先日はリビング・ダイニングや水まわり、土間での階段下スペースの使われ方をご紹介しましたが、他にも階段下の使い方はさまざまです。今回は、ちょっとユニークな事例も含め、そのバリエーションを見ていきましょう。

ワークスペース(書斎)

使い方としてよくあるのが、ワークスペース(書斎)にするアイデア。階段下をそのまままるっと使う例もあれば、使いやすいようにスペースを工夫した例も。「どんな形状の階段なのかによって、階段下の生かし方が異なる」というのがよくわかります。

片持ち階段の下にカウンター設けて書斎スペースにした例。階段下とは思えないほどゆったりとした広さ
片持ち階段の下にカウンターを設けてワークスペースにした例。階段下とは思えないほどゆったりとした広さ
階段の仕様によっては、本屋カレンダーなど書斎まわりに必要なものを置く収納棚をつくり付けることもできる
階段の仕様によっては、書籍やカレンダーなど、書斎まわりに必要なものを置く収納棚を造り付けることもできる
床レベルを下げてかね折れ階段の下にワークスペースを設けた。基礎断熱の家だからこそ実現した工夫
床レベルを下げてかね折れ階段の下にワークスペースを設けた。基礎断熱の家だからこそ実現した工夫
こちらは階段下に掘りごたつ式につくったワークスペース
直階段の下に掘りごたつ式につくったワークスペース。壁に囲まれてこもれる感じが心地よい

キッズスペース

空間がコンパクトな階段下。お子さんが幼いうちはキッズスペースとして使うのも一つの手かもしれません。秘密基地のような小さなプライベート空間は、子どもたちのお気に入りの場所になるでしょう。

コンパクトな螺旋階段の下に設けたキッズスペース
コンパクトな螺旋階段の下に設けたキッズスペースには、小さなテーブルと壁面に造り付け書棚。ここで読書するのが、お子さんのお気に入り
階段下につくられた、まさに秘密基地のようなキッズスペース。
階段下につくられた、まさに秘密基地のようなキッズスペース。床もフローリングで丁寧に仕上げてある。ゆくゆくは押し入れのように使うことも

階段下を、お子さんのおもちゃ置き場にするというアイデアもあります。下の写真のお宅では、階段下をおもちゃ置き場にするとともに、壁面をお施主さんご夫妻が自ら黒板塗料を塗って仕上げていて、お子さんたちはチョークで落書きを楽しんでいます。こんな使い方もアリですね。

階段下はお子さんたちのおもちゃ置き場。階段下の壁は、お施主さん夫婦が黒板塗料を塗って仕上げた
階段下はお子さんたちのおもちゃ置き場。階段下の壁は、お施主さん夫婦が黒板塗料を塗って仕上げた

犬小屋

稀にあるのが、階段下を愛犬用のスペースにする、という例。ケージの置き場所にしているお宅もあれば、下の写真のように遊び心のある犬小屋風な空間にするお宅も。動物は囲まれていると安心するといいますし、犬だけでなくペットのための空間として工夫してみるのもよさそうです。

階段下に、犬小屋風にデザインした空間を設けた
階段下に、犬小屋風にデザインした空間を設けた。インテリアとしても可愛い
愛犬もお気に入り。夜はこの中に入ってぐっすり休んでいるそう
愛犬もお気に入り。夜はこの中に入ってぐっすり休んでいるそう

「階段が家のどこにプランされるか」「どんな形状、スタイルの階段にするか」によって、階段下スペースの生かし方はさまざまです。おおよそのプランが決まったら、その場所でどんなふうに階段下が使えそうか設計士さんに相談し、使い方を検討してみては?思いがけないアイデアで、家づくりの楽しみが広がるかもしれません。

(文/Replan編集部)