先日の記事「祖母や兄弟姉妹も一緒に暮らす。二世帯住宅の間取り集」では、複数の世代が同居する立体的な暮らしの3事例を紹介しましたが、今回見ていくのは、二世帯住宅の代表格ともいえる上下分離型の住まいです。

親世帯と子世帯の住空間を上下で分けるこのつくりは、同居型と比べて各世帯のプライベートが保ちやすいのが魅力です。また平面を広く取ることができて、間取りの自由度が高いのもメリット。土地が狭くてもゆとりのある空間設計が可能です。

今回は、上下分離型の中でも「玄関」「水まわり」「LDK」は2つの世帯で共有しつつ、プライベート空間を上下で分けた二世帯住宅の3実例をご紹介。メリットをどう生かしたのか、そしてデメリットをどう克服したのか。ご家族の暮らしに合わせた住まいの工夫にご注目ください。

※掲載方法の都合上、図面の縮尺は一定ではありませんので、ご了承ください。

共有スペースは広めで開放的。
プライベートスペースはかぶらないように配置

■家族構成/夫婦40代、子ども1人、父

3人家族の子世帯とお父さんの4人で暮らすFさん宅。広くゆったりとした玄関ホールには、正面にリビングへ続くドア、左側はシューズクロークからキッチンへ。そして右側にはお父さんの居室の入り口と、3方向に動線が広がります。共有スペースとなるキッチンやリビングは広めに計画。吹き抜けのあるリビングは家族みんなが集まっても開放的です。

お父さんのスペースはトイレ・浴室など水まわりを近くに配置。また、LDKの上にのみ、子世帯の個室などの生活スペースがあるので、お父さんの寝室と和室には2階の生活音が響かないようになっています。それぞれの世帯の暮らしやすさや日常の快適さに配慮したプランニングが印象的な住まいです。

スイス漆喰の白と洋瓦の明るい色調で、南欧のような雰囲気のFさん宅。左側が共有+子世帯のスペースで、右側の独立した部分がお父さんのスペース
スイス漆喰の白と洋瓦の明るい色調で、南欧のような雰囲気のFさん宅。左側が共有+子世帯のスペースで、右側の独立した部分がお父さんのスペース
広々とした玄関ホール。右の小さな入り口は和室に続く。縁側感覚でお父さんがお友達と話したりすることも
広々とした玄関ホール。右の小さな入り口は和室に続く。縁側感覚でお父さんがお友達と話したりすることも
お父さんの寝室と奥の和室。LDKとは離れているので静かで落ち着く
お父さんの寝室と奥の和室。LDKとは離れているので静かで落ち着く

共用のダイニング・キッチンからリビングを見る。間仕切りや階段下のテレビスペースのアールやダイニング横の4色のニッチなど、遊び心が感じられる空間
共用のダイニング・キッチンからリビングを見る。間仕切りや階段下のテレビスペースのアールやダイニング横の4色のニッチなど、遊び心が感じられる空間
2階からLDKを見おろす。吹き抜けによる開放的なつくりのおかげでどこにいても家族の気配が感じられる。リビングの一角には、薪ストーブを設置した
2階からLDKを見おろす。吹き抜けによる開放的なつくりのおかげでどこにいても家族の気配が感じられる。リビングの一角には、薪ストーブを設置した
カウンターテーブルを設けた2階ホール。ほかにソファも置いて、セカンドリビング的に使っている
カウンターテーブルを設けた2階ホール。ほかにソファも置いて、セカンドリビング的に使っている

■設計・施工/無添加あいの家(有)あい建築事務所
<Replan福島 vol.4 掲載>

広い中庭を囲む居住空間の配置で、
程よい距離感とプライバシーを確保

■家族構成/夫婦30代、子ども2人、両親

Oさん宅はご夫妻と2人のお子さん、ご両親が同居する6人家族の住まい。二世帯住宅の建築にあたり、仕事で忙しいご家族には、早朝・深夜もお互いが気兼ねしないよう「親世帯と子世帯の距離感」に配慮する必要がありました。

そこで1階は中庭を囲むような間取りとし、両親の寝室はリビング・ダイニングおよび共用の水まわりと対角の位置に配置。2階の子世帯とも距離を確保することで、お互いの生活音はまったく聞こえないといいます。リビングと同じぐらいの広々とした中庭は、1階と2階にたっぷりと光と風を採り込み、物理的な距離感を縮めて家族の一体感を高めてくれます。2つの世帯をつなぐ中庭の眺めもお気に入りで、忙しい毎日に癒しと潤いを与えてくれているようです。

