「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、宮城県仙台市を拠点に注文住宅を手がける(株)建築工房DADAの吉田和人さんです。

ちゃんと考え、きちんとつくる

建築工房DADAでは、当たり前のように思われる「ちゃんと考え、きちんとつくる」をキャッチフレーズに、デザイン・機能・コストのバランスを考慮し環境にも配慮した、お客様が楽しくて幸せになる住宅をつくっていくことを心がけています。そのため、DADAの家には決まったスタイルがありません。なぜなら、理想の家は家族ごとに違うからです。

常識やカタチにとらわれず、家族の個性や感性を取り入れた暮らしを自由に発想していき、一つひとつの家族に合った家づくりをすることが大切であると私たちは考えています。固定観念にとらわれる必要はありません。楽しく幸せに暮らせる家づくりをしましょう。

木板貼りを照らす照明
夕景外観。木板貼りを照らす照明が映える

それぞれの用途を持つ2つの中庭

分譲された住宅街にある敷地に対して、中庭のある平屋の住宅がお施主様のご要望でした。ここに住むのは、これから家庭を築いていくご夫妻。仕事や家事、子育てなど、これから起こるであろう未来についてお話を聞きながらこの住宅を設計していきました。そうして出てきたのが、それぞれに用途を持つ2つの中庭でした。

表の中庭に面したリビング。壁を一部左官仕上げにしている
表の中庭に面したリビング。壁を一部左官仕上げにしている
照明計画で、夜は昼間とはまた異なる趣に
照明計画で、夜は昼間とはまた異なる趣に

1つ目はプライバシーを確保した中庭がほしいとの要望から設けた「表の中庭」です。建物の中心に位置して室内に採光と通風をもたらし、外部空間としてLDKと一体利用ができます。中庭の周りをぐるりと回遊でき、それぞれの個室の雰囲気もさりげなくわかるようになっています。各部屋の仕上げもお客様と一緒に考え検討したものを採用しました。

キッチンは対面に。背面収納の上にスリット状のハイサイドライトを設けた
「表の中庭」に面するように配したLDK。キッチンは対面とし、背面収納の上にスリット状のハイサイドライトを設けた
LDKは、木とグレートーンでコーディネート
LDKは、木とグレートーンでコーディネート
将来個室にもできるフレキシブルな空間
将来個室にもできるフレキシブルな空間。なんとなくLDKの気配も感じられる

2つ目は、洗濯物を干したい、勝手口がほしいとのご要望から生まれた「裏の中庭」。物干しテラスや勝手口へつながる裏動線の一部として使い勝手のいい外部空間を設けました。裏の中庭と水まわり、ウォークインクローゼットは隣接させて家事動線を短くし、一連の流れに沿ってスムーズに作業が完結できるように配置しています。

2つの中庭にそれぞれの役目を与えたことで、動線もわかりやすく機能的で快適な住宅になりました。

裏の中庭に面して、物干しを兼ねた洗面脱衣室
裏の中庭に面して、物干しを兼ねた洗面脱衣室
裏の中庭も照明で雰囲気を演出
裏の中庭も照明で雰囲気を演出
左官仕上げの玄関
左官仕上げの玄関
黒い外壁に木板張りと大きな庇が特徴的な外観
黒い外壁に木板張りと大きな庇が特徴的な外観

■建築DATA
宮城県仙台市・Kさん宅 
家族構成/夫婦30代
構造規模/木造・平屋建て 
延床面積/105.16㎡(約31坪)

設計/(株)建築工房DADA 吉田 和人
施工/ハンズホーム(株)

撮影/フォトスタジオ・モノリス

\2021/6/16発売!「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」/

東北で活躍する建築家や建築会社によるデザイン性の高い住宅実例集のほか、東北6県で活躍する建築家6組に、大きく変化しつつある「今とこれからの住まい」についてインタビューした巻頭特集や、古いれんが倉庫をリノベーションして生まれ変わった「弘前れんが倉庫美術館」の取材ルポなど、住宅や建築を多面的に捉えたコンテンツで、家づくりの参考になる住宅のデザインを提案。住宅実例も多数掲載!

東北の書店にて発売中!
〈インターネット購入〉Replan webサイト AmazonFujisanマガジン
※インターネット購入・方法についての詳細はこちらからご確認ください

————————————————

★YouTubeで座談会を視聴できます!★
今回は特別企画として、巻頭特集でインタビューした建築家たちによるオンライン座談会を開催。特集で語ったことや建築家として考えていることなど、普段聞けない話が盛りだくさんです!ぜひ併せてご視聴ください。