.7mほどの深い庇があり、室内の延長として使いやすいよう設計。
ガレージの上に設けたガーデンテラスは2.7mほどの深い庇があり、室内の延長として使いやすいよう設計
約1.6m高の壁で囲み、外からの視線を気にせずにくつろげる
約1.6m高の壁で囲っているため、外からの視線を気にせずにくつろげる

この住宅では、使う素材、家具やキッチン、照明に至るまで、クライアントやインテリアコーディネーターと一緒に吟味しました。選んだ素材を生かし、快適な温熱環境を提供するために、経験豊かな施工者と協議を重ねながら、躯体性能が高く質感の良い住宅が完成しました。これから時を重ねていくのが楽しみな住まいです。

ゆったりとした広さの2階LDK。大きな窓がガーデンテラスと内部を一体につなぐ
ゆったりとした広さの2階LDK。大きな窓がガーデンテラスと内部を一体につなぐ
キッチンは開口部を絞り、落ち着きのある空間に
キッチンは開口部を絞り、落ち着きのある空間に
2階奥にある和室は、壁の一部にベンガラのような塗装を施し、趣にアクセントを加えた
2階奥にある和室は、壁の一部にベンガラのような塗装を施し、趣にアクセントを加えた

■建築DATA
岩手県盛岡市・Kさん宅 
家族構成/夫婦40代、子ども2人
構造規模/木造・2階建て 
延床面積/234.30㎡(約70坪)

設計/オオツカヨウ建築設計 大塚 陽 
施工/(有)もるくす建築社
インテリアコーディネート/クラブエイトスタジオ盛岡

撮影/奥山 淳志

\2021/6/16発売!「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」/

東北で活躍する建築家や建築会社によるデザイン性の高い住宅実例集のほか、東北6県で活躍する建築家6組に、大きく変化しつつある「今とこれからの住まい」についてインタビューした巻頭特集や、古いれんが倉庫をリノベーションして生まれ変わった「弘前れんが倉庫美術館」の取材ルポなど、住宅や建築を多面的に捉えたコンテンツで、家づくりの参考になる住宅のデザインを提案。住宅実例も多数掲載!

東北の書店にて発売中!
〈インターネット購入〉Replan webサイト AmazonFujisanマガジン
※インターネット購入・方法についての詳細はこちらからご確認ください

————————————————

★YouTubeで座談会を視聴できます!★
今回は特別企画として、巻頭特集でインタビューした建築家たちによるオンライン座談会を開催。特集で語ったことや建築家として考えていることなど、普段聞けない話が盛りだくさんです!ぜひ併せてご視聴ください。