「良いデザインの家」とは、見た目も間取りも、省エネ・省コストにつながる住宅性能も、トータルに考えデザインされた家。Replanでは「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2022」の発刊に合わせて、そんな家づくりに取り組む東北の住まいのつくり手の声をお届けしていきます。今回は、青森県青森市を拠点に注文住宅を手がける森内建設(株)の黒滝 和さんです。

美しい暮らしの提案

施主の個々の要望を、敷地の形状や周辺環境に応じて合理的に組み合わせ、そこに、ゆとりや遊びといった言葉に表せない空間の心地よさを付加していく。今よりも少しだけ美しく暮らすことで、生活が豊かになる。こうした”気づき”をもたらす空間を提案し、施工まで一貫して行うことでそれを具現化しています。 

また、家づくりは街並みづくりでもあることを忘れず、雪と生きる街の歴史が紡いできた建築文化を受け継ぎ、雪がつくり出す風景にとけ込みながら、季節と共にある青森の暮らしを楽しめる家づくりを心がけています。

2階リビングの窓の周囲が壁面よりせり出し、カーポート入り口の庇の役割を果たしている。入り口上部の屋根には雪庇ガードを備えた
2階リビングの窓の周囲が壁面よりせり出し、カーポート入り口の庇の役割を果たしている。入り口上部の屋根には雪庇ガードを備えた

外部を取り込む工夫を随所に

庭の植栽や室内の観葉植物、借景も含めて、緑と共に暮らす家、それが施主夫妻の希望でした。いつも外部の緑を楽しみながら、プライバシーは守りたい。そのため、リビングとダイニングは2階に配置し、いずれにも大きな窓を設けています。

2階は仕切りのない広々とした空間ですが、リビングとダイニングの高低差で空間に変化を与え、また、ダイニングとキッチンの間は、ダイニング側がテレビ台、キッチン側が収納スペースとなる機能的な壁で程よく分離しました。

2方向の窓から庭の木々を望むダイニング。手前リビングの床を2段下げることで、天井高を確保したまま、上部にロフト空間を設けている
2方向の窓から庭の木々を望むダイニング。手前リビングの床を2段下げることで、天井高を確保したまま、上部にロフト空間を設けている
ダイニングからキッチン方向。壁のスリット窓はダイニングテーブルについた人の目の高さにあり、キッチンの窓の外まで視線が抜けていく
ダイニングからキッチン方向。壁のスリット窓はダイニングテーブルについた人の目の高さにあり、キッチンの窓の外まで視線が抜けていく
キッチン背面の収納を備えた壁が、ダイニングとの間を仕切る
キッチン背面の収納を備えた壁が、ダイニングとの間を仕切る

リビングも、ロフトに続く階段によって緩やかに2つに分けられ、階段の裏側には、リビングの一部ながら団らんの場とは異なる用途に使える半独立空間を創出しています。

リビングは、ロフトに続く階段により2つの空間に緩やかに分離
リビングは、ロフトに続く階段により2つの空間に緩やかに分離
ロフトからも西側の借景が楽しめる
ロフトからも西側の借景が楽しめる

1階には洋室、寝室と水まわりを配置。洗面所、トイレ、浴室が開放的に連続する心地よさがありながら、同時に使ってもそれぞれの快適性が保たれるよう視線の抜けを調整しています。浴室はハーフユニットで、浴槽に浸かった視線の高さに横長窓を設けました。ここからも、塀で守られた植栽スペースの木々を眺めることができます。

ハイサイドライトから空と木々を望む1階寝室
ハイサイドライトから空と木々を望む1階寝室
ピクチャーウィンドウが南の庭を切り取る1階洋室。ドアから庭に出ることもできる
ピクチャーウィンドウが南の庭を切り取る1階洋室。ドアから庭に出ることもできる
洗面所とトイレの間のドアはポリカーボネート製で、仕切り壁上部はガラス。洗面台や便座の高さに合わせて視線の抜けと遮断を調整し、開放感と使い勝手の良さを両立している
洗面所とトイレの間のドアはポリカーボネート製で、仕切り壁上部はガラス。洗面台や便座の高さに合わせて視線の抜けと遮断を調整し、開放感と使い勝手の良さを両立している
玄関は内開き。天井までの靴箱があるので、内部はスッキリ。一見、靴箱の扉の連続に見えるが、一番右はクローゼットの入り口。クローゼットを通して寝室へとつながっている
玄関は内開き。天井までの靴箱があるので、内部はスッキリ。一見、靴箱の扉の連続に見えるが、一番右はクローゼットの入り口。クローゼットを通して寝室へとつながっている

■建築DATA
青森県青森市・Mさん宅 
家族構成/夫婦30代
構造規模/木造・2階建て
延床面積/139.12㎡(約42坪)

設計/森内忠良建築設計事務所 黒滝 和
施工/森内建設(株)

撮影/スタジオクルー 写真提供/森内建設(株)


\2022/4/18発売!「美しく暮らす 東北のデザイン住宅2022」/

東北で活躍する建築家や建築会社によるデザイン性の高い住宅実例集のほか、2021年に宮城県石巻市で竣工したマルホンまきあーとテラス(設計/藤本壮介建築設計事務所)を取材した巻頭特集やインテリアアイテムに関するエッセイなど、住宅や建築を多面的に捉えたコンテンツで、家づくりの参考になる住宅のデザインを提案。

普段なかなか目にすることのないこだわりの注文住宅を多数掲載しています。ぜひ家づくりの参考にご覧ください!

東北の書店にて発売中!
〈インターネット購入〉Replan webサイト Amazon /Fujisanマガジン
※インターネット購入・方法についての詳細はこちらからご確認ください