「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2022」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしています。今回は、岩手県を拠点に注文住宅を手がける(有)清水畑建設の清水畑 貴彦さんです。


気持ちのいい空間を素直につくる

いつも気持ちのいい家をつくりたいと考えて取り組んでいます。気持ちのいい家をつくるためにはデザイン、素材、断熱・気密性能、機能性など、いろいろな要素を考慮しなければいけません。そこで「素直に気持ちがいい」と感じられることが大事だと考え、できるだけシンプルにプランすることを心がけています。

地産地消の家づくりも、シンプルな考え方のひとつだと思います。幸いにも、岩手県には豊富な樹種の木材がありますので、これらを利用して気持ちのいい家を実現したいと思います。特殊な解を求めるのではなく、より単純な解があるのではないかと、丁寧にシンプルなプランを求めていきたいと考えています。

構造材から仕上げ材まで岩手県産木材。テーブルは大工の手による造作
構造材から仕上げ材まで岩手県産木材。テーブルは大工の手による造作

岩手県産木材でつくる気持ちのいい家

盛岡市の北部の郊外に、清水畑建設のコンセプトハウス兼自宅として計画した住まいです。気持ちのいい家を岩手県産のものでつくるというテーマを掲げながら、断熱・気密性能も高い家を目指しました。

奥が観岳ヶ原の家、手前がハタノバ(社屋)。アプローチには地元産の石を並べた
奥が観岳ヶ原の家、手前がハタノバ(社屋)。アプローチには地元産の石を並べた
庭を挟んで並行に建つ住居と社屋の外観。この建物は、2021年盛岡市都市景観賞を受賞した
庭を挟んで並行に建つ住居と社屋の外観。この建物は、2021年盛岡市都市景観賞を受賞した

家はL字型ですが、事務所棟と合わせるとコの字型で、庭を囲むように配置しています。コの字はメイン通りではなく、路地に面しているため、交通量の多い県道からプライバシーを守りつつ、地域に対して適度に開いています。

LDKは一体空間。テレビ台、キッチンカウンターなどの家具も造作で設えた
LDKは一体空間。テレビ台、キッチンカウンターなどの家具も造作で設えた 撮影/平井 正史
キッチン、家族玄関、物置がストレートの動線でつながる
キッチン、家族玄関、物置がストレートの動線でつながる 撮影/平井 正史

この家はほぼ岩手県産木材でつくりました。構造材にはスギ、カラマツ、アカマツ、クリなど。仕上げ材には、ナラ、オニグルミ、クリ、サクラなど。いろいろな樹種の木材を利用できるのが、岩手県産木材のいいところです。好みの色合いの木を探したり、樹種による適材適所を考えるのは、実に楽しいものです。ちなみに、木製ランプシェードは西和賀のwaranoueさん、ダイニングチェアには石鳥谷のハナレギさんの作品を使っています。これらも岩手県産木材を利用しています。

薪ストーブスペースは一段下がったおこもり空間
薪ストーブスペースは一段下がったおこもり空間 撮影/平井 正史
リビングの一角に設えた机は何かと便利
リビングの一角に設えた机は何かと便利 撮影/平井 正史

気持ちのいい家にするためには、断熱・気密性能は欠かせません。特に熱の出入りが多い開口部の性能は室内環境に大きく影響するので、今回は断熱性能の高い木製サッシを多く使用しました。大きく開くスライドドアや一回転する回転窓は、性能だけでなく使い勝手も気持ちがいいものです。

2階ホールは、子どもたち共用の学習スペースでもある
2階ホールは、子どもたち共用の学習スペースでもある
寝室の一角を小さなリビングに
寝室の一角を小さなリビングに 撮影/平井 正史
子ども部屋はたたみ3畳+板間1.5帖のコンパクトサイズ
子ども部屋はたたみ3畳+板間1.5帖のコンパクトサイズ

この家が建つ地域は、古くはお狩場であり、近代においては陸軍の演習場で観岳ヶ原と呼ばれるところでした。現在、周囲にある農研センターや岩手牧場も、もとは馬の品種改良や育成をしていたところでした。その中には、明治・大正期に建てられた木造の大小さまざまな建物が点在していました。それらの古い建物の多くは板張りで、板は長い年月の中で渋い黒色になっていました。そんな古い木造の建物が、雄大な岩手山を背景に点在する景色が、私の幼少期の原風景です。原風景へのオマージュからスギ板張りの家としました。

■建築DATA
岩手県盛岡市・清水畑さん宅
家族構成/夫婦40代、子ども3人
構造規模/木造・2階建て
延床面積/196.25㎡(約59坪)

設計/(有)清水畑建設 清水畑 貴彦
施工/(有)清水畑建設

写真提供/(有)清水畑建設


\2022/4/18発売!「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2022」/

東北で活躍する建築家や建築会社によるデザイン性の高い住宅実例集のほか、2021年に宮城県石巻市で竣工したマルホンまきあーとテラス(設計/藤本壮介建築設計事務所)を取材した巻頭特集やインテリアアイテムに関するエッセイなど、住宅や建築を多面的に捉えたコンテンツで、家づくりの参考になる住宅のデザインを提案。

普段なかなか目にすることのないこだわりの注文住宅を多数掲載しています。ぜひ家づくりの参考にご覧ください!

東北の書店にて発売中!
〈インターネット購入〉Replan webサイト Amazon /Fujisanマガジン
※インターネット購入・方法についての詳細はこちらからご確認ください