こんにちは。
ゴールデンウィークの休暇を利用して東京ステーションギャラリーにて開催されました「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」展に行ってきました。
制作部のYです。

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質

この展覧会では、隈研吾さんが30年にわたって設計してきた約80作品のプロジェクトが10種類の素材ごとに展示されており、物質としての建築を形や色、香りなど五感で体感してきました。

 

新作パビリオン「香柱(こうちゅう)」
新作パビリオン「香柱(こうちゅう)」

▲細く物質としての存在感を削り、香りの効果を最大化する仕組みへ挑戦した
 畳の香り渦巻く竹ひごのパビリオン。

 

10種類の素材をさらに5種類の操作に分類してみせた樹形図

▲10種類の素材をさらに5種類の操作に分類してみせた樹形図も圧巻です。

10種類の素材:竹、木、紙、土、石、金属、ガラス、瓦、樹脂、膜・繊維
5種類の操作:積む、粒子化、包む、編む、支え合う

 

建築とは、結局のところ物質である。物質と人間との会話である。
世界という得体のしれない大きさなるものが、
物質という具体的存在を通じて、人間と会話するのである。
物質が違うと、会話の仕方も変わり、こちらの気分も大いに変わってくる。
20世紀は、コンクリートのせいで、会話は固くなり、人間の表情もずいぶん暗くなった。
もう一度、様々な物質と、いきいきとした会話をはじめよう。

─── 隈 研吾
WEB・パンフレットより引用


素材ひとつひとつに目を向け、
深く探究しつづける隈さんのプロフェッショナルな業は、
「建築と会話し、向き合う」
その大切さを感じさせてくれる良いきっかけになりました。

私も建築に触れる機会が多い環境にありますので、
物資との会話を実践して行きたいと思います。

制作部 Y