共有の玄関から室内に入ると中庭の緑が真正面で出迎える
共有の玄関から室内に入ると中庭の緑が真正面で出迎える
親世帯のリビングと和室(奥)。視線が遠くまで広がるオープンな空間構成で、窓配置の工夫と中庭からの光で十分明るく開放的
親世帯のリビングと和室(奥)。視線が遠くまで広がるオープンな空間構成で、窓配置の工夫と中庭からの光で十分明るく開放的

機能性も収納力も十分な1階キッチンは家族全員が使う団らんの要。奥には子どもたちの学習コーナーも
機能性も収納力も十分な1階キッチンは家族全員が使う団らんの要。奥には子どもたちの学習コーナーも
家族数に合わせて洗面台は2ボウルに。水まわりは親世帯のリビングとは対角にい位置している
家族数に合わせて洗面台は2ボウルに。水まわりは親世帯のリビングとは対角にい位置している

トップライトのある2階の子世帯リビンには、ミニキッチンも設置している
トップライトのある2階の子世帯リビンには、ミニキッチンも設置している
安全な子どもの遊び場としても大活躍の中庭デッキ。2階南面にもワイドバルコニーを設置
安全な子どもの遊び場としても大活躍の中庭デッキ。2階南面にもワイドバルコニーを設置
人目の多いバス通り沿いの立地のため、表側は開口部を最小限に
人目の多いバス通り沿いの立地のため、表側は開口部を最小限に

■設計・施工/(株)建舎団居 STUDIO MADOI
<Replan東北 vol.66 掲載>

使い勝手を重視した農家住宅。
多くの空間を共有しながらも独立性を確保

■家族構成/夫婦40代、子ども2人、父

米農家の後継者であるTさん。町内で別居していましたが、実家の老朽化が進み、お父さんと一緒に暮らせる二世帯の家づくりを決めました。お父さんもまだまだ現役で元気に農作業をしており、訪ねてくる友人も多いことから、二世帯といっても「親の面倒を見る」のではなく「空間をシェアする」という感覚で新居は設計されました。

まず、子世帯の個室などはすべて2階に集約、子世帯とお父さん共用のLDKが1階にあります。そして、同じ1階に農作業姿でもそのまま入れる裏玄関や、水まわりの近くにお父さんの居住空間が配置されています。お父さんのスペースにも、ミニキッチンを備えたコンパクトなリビングがあり、いい距離感を保てる二世帯住宅となっています。

総板張りの外壁もが風景に溶け込むような外観。左側が家族用玄関で、右側が裏玄関
総板張りの外壁もが風景に溶け込むような外観。左側が家族用玄関で、右側が裏玄関
間口が広くゆったりとした空間の玄関。引き戸を開ければ明るいリビングに続く
間口が広くゆったりとした空間の玄関。引き戸を開ければ明るいリビングに続く
作業や着替え、洗濯もできるよう広く取った裏玄関の土間が便利
作業や着替え、洗濯もできるよう広く取った裏玄関の土間が便利

天井、壁、床に自然素材を使ったLDKは、家族みんなが集う空間。吹き抜けや外の風景を取り込む大きな窓のおかげで開放的
天井、壁、床に自然素材を使ったLDKは、家族みんなが集う空間。吹き抜けや外の風景を取り込む大きな窓のおかげで開放的
お父さんの居住部分にはリビングやミニキッチンもあり、気兼ねなく友達を招ける
お父さんの居住部分にはリビングやミニキッチンもあり、気兼ねなく友達を招ける
親子みんなで布団を敷いて寝ている2階の寝室。奥には広いウォークインクローゼットを設けた
親子みんなで布団を敷いて寝ている2階の寝室。奥には広いウォークインクローゼットを設けた
2階の一角には、事務関係の書類やパソコン作業など事務コーナーを確保
2階の一角には、事務関係の書類やパソコン作業など事務コーナーを確保

■設計・施工/(株)芦野組
<Replan北海道 vol.118 掲載>

現在発売中の最新号「Replan北海道vol.130」では、さまざまな「新しい二世帯住宅のカタチ」を紹介しています。ぜひ書店やコンビニ、リプランのWebサイトでご覧ください!

(文/Replan編集部)

・こちらも併せてご覧ください↓
・祖母や兄弟姉妹も一緒に暮らす。二世帯住宅の間取り集

Replan北海道 vol.130
2020年9月29日(火)発売

北海道内の主な書店やコンビニのほか、
Replanの販売ページamazonfujisan
オンラインでもご購入いただけます。

Replan東北 vol.70
2020年10月21日(水)発売
東北6県の主な書店やコンビニのほか、
Replanの販売ページamazonfujisan
オンラインでもご購入いただけます。