いごこちの科学 NEXT ハウス

さらなる省エネ・省CO2が住宅の重要なテーマとなる寒冷地。 本企画は、独自の視点から住宅性能研究の最前線を開いている、東京大学の気鋭の研究者・前真之准教授に、「いごこちの科学」をテーマに、住まいの快適性能について解き明かしていただきます。 シーズン1に続く第2弾として2015年からは、それまでの連載の発展形「いごこちの科学 NEXT ハウス」としてリニューアル。
「北海道・寒冷地の住宅実例から考える室内環境について」をテーマに、断熱、開口部、蓄熱など、さまざまな視点から 寒冷地における室内環境の改善ポイントを解説しています。東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻・准教授 前 真之 (まえ・まさゆき)

東京大学大学院工学系研究科
建築学専攻・准教授
前 真之 (まえ・まさゆき)

地球温暖化や化石エネルギーの枯渇が深刻になる中で、太陽に代表される再生可能エネルギーの活用が世界中で盛んです。今回は住宅で太陽をどう活用するかについて、一緒に考えてみることにしましょう。

日本の太陽活用は多種多様

日本は化石エネルギーに恵まれておらず、特に1970年代のオイルショックでひどい目にあった反省から太陽エネルギー活用が大いに進みました。「太陽熱給湯」は郊外を中心にかなり普及しましたし、「太陽熱暖房」も1987年に登場したOMソーラーが広く認知されています。さらに「太陽光発電(略称PV)」についても、世界に先駆けて普及させた実績を持っています。  

「元が取れる」太陽活用は?

太陽エネルギーの活用方法はたくさんありますが、導入コストがかかりすぎては元が取れるのか心配です。「コストパフォーマンスの高い」方式はなんでしょうか。図1をご覧ください。 誤解を恐れずにズバリ予測すればコスパがよいのは、1位:太陽光発電、2位:太陽熱給湯、3位:太陽熱暖房の順になりそうです。その主な理由は、「年間を通して役に立つか」「余ったら売り飛ばせるか」の2つです。

図1 多種多様な太陽熱エネルギー活用
図1 多種多様な太陽熱エネルギー活用
方式ごとに長所・短所がありますが、現状では太陽光発電の優位性が目立ちます。太陽熱利用では常にコストパフォーマンスを重視し、リーズナブルな提案でないと生き残れません。

次のページ 太陽熱暖房を入れるなら、まず暖房熱負荷の削減を