宮城県内を中心に注文住宅・リフォームを手がける髙橋建設は、北海道基準の断熱性を基本とする住宅性能の高さと自然素材を使用した家づくりに定評のある地元工務店です。プランニングではその場で間取りやイメージのラフスケッチを描きながらわかりやすく表現し、きめ細かに提案を行います。

洋瓦の屋根と外壁をブラックで統一したモダンな外観。リビングとユーティリティからバルコニーへ出られるようになっている
洋瓦の屋根と外壁をブラックで統一したモダンなNさん宅の外観。リビングとユーティリティからバルコニーへ出られるようになっている

三方が隣家に密接した旗竿地でスタートしたNさんご夫妻の家づくり。髙橋建設が真っ先に提案したのは、陽当たりとプライバシーを確保する2階リビングの家にすることでした。家族が集まる生活空間を2階に集約し、子どもたちの個室を1階に配置。勾配天井を活かした2階LDKには大きな掃き出し窓、高窓、天窓から光がたっぷり射し込み、ダークトーンでまとめた空間は落ち着きに満ちています。

階段とリビングの間にパーティションを設置。階段に取り付けたガス管の手すりの中には水道管が配されている
階段とリビングの間にパーティションを設置。階段に取り付けたガス管の手すりの中には水道管が配されている
ダークトーンの空間にビビッドカラーが映えるペレットストーブ。遮熱板は不要だがアクセントウォールとしてパネルを取り付けた
ダークトーンの空間にビビッドカラーが映えるペレットストーブ。遮熱板は不要だがアクセントウォールとしてパネルを取り付けた
暖かいペレットストーブの前でくつろぐ愛猫
暖かいペレットストーブの前でくつろぐ愛猫

断熱材は「サーマックス」を使用し、2階はペレットストーブ、1階は床下エアコンで一年を通して快適な住み心地を叶えています。実は、断熱材「サーマックス」は美里町の東北イノアックで製造されている地元産素材。国交省の不燃材料に認定されており、住宅密集地の二次災害を防ぐという点でも効果的だといいます。

間口の広い玄関ホールから2階リビングへ。照明は人感センサー式なので両手がふさがっていても安心だ
間口の広い玄関ホールから2階リビングへ。照明は人感センサー式なので両手がふさがっていても安心だ
トイレは1階、2階で内装を変えることで表情に変化をつけている。階段下を有効活用した収納(写真左手)もある
トイレは1階、2階で内装を変えることで表情に変化をつけている。階段下を有効活用した収納(写真左手)もある
2階トイレはダークトーンでまとめている。ご夫妻が大型家具店や通販で揃えたというインテリアをセンス良くレイアウト
2階トイレはダークトーンでまとめている。ご夫妻が大型家具店や通販で揃えたというインテリアをセンス良くレイアウト
1階に社会人、高校生の子ども用個室とトイレを設けた。床下エアコンが床下の空間を隅々まで暖め、家全体を暖める
1階に社会人、高校生の子ども用個室とトイレを設けた
床下エアコンが床下の空間を隅々まで暖め、家全体を暖める
床下エアコンが床下の空間を隅々まで暖め、家全体を暖める

現しの梁と丸柱は宮城の栗駒産スギを使用。床材は亜麻仁オイルを主成分とする「ロハスオイル」で仕上げ、壁は渋柿入りの塗り壁材「パーシモンウォール」を使用するなど、自然素材にもこだわりました。また、キッチンや階段の壁の一部に使用した「エコカラット」は壁にアクセントを添えると同時に調湿効果を高めています。

バルコニーからリビング・キッチンを望む。チャコールグレーに塗られた床と柱が長年使い込まれたような風合いを醸し出す
バルコニーからリビング・キッチンを望む。チャコールグレーに塗られた床と柱が長年使い込まれたような風合いを醸し出す
奥さんこだわりのキッチンは圧迫感が出ないように飾り棚でおしゃれに。窓の向こうは遮るものがなく、朝陽が部屋の奥まで射し込む
奥さんこだわりのキッチンは圧迫感が出ないように飾り棚でおしゃれに。窓の向こうは遮るものがなく、朝陽が部屋の奥まで射し込む

「少しでも手をかけることで大切なわが家にいっそう愛着が持てると思います」と髙橋建設では施主のDIYも歓迎しています。NさんがDIY好きとあって、壁や床の塗装は自分たちで行い、ダイニングテーブルとセンターテーブルは自作するなど、DIYを存分に活かしました。「家のどこか一部分にこだわるというよりも、家全体のバランスを大切にしました。安価な木材でも塗装で仕上げれば味わいが出ますね」とNさん。はじめに床の色をチャコールグレーに決めてから他の造作家具やインテリアを選び、空間コーディネートを完成させたといいます。

南と西の大きな窓から十分な光が射し込む。Nさんの溜まりがちな夏の熱気を外へ逃がしたいという希望で高窓と天窓を電動開閉式に
南と西の大きな窓から十分な光が射し込む。Nさんの溜まりがちな夏の熱気を外へ逃がしたいという希望で高窓と天窓を電動開閉式に

またご夫妻は、大切な愛猫2匹のためにキャットウォークとトイレスペースを設置。飾り棚のように見えるキャットウォークから桁と梁へ上がれるようになっており、自由に行き来しています。

リビングのアクセントウォールと壁面収納は造作によるもの。壁面のキャットウォークは桁と梁へ上がれるようになっている
リビングのアクセントウォールと壁面収納は造作によるもの。壁面のキャットウォークは桁と梁へ上がれるようになっている

土地条件から生まれた風と光をとり込む2階リビングの家は、自然素材で心地よく、人も愛猫ものびやかに暮らしています。

設計・施工:たけゆきの家(有)髙橋建設
大崎市鹿島台木間塚字西浦21
https://www.takeyuki-home.com