「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2022」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしています。今回は、青森県を拠点に注文住宅を手がける(株)ホリウチ アーキテクツの堀内将人さんです。


施主の化身として思考する

施主との打ち合わせは雑談から始まります。趣味の話や好きな音楽の話など、いろいろな会話を思いつくまま断片的に話し込みます。ペットのこと、家族のこと、料理のこと、車のこと、仕事のこと、予算のこと、幼少期の思い出までも。

施主の内面を深く理解してから設計を始める、言い替えれば「施主の化身である私が建築を思考すること」が住宅のデザインであると考えています。もし、施主本人が建築家なら、自身で自邸を設計しているはず。

住宅デザインは「いかに施主になりえるか」です。

植栽を施したエントランスの夕景。ここにも車1台分の駐車スペースを確保
植栽を施したエントランスの夕景。ここにも車1台分の駐車スペースを確保

市街地でペットと豊かに住まう

「こんにちはー」。設計打ち合わせで施主の旧宅へうかがうと、ゴールデンレトリバー3匹の激しい歓迎が待っています。手狭なリビングで走り喜ぶペットの姿を見るや、なるほど新たな住まいはペットとの豊かな空間をつくるのが使命なのだと早々に理解しました。

打ち放しのコンクリート壁が印象的な玄関ホールを、間接照明がやわらかく照らす
玄関を入ってすぐにリビングが現れる空間構成
玄関を入ってすぐにリビングが現れる空間構成

リビングと大開口でつながるコートテラス
リビング・ダイニングの裏手に水まわりや個室、ペットのスペースなどを集約
連なる大開口で一体感のあるダイニングとリビングは、腰壁で緩やかに分割

この住まいは青森県八戸市の中心部、内丸地区にあります。中心商店街に近く、周囲には高層マンションやアパートが建つ、便利で人通りの多い地域です。

ゆえに建築にはセキュリティーや周辺からの視線に配慮するなど外界から暮らしを守る装置が求められ、さらに日射取得やペットとのプライベートな屋外空間などといった豊かな暮らしを演出する装置も必要で、その手段としてコンクリート構造壁で生活空間を囲い込むコートハウスを提案しています。

隣地から見た外観。視線をコンクリート壁で遮り、プライバシーを確保した
隣地から見た外観。視線をコンクリート壁で遮り、プライバシーを確保した
道路側の外観。縦に長く延びる北側には3階建てのアパートが建っている。ガレージのほか、植栽を施したエントランスにも車1台分の駐車スペースを確保
道路側の外観。縦に長く延びる北側には3階建てのアパートが建っている。ガレージのほか、植栽を施したエントランスにも車1台分の駐車スペースを確保

室内はシンプルな動線としています。ガレージと東側屋外空間を一本の動線で結び、その左右にリビング、コートテラス、ダイニングなど居住空間を配しました。玄関や寝室、バックヤードは交差する動線で配され、明快でシンプルなシークエンスとしています。

住宅の完成後、住まいの感想を聞きにおうかがいしたところ、3匹の愛犬がさらに激しい歓迎で答えてくれました。

■建築DATA
青森県八戸市・Kさん宅
家族構成/夫婦60代
構造規模/混構造・2階建て
延床面積/239㎡(約72坪)

設計/(株)ホリウチ アーキテクツ 堀内 将人
施工/(株)堀内工務店

撮影/堀内 将人


\2022/4/18発売!「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2022」/

東北で活躍する建築家や建築会社によるデザイン性の高い住宅実例集のほか、2021年に宮城県石巻市で竣工したマルホンまきあーとテラス(設計/藤本壮介建築設計事務所)を取材した巻頭特集やインテリアアイテムに関するエッセイなど、住宅や建築を多面的に捉えたコンテンツで、家づくりの参考になる住宅のデザインを提案。

普段なかなか目にすることのないこだわりの注文住宅を多数掲載しています。ぜひ家づくりの参考にご覧ください!

東北の書店にて発売中!
〈インターネット購入〉Replan webサイト Amazon /Fujisanマガジン
※インターネット購入・方法についての詳細はこちらからご確認ください