年に一度、薪ストーブ愛好家や導入を検討している人たちが集うお祭りがあります。それは「薪ストーブ日和祭」。札幌市に本店がある北海道リンクアップが主催するイベントで、今年で9回目を迎えました。そこで今回は、薪ストーブ好きにはたまらない企画満載のその様子を、一部ご紹介しましょう。

「薪ストーブ日和祭」会場のさっぽろばんけいスキー場

「薪ストーブ日和祭」の会場は、ばんけいの森(さっぽろばんけいスキー場ロッヂ横)。今年の開催日は、8月31日(土)と9月1日(日)の週末の2日間でした。両日とも10時から16時までということで、初日の朝9時40分くらいに現地に着き、駐車場に車を止めてロッジ横の会場方向へ歩いていくと、受付前にはすでに長蛇の列が…。

会場前からすでに、受付前には長蛇の列

少し早めに開場となり、受付を済ませた来場客の多くがまず向かったのが、焚き付け用の皮付き白樺材の袋詰め放題コーナー!油分を含んでよく燃える白樺の皮は、焚き付けに最適。薪ストーブ生活に必須のそれが格安で大きな袋に詰め放題とあって、皆さん一目散に端材の山に集まります。毎回大人気で、午前中には売り切れてしまうようです。

薪ストーブに欠かせない焚き付けが袋に詰め放題

皆さん、こんな感じにぎゅうぎゅうに詰め込んでお持ち帰り。作業用手袋が必須

さて、会場内はというとけっこう広くて、薪ストーブに関わるさまざまなブースが出展しています。薪ストーブ本体を展示したブースでは、スタッフが使い方について説明してくれるので、これから導入を考えている人も参考になりますね。

薪ストーブ生活に欠かせないアクセサリ類が特価で買えるのも魅力。薪ストーブ専門店が主催するイベントだけあって、斧や室内用の薪ラック、灰バケツなどさまざまなものを手にとって見ることができます。また中古の薪ストーブの展示販売ブースもあります。実際の状態を見て検討できるので、安心です。

薪ストーブ展示ブースでは、スタッフが機器の特徴や使い方について教えてくれる
薪ストーブのアクセサリを特価で販売
中には、焚き火つながりのこんな珍しい商品も
焚き火台とBBQ台を兼ねていて、庭に置いておける商品。天板の隙間から空気が入ってよく燃えるのだそう
足場を組んで煙突を立て、中古の薪ストーブを展示販売。掘り出し物があるかも?

体験型のコーナーや企画が充実しているのも、このイベントが人気を博している大きな理由です。まず見つけたのは、今話題のテントサウナ。総重量20〜30kgほどのテントサウナは、オートキャンプなど野外でサウナを楽しむ道具です。

スタッフに誘われて中に入ってみましたが、思った以上に熱い!!テント内は3人くらいで入るのにちょうどよい広さ。薪ストーブの上には石が敷き詰められていて、水をかければロウリュも楽しめます。

最近話題のテントサウナ。屋根から煙突が突き出ている
テントの中には専用の薪ストーブ。ロウリュも楽しめる

このほか無料でできる薪割り体験や、ソーセージやマシュマロなどを焼いて親子で楽しめる焚き火コーナー、好みのトッピングをしたピザを薪窯で焼いて食べる体験ができるコーナーなど、薪や火に親しむ企画が充実していて、薪ストーブを持っていなくても十分に楽しめます。時間があっという間に過ぎてしまいそう。

薪割り体験コーナーでは、初心者にも基礎からレクチャーしてくれる
ソーセージやマシュマロを焼きながら親子で焚き火に親しめる
ファイヤーサイドの社長のポールさんが同社オリジナルのピザ窯で自らピザづくりを実演
焼いたピザの試食は早いもの勝ち!次々手が伸びる
自分の好みにトッピングしたピザを本格的な薪窯で焼いて食せるコーナーも(1日目のみ、先着200名限定)

そして午前中のハイライトは、餅まきならぬ、着火剤まき。集まった来場者たちが、広場に設置したやぐらの上からまかれる着火剤を、我先にと拾いまくります!ちなみにこの前には、お子さんたちのみを対象にした「お菓子まき」があって、来場しているお子さんたちが嬉しそうにお菓子を抱えて、親御さんの元へ駆け寄っていました。

薪ストーブ日和祭のハイライトともいうべき「着火剤&お菓子まき」。着火剤を手に入れるべく、会場全体が盛り上がる

近くにいた薪ストーブユーザーさんの戦利品(着火剤)。薪ストーブの暖かさがたまらなく良い!のだそう

ほかにも紹介しきれないほど、薪ストーブに関するいろんな企画が催される、薪ストーブユーザー垂涎の「薪ストーブ日和祭」。あいにく今年はもう終わってしまいましたが、第10回を迎える来年はぜひ情報をキャッチして、ご家族みんなで足を運んでみてはいかがでしょう?もちろん、これから薪ストーブの導入を考えていたり、キャンプが好きだったりする皆さんにもおススメですよ。