Oさんのご両親が所有する築100年ほど経つ小さな平屋は、もともと賃貸住宅として建てられたもの。空室になり取り壊しを考えたものの、柱や梁の傷みが少なかったことから「柱と梁を活かしたい」と佐善工務店に相談を申し込んだといいます。ご夫妻はそれまで仙台市に住んでいましたが、立地がOさんの職場のすぐ近くだったこともあり、フルリノベーションして転居することを決めました。

家の前にあるサクラの木は、小さい頃からいつも見てきた思い出の木のため、あえて残すことに
家の前にあるサクラの木は、小さい頃からいつも見てきた思い出の木のため、あえて残すことに
再利用する柱と梁を残し、曳家を行った
再利用する柱と梁を残し、曳家を行った

施工中の様子。再利用した古材の梁が味わい深い雰囲気を醸し出す
施工中の様子。再利用した古材の梁が味わい深い雰囲気を醸し出す
瓦屋根だった昔ながらの和風住宅が現代の暮らしに合った洋風住宅に変貌。庭の一本桜は家のシンボルツリー
瓦屋根だった昔ながらの和風住宅が現代の暮らしに合った洋風住宅に変貌。庭の一本桜は家のシンボルツリー
東面に設けた大開口から明るい光を採り込む玄関。反対側には壁一面のシューズクロークを造りつけ、靴だけでなくコート類もかけられるようにしている。ビル風が吹く立地環境を考慮し、玄関ドアは開け閉めのしやすい引き戸を採用
東面に設けた大開口から明るい光を採り込む玄関。反対側には壁一面のシューズクロークを造りつけ、靴だけでなくコート類もかけられるようにしている。ビル風が吹く立地環境を考慮し、玄関ドアは開け閉めのしやすい引き戸を採用

洗面脱衣室前の廊下はルーバーで外からの視線を遮ってプライバシーを確保。廊下の先は屋根付きの物干しデッキ
洗面脱衣室前の廊下はルーバーで外からの視線を遮ってプライバシーを確保。廊下の先は屋根付きの物干しデッキ
木目×グレーの組み合わせがおしゃれな洗面台。高窓から光を採り込んでいる
木目×グレーの組み合わせがおしゃれな洗面台。高窓から光を採り込んでいる

ご夫妻が希望したのは、「二人暮らしにちょうどいいワンルームの家」。そこで建築家・洞口苗子さんは三間続きの和室と縁側をすべてつなぐワンフロアの間取りを提案。自社職人を持つ佐善工務店の施工力により、古材の趣を活かしつつ高い住宅性能を備えた住まいへ生まれ変わりました。

高断熱・高気密化で住宅性能を高めた住まいはエアコン1台で一年中快適に過ごせる。「夏も冬もとても住みやすいです」とOさん
高断熱・高気密化で住宅性能を高めた住まいはエアコン1台で一年中快適に過ごせる。「夏も冬もとても住みやすいです」とOさん
経年変化で飴色を帯びた梁はあえて塗装を行わず、自然な風合いを残した。天井は宮城県産スギ材の羽目板を使用
経年変化で飴色を帯びた梁はあえて塗装を行わず、自然な風合いを残した。天井は宮城県産スギ材の羽目板を使用
キッチンは、料理好きなOさんの希望でガスコンロを採用。造作した背面収納+パントリー+持ち込んだ食器棚で収納力抜群
キッチンは、料理好きなOさんの希望でガスコンロを採用。造作した背面収納+パントリー+持ち込んだ食器棚で収納力抜群

玄関から進むと、勾配天井に現しの梁が印象的なリビング・ダイニングが広がります。その周りに使い勝手の良い回遊式のオープンキッチン、扉を設けず段差でゾーニングした寝室を配置。寝室からトイレ・浴室への動線を直線で結び、暮らしやすさを実現しています。

寝室の壁の上部を開けることで視線が抜け、LDKは実際の広さ以上に開放感を感じるように工夫されている。落ち着いたトーンの内装とご夫妻の結婚祝いに贈られたという家具も調和している
寝室の壁の上部を開けることで視線が抜け、LDKは実際の広さ以上に開放感を感じるように工夫されている。落ち着いたトーンの内装とご夫妻の結婚祝いに贈られたという家具も調和している
扉を設けず段差でゾーニングした寝室は、中央にクローゼットを設置し、夫婦それぞれのプライベート空間を確保している。クローゼットが目隠しになっているのでリビング側から室内の様子は見えない
扉を設けず段差でゾーニングした寝室は、中央にクローゼットを設置し、夫婦それぞれのプライベート空間を確保している。クローゼットが目隠しになっているのでリビング側から室内の様子は見えない
中央のクローゼットで仕切られた寝室は、それぞれにカウンターテーブルを設えた
中央のクローゼットで仕切られた寝室は、それぞれにカウンターテーブルを設えた

「住み心地が抜群にいいですね。平屋なので全部が手の内にあり、動線に無駄がありません。夫も職場が近くなり、楽になったと思います」と奥さん。広いドッグランでは愛犬が走り回り、家の中では愛猫が梁をキャットウォークに。ご夫妻もペットたちものびのびと過ごしています。

宮城県産ヒノキやスギ材、ホタテ漆喰などの自然素材を使用し、健康と環境に配慮した家づくりを行っています。大切にしているのは家族のライフスタイルに合わせた住まいを提供すること。リノベーションではすべてを替えるのではなく、その建物の良いところを残したいと考えています。Oさん宅は古民家再生に長けたL・P・D architect officeに設計を依頼し、施工を当社が行いました。

基礎がない建物でしたので曳家を行い、ベタ基礎を新設して耐震性を確保。高断熱化・高気密化も行いました。家の主役でもある梁は自然の風合いを生かすために塗装をせず、床は掃除のしやすい木目調の塩ビタイル、玄関とリビング・ダイニングの壁は調湿効果のあるホタテ漆喰で仕上げています。家の中からサクラの木とドッグランを眺められるようにしており、春が楽しみな住まいです。