「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、宮城県仙台市を拠点に注文住宅を手がける(株)松本純一郎設計事務所の松本純一郎さんです。

住む人の心と暮らしを豊かに

人の生活に最も近い「住宅」という空間は建築の原点であり、社会的にも建築家としても最も重要な仕事であると考えています。住宅を設計する上で大切にしているのは、美しく快適で、日常を楽しめる空間であること。その実現のために私たちは、敷地の特徴や周辺環境、ライフスタイルといったさまざまな要素を考慮し、家族の想いを具現化することを心がけています。

自然の光や風を要所に取り入れて五感に響き、家族が心地よい一体感を得られる空間づくりと、省エネ性や地球環境への配慮を両立させる。そのような設計を通して、住む人の暮らしを豊かにデザインし、心の高揚や癒やしをもたらす住宅をご提案いたします。

壁や柱を極力なくして実現した大空間のLDK。南方向へ大きく開かれた窓からは、庭の緑を楽しめる
壁や柱を極力なくして実現した大空間のLDK。南方向へ大きく開かれた窓からは、庭の緑を楽しめる

美しい見晴らしと家族の時間を楽しむ

市街地にほど近い高台に、2軒分の敷地を確保して建てた家です。道路と高低差があって、もともとは道路からすぐに高い擁壁がそびえていたため、掘削して駐車スペースを設けるなど土地の造成から携わりました。建物は既存の段差を利用した設計で、中2階を含む4層の3階建てです。  

素材を組み合わせたツートーンの外観が目を引く。地中熱採熱のためのボーリングも行っており、土地を含めての大がかりな設計となった
素材を組み合わせたツートーンの外観が目を引く。地中熱採熱のためのボーリングも行っており、土地を含めての大がかりな設計となった
吹き抜けの玄関ホールは、たっぷりとした広さで、お子さんの遊び場としても重宝している
吹き抜けの玄関ホールは、たっぷりとした広さで、お子さんの遊び場としても重宝している

設計のコンセプトは主に3つあります。1つは、景勝に恵まれた土地を活かし、各階から眺望を享受できるつくりとすること。1階はリビングの大開口、2階はバルコニー、3階は屋上と、それぞれの場所から趣豊かな杜の都の風景を望めるようにしました。

2つ目は、家族の時間を楽しむ空間構成です。家族の憩いの場となるLDKは約36帖の広さ。お子さんたちが思い切り走り回ったり、ご親戚やお友だちを呼んでホームパーティーをしたりするなど、中2階の玄関ホールと併せて多目的に使えるスペースを意識しました。

3つ目は、自然エネルギーを積極的に活用すること。地中熱と太陽光発電を取り入れ、光熱費ゼロのスマートハウスを目指しました。このような多面的なアプローチで、私たちが掲げる「住む人の心と暮らしを豊かにする家」をカタチにできたと感じています。

対面キッチンで家族の会話も弾む。「2人とも仕事が忙しいので、家が心と体を休める癒やしの場所になっています」とご夫妻
対面キッチンで家族の会話も弾む。「2人とも仕事が忙しいので、家が心と体を休める癒やしの場所になっています」とご夫妻
廊下とスキップフロアでつながるリビングでは、音楽を奏でたり、薪ストーブでピザを焼いたりなどして家族の時間を楽しんでいる
廊下とスキップフロアでつながるリビングでは、音楽を奏でたり、薪ストーブでピザを焼いたりなどして家族の時間を楽しんでいる
洗面台はツインボウルで、並んで身支度ができる。左の扉は脱衣室、バスルームへと続く
洗面台はツインボウルで、並んで身支度ができる。左の扉は脱衣室、バスルームへと続く
こもり感とつながりのバランスが心地いい2階の書斎。Oさんはリモートワークで利用している
こもり感とつながりのバランスが心地いい2階の書斎。Oさんはリモートワークで利用している
3階に設けた屋上スペース。高台の立地を活かし、外からの視線を気にせずにBBQや花火を堪能できる
3階に設けた屋上スペース。高台の立地を活かし、外からの視線を気にせずにBBQや花火を堪能できる
夜になると、玄関から外壁に沿って伸びる軒下の通路を照明が明るく照らす
夜になると、玄関から外壁に沿って伸びる軒下の通路を照明が明るく照らす
夕景外観。
昼間とはまた異なる趣きの夕景外観。温かな家の光が、帰宅する家族を優しく迎える

■建築DATA
宮城県仙台市・Oさん宅 
家族構成/夫婦30代、子ども2人
構造規模/鉄骨+木造・3階建て
延床面積/220㎡(約66坪)

設計/(株)松本純一郎設計事務所 松本 純一郎
施工/(有)アトリエ海

▼新刊発売情報▼

\2021/6/16発売!「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2021」/

東北で活躍する建築家や建築会社によるデザイン性の高い住宅実例集のほか、東北6県で活躍する建築家6組に、大きく変化しつつある「今とこれからの住まい」についてインタビューした巻頭特集や、古いれんが倉庫をリノベーションして生まれ変わった「弘前れんが倉庫美術館」の取材ルポなど、住宅や建築を多面的に捉えたコンテンツで、家づくりの参考になる住宅のデザインを提案。住宅実例も多数掲載!

東北の書店にて発売中!
〈インターネット購入〉Replan webサイト AmazonFujisanマガジン
※インターネット購入・方法についての詳細はこちらからご確認ください

————————————————

★YouTubeで座談会を視聴できます!★
今回は特別企画として、巻頭特集でインタビューした建築家たちによるオンライン座談会を開催。特集で語ったことや建築家として考えていることなど、普段聞けない話が盛りだくさんです!ぜひ併せてご視聴ください